今後、お金の考えができないことが最大の悩みです

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、会社員として働く41歳の独身男性の方。順調に貯蓄を増やしていく中、今後、どういう考え方で資金づくりをすべきかがわからないとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
どういう考え方で資金づくりをしたらいい?

どういう考え方で資金づくりをしたらいい?


■相談者
北のバス運転手さん(仮名)
男性/会社員/41歳
北海道/賃貸住宅
 
■家族構成
一人暮らし
 
■相談内容
毎回連載を習慣のように読ませていただき第三者の目線からアドバイスいただきたいと思い相談させていただきました。独身で結婚歴無し、今後結婚の予定も無く生活しております。
 
前職で額面年収が300万円未満の生活を10年近く続けておりお金を使うことがほぼできなかった癖もあり、転職後3年が経ちましたが(額面年収約400万円)生活水準は変わっておりません。家計簿ソフトで毎月の収支は確認しております。
 
今後マンション購入など大きな買い物をする予定も無く、余ったお金を全て貯蓄に回しているという状況です。
 
過去に株・FXで損をしたことがあり投資という性質の物には全く手を出そうとは考えておらず、毎日バスの運転手をしております。仕事柄拘束時間が長く、お金を使う時間も場所も特にありません。抱えているローンは全くありません。遊びという遊びも特にしていないです。
 
あと少しでとりあえずの目標1000万円(夫婦で2000万円必要なら独身ならその半分)に届きそうですが、その後のお金の考え方ができないことが今の最大の悩みです。今のままの生活なら、資金的には老後も枯渇しないとも思うのですが、あくまで自分の考えに過ぎません。
 
アドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
 
■家計収支データ
相談者「北のバス運転手」さんの家計収支データ

相談者「北のバス運転手」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)生活費が抑えられている理由
日々の支出を日常的に抑えている自覚はあるが我慢や無理はしていない。スーパー(行くのが遅いので割引タイムになっている)で惣菜を買い、米は自宅で炊いている。また、新しい物を買うより、手元にある物を長く大事に使うことに喜びを感じる性分も、生活費が抑えられている要因だと考えている。どうしても必要な物は買うが、何となく欲しい物は基本買わない。また、前職が営業職だったこともあり、交友関係は広かったが、人付き合いに疲れたのか今はほとんど関係、付き合いはない。
 
(2)ボーナスの使いみち
旅行(年に1回)5万円、生活用品・衣類などの買物5万円、クルマの車検費用4万円(年割り)、残り貯蓄
 
(3)保険の保障内容について
団体定期保険(基本死亡保障100万円、災害死亡100万円、入院1000円)=保険料1000円 
 
(4)定年と退職金について
定年65歳、再雇用で70歳まで勤務可。70歳までは働きたいと考えている。
退職金600万~800万円。
 
(5)趣味、日々の楽しみ方
車で近距離にある日帰り温泉施設でゆっくりするのが休日の主な過ごし方。
そこで外食などをする。基本インドア派なので自宅でYouTubeなど見ていることが多い。結果あまりお金を使わない。また、今は仕事にやりがいや楽しみを感じている。
 
(6)ご実家と相続について
両親は健在。札幌市に戸建てを所有しているが、どちらかが他界したら売り払って小さなマンションを購入するか老人ホームに入るのが両親の希望。小さなマンションを購入した場合、勤務に影響がなければそこに住めと両親からは言われている。どちらにしても、弟がいるので、資産は折半になる。
 
(7)老後の生活について
理想は、健康であればクルマいじりが好きなので、田舎でガレージ付きの一戸建てを可能なら60歳頃に買いたい。その場合、どの程度の予算で購入可能かも教えてほしい。ちなみに自宅を購入すると家賃補助(月6000円)がカットされるとのこと。ただ、体力的にそれがきびしいなら、都市部(札幌など)に住みたいと考えている。
 
(8)結婚について
相談者コメント「まったくしたくない、と言えば嘘になります。ただお互いを尊重しあえる相手を見つけられる気がしませんので日々現実を送っている結果独りで過ごしている、そんな感じです」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 住宅購入を10年「前倒し」してみる
アドバイス2 物件価格1800万円を現金で購入
アドバイス3 貯蓄の一部はiDeCo利用で節税を
 
アドバイスの詳細はこちら>>