夫の不倫や浮気が発覚しても「サレ妻」が離婚しない4つの理由

サレ妻

夫の不倫や浮気が発覚した時、あなたならどういう選択をしますか? 他人事として考えると「別れたほうがいいのでは?」「新しい人とやり直すチャンスかも」などと思えるものの、いざ当事者の立場になってみると、なかなかスパッと決断することができないのも事実。

なぜ、夫に不倫や浮気をされても、「サレ妻」たちはすぐに離婚をしないのでしょうか? そこには4つの背景が考えられます。

 

「サレ妻」が離婚しない理由その1:「お金」の問題

離婚後の経済的な負担を考えると、「感情的には許せないけれど、生活していくためには仕方ない」と離婚をとどまる妻は少なくありません。家賃や生活費、子育てにかかる費用など、お金の問題は重要です。

離婚をする際、慰謝料や養育費をもらえる約束をしたとしても、その先までずっと安定的に別れた“元・家族”を支えていくための経済力のある相手は少数です。たとえ、妻が働いていても、結婚している時と同じくらいの収入をひとりで得るためには覚悟が必要でしょう。すると、「今ここで別れるよりも、これからの生活を守るためにもまだ別れずにいよう」という選択をすることになります。

 

「サレ妻」が離婚しない理由その2:「子ども」の問題

「生まれたばかりの息子から父親を奪う権利はない」として、浮気した夫を許したのは元衆議院議員でタレントの金子恵美さん。金子さんのように、浮気した夫に対し、腹立たしかったり悔しかったりする気持ちはあっても、子どものことを考えて離婚をしない決断をする妻も大勢います。

ただし、子どもが成長した後まで円満な関係が続くと思い込んでいる“浮気夫”がいるなら要注意。子どもが成長し、子どもが父親の存在に頼りきらなくてもよくなるのを待って、離婚を切り出す妻もいるからです。

 

「サレ妻」が離婚しない理由その3:「プライド」の問題

「ここで夫と別れたら、夫は浮気相手と結婚して幸せになるかもしれない。それだけは許せない!」と考えて、あえて離婚を“してあげない”妻もいます。夫が自分だけ幸せになることを許せない、という妻のプライドがあるからです。

「親や親戚に合わせる顔がない」「昔からの友人や近所のママ友たちに対して恥ずかしい」といった世間体を気にするプライドもあれば、「女として浮気相手に負けたのが屈辱的」「自分に魅力が不足していたのなら悲しい」などという女性としてのプライドなど、ひと口にプライドといっても、その内容はさまざまです。

 

「サレ妻」が離婚しない理由その4:「夫への愛情」の問題

たとえ不倫や浮気をされた場合でも、「結局、夫のことはまだ好きだから別れられない」と元サヤに収まる選択を希望する妻も少なくありません。不倫や浮気を知った時こそ「夫のことが許せない」と思っても、時間が経過していくうちに「もしかすると、夫はだまされただけで、本当に悪いのは相手の女性のほうなのでは?」と考え、脇の甘い夫を自分の愛の力で更生させようと思い直すケースもあります。

不倫や浮気は薬物やアルコールと似たところがあります。薬物やアルコールの中毒患者を更生できるのは“家族の愛”であるように、夫の不倫癖や浮気癖をやめさせるのも妻の愛情による部分が大きいのです。……そんなふうに夫への変わらぬ愛のもと、修復という決断をする妻もいます。

このように、「サレ妻」が離婚しない理由はさまざまですが、修復でも離婚でも、選択をしたその先にあるのはただひとつ。「幸せになる」というゴールしかありません。そのためにも、後悔しない決断をしたいものですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。