ある「気づき」が若者層の支持につながった

住友林業
昔ながらの日本の家屋というイメージが強い平屋住宅。その供給数は2階建てに比べ少なく、実際に住んだり、足を踏み入れたりした経験を持つ人はさほど多くないかもしれません。

「しかし、実はこのところ、20代後半から30代にかけての若いお客様から“平屋”の問い合わせが増えているんです」

というのは、住友林業住宅・建築事業本部 営業推進部の今関圭介さん。なぜなのでしょうか。(以下コメントはすべて今関さん)

「若いお客様の親御様世代が2階建てを購入されていて、ご自身も2階建ての家に育ったという方が多いんです。となると、自分で買う家も2階建てに……となりそうですが、その選択に直結しないのは、自分たちが独立した後、ご実家の2階建てがどうなったかを見たことが理由のようです。

つまり、自分たちが使った部屋が空いてしまい、放置されていたり、物置になってしまったりして、有効活用されておらず、もったいない! という事実に気が付いたのかもしれません。ならば、最初から平屋を選び、自分の子どもが独立した後も空間を有効に活用して、終の棲家にしよう、と考える方が増えたと感じています。また、住宅の長寿命化が進み、永住がしやすいことも背景にあると思います」
 

「階段がない」ことでもたらされるメリットは

では、平屋住宅の魅力を見ていきましょう。

全室が同じフロアにあることで、1階・2階と住人が分かれることなく暮らすことができます。その点では、親子で過ごす時間が長い乳幼児~小学校低学年のいる若いファミリーの方々に向いています。

お子さんが成長した家なら、リビングダイニングを中心にして、周囲に親の寝室、子ども部屋を配置しても良いでしょう。家族が互いの気配を感じつつ、程よい距離感を保つことができます。

一方で、子どもが独立し、夫婦2人暮らしになったシニア世代の方にも向いています。2LDKなど比較的コンパクトな間取りなら移動距離は短くなりますし、当然、階段の上り下りはありません。標準的にバリアフリーも導入されていますから、シニア世代はもちろん、乳幼児のいるご家庭も安心です」
住友林業

同じフロアなら常に家族の気配を感じながら暮らせる


また「階段がない」ことで「空間の節約」という大きなメリットがもたらされるそうです。

「通常、1階・2階各フロアの階段で約1坪ずつ、さらに階段にアプローチするための廊下などの空間でもそれぞれ約1坪ずつの空間が必要な場合もあります。しかし、平屋は階段がありませんので、計約2~4坪ほどの空間を、ほかの居室や水まわりなどに充当することができます」

さらに、天井を高くして、より開放感をアップできるのも特徴とのこと。

「当社の2階建ての標準的な天井高は2.4mですが、2階のない平屋は屋根の形状に沿って勾配をつけ、天井を高くすることができます。屋根の形状によりその高さは変わりますが、空間に変化が生まれ、より居室を広く感じることができると思います」
住友林業

温もりと開放感を醸し出す木目の勾配天井

 

多様なライフスタイルを叶える多様な間取りプラン

さて、ここからは、住友林業の平屋住宅「GRAND LIFE(グランドライフ)」ならではの特徴を紹介していきましょう。

まずは間取りのバリエーションの豊富さです。

「GRAND LIFEでは、住宅の形状を『I型』『L型』『コ型』『ロ型』に4分類し、それぞれで1LDK、2LDK、3LDK、4LDKの間取りを提案しています。ここではポピュラーな3LDKを例に、4つの型でどんな暮らしができそうかを説明します」
住友林業
【I型】
「I」の字を横にした形状。建物を東西に長く配置することで、南側に大きな窓をつくり、たっぷり光を採り入れることができます。家の中の明るさを重視する方にお薦めです。
住友林業

 

庭に面した開口部のほぼ全面に窓を設けた明るいリビングダイニング。そこから直接出入りできるフレキシブルな和室も特徴です。8畳の洋室は東側にも窓があり、気持ちよく目覚めることができそう。キッチンから勝手口を通じて、直接庭に出られるのもポイント。

【L型】
家の中から見ると東側と南側に庭があるように設計。それぞれの部屋が明るく、風通しも良好です。
住友林業

 

L字型に巡らせたテラスは縁側のように心地よい空間。ホールからウォークインクロゼットを経由して直接主寝室へ行ける動線も便利です。リビングダイニングもL字で、食事をするダイニング、寛ぐリビングと空間を分けて使うことができ、それぞれが庭に面しているため居室が明るくなります。ダイニングは東側に窓があり、朝日を浴びながら朝食をとることもできそう。

【コ型】
都市部など住宅密集地でも、外部に正対する居室部分を奥に配置することで、風通し・採光とプライバシー確保を両立できます。
住友林業

住友林業

庭を挟んで居室を設けることで、つかず離れずのほどよい距離感に。玄関からホールを経由して洗面室に直行できるので、帰宅直後に手洗い、うがいがしやすい動線に。中庭にシンボルツリーなどを植えれば、家のどこからでも緑を楽しめる住まいになります。

【ロ型】
リビングダイニングから他の部屋までの動線をできるだけ短くし、家族間のつながりを大切に考えたタイプです。
住友林業

 

リビングダイニングを中心にしてそれぞれの居室へ出入りでき、家族お互いの気配を自然に感じられるプランです。帰宅したお子さんが必ずリビングダイニングを通ることになり、親子のコミュニケーションが図れます。

「これらの間取りバリエーションはあくまでひとつの提案に過ぎません。注文住宅ですので、お施主様それぞれの生活スタイルに合わせて設計が可能です」

【さらに詳しく知りたい方は……】
その他の人気の間取りはこちら

 

独自構法で横幅最大7.1mの窓が連なる開口部も実現  

住友林業

ビッグフレーム構法で高い耐震性も担保される


さらに、住友林業独自の『ビッグフレーム構法』が大きなメリットをもたらします。

「これは、高層ビルに使われるラーメン構造を、木造住宅において日本で初めて梁勝ちラーメン構造で実現した、住友林業独自の構法です。幅最大560mmのビッグコラム(大断面集成柱)で建物を支えるため、柱や壁を最小限に抑えられる点が大きなメリット。例えば、横幅最大約7.1mの連続した開口部も設計でき、庭と室内が一体化する平屋住宅の魅力を最大化します」
住友林業

最大約7.1mの連続した開口部を設計できるのもビッグフレーム構法ならでは
 

さらに、平屋住宅の屋根は、2階建て、3階建てに比べると面積が広く、たくさんの太陽光発電パネルを乗せられるため、発電量が増えることが期待できます。

「住友林業のすべての家は高断熱仕様のため、冷暖房のエネルギー消費を抑制することができます。そこに太陽光発電システムの創エネ設備を組み合わせれば、より多くの光熱費が節約できます」
住友林業

平屋はより多くの太陽光パネルを乗せられる


住友林業の平屋住宅は、オーナー宅の見学会 や、住友林業の実例紹介「自家自讃」で確認できます。平屋住宅が気になっている方は、ぜひチェックしてください。

【オーナー自慢の「平屋」を見てみる】
開放的なLDKで木のぬくもり感じる平屋
家族の笑顔が増えていく太陽に映える平屋
我が家はキッチン中心!庭につながる憧れの住まい

【関連サイト】
カタログ2冊セットプレゼント(「GRAND LIFE」&「自家自讃 Vol.121平屋特集」)
GRAND LIFE(グランド ライフ)
GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。