汚れにくく臭わないトイレにすれば家事も楽になる!

家事の中でできれば避けたいと思われるのはトイレ掃除ではないでしょうか。敬遠されがちですが、残念ながら放置すればするほど汚れも臭いもひどくなってしまうのがトイレです。

今回はトイレ掃除をできるかぎり楽にするために気をつける点や、トイレ掃除の便利グッズをご紹介します。
 

汚さないトイレの使い方を習慣づける

まずは、トイレを汚さない使い方を意識することでトイレ掃除の回数をグッと減らすことができます。

一つの例として、大きいほうの用を足す前にトイレットペーパーを少し便器に落としておくことで便器に汚れが着くのを防ぐことができます。
 

マットや便座カバーの必要性を考える

当たり前のように、便座カバーや床のマットを使っている方もいるかもしれません。

マットを敷いておけば床が直接汚れるのは防ぐことができますが、その分マットが汚れていて、マットが臭いの原因になっていることも。臭わせないようにするとなると、頻繁にマットを洗濯する必要が出てきます。

マットや便座カバーは必要性を考えて利用するようにしましょう。
トイレ掃除 時短方法便座の掃除

便座カバーがなければ簡単に拭き掃除ができる

 

見えないホコリが臭いの元に

ぱっと見た感じでは汚れているようには見えないトイレの床や壁でも、他の部屋と同じようにホコリが溜まっています。その見えないホコリに飛び散った尿などが付着して、臭いの元になっていることもあるのです。そのため、トイレの床も毎日のように拭き掃除をするのが理想的。
ペーパーモップでトイレ掃除

他の部屋を掃除したペーパーモップで最後にトイレの床を掃除する

そうは言っても、なかなかそこまでトイレ掃除の時間をとれる人も多くないとは思いますので、代替案を考えてみましょう。

例えば他の部屋をペーパーモップで掃除したら、最後は必ずトイレを掃除するようにして、最後は捨てるという方法がおすすめです。

また掃除機をかけるのも効果的です。最近では100円ショップで掃除機のヘッドだけを購入することができますので、それをトイレに置いておき、他の部屋を掃除したあとにヘッドだけつけかえてトイレも掃除機をかけるということも、おすすめです。
 

100均で手に入る! トイレの臭いの元を掃除できる便利グッズ

便器や床など見た目は綺麗に掃除されているのに、それでも何か臭ってくるという場合は、見えない部分に汚れが溜まっていることが要因かもしれません。

見えづらい便器の縁の内側。これは鏡付きのトイレブラシを利用して、汚れを残さないようにしたい場所です。そういった場所を掃除するには、100円ショップのキャンドゥにある「トイレブラシ鏡付き」がおすすめです。
トイレ掃除便利グッズ キャンドゥ

キャンドゥのトイレブラシ鏡付き(100円・税別)

もう一つの掃除しづらい場所が、シャワーノズル。小さな穴や細かいパーツからなるのでなかなか完璧に綺麗にしづらい場所です。こちらはダイソーの「ノズルにフィット トイレブラシ」を使うと便利。3本100円で、シャワーノズルの穴、ノズル全体、ノズルの根元の掃除に特化したブラシです。
トイレ掃除便利グッズ ダイソー

ダイソーのノズルにフィット トイレブラシ (3本100円・税別)


臭いの原因となりそうな場所を理解して、そこを重点的に綺麗にするだけで、トイレ掃除の回数を減らし臭いをおさえることができます。是非お試しください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。