ノーカラーファンデ,ファンデ,コスメデコルテ,AQ,クッションファンデ,インテグレート

コスメデコルテ AQ(左)とインテグレート(右)のノーカラーファンデ

自粛生活とお手入れの成果で、ファンデの色が3段階くらい明るくなりました。しかし困ったのがファンデ選び。元々日焼けしやすい肌質なので、複数色のファンデを持っていたのですが、それでも自分の肌色に合うファンデがなくなってしまったんです。

明るくなった今の肌色に合わせて新しいファンデを買うことも考えましたが、もしかしたらまた日焼けして肌色が変わってしまうかもしれません。そう考えると、今の自分の肌色に合う新しいファンデを買うのは躊躇ってしまう……いろいろと調べたところ、アンテナに引っ掛かったのがノーカラーファンデでした。

 

ノーカラーファンデってどんなもの?

ノーカラーファンデとは、文字通り色が付いていないカラーレスのファンデのこと。見た目は白色か明るい色のファンデといった印象ですが、実際に使ってみると、色を付けずに肌を明るく整えてくれます。しかも、マスクに色が付かないこともあり、一気にこの夏のメイクの主役に躍り出ました。

今のところ、ノーカラーファンデの種類はそれほど豊富ではないのですが、いくつかのブランドから販売されているようです。私は、リピートすることを考えてデパートやドラッグストアなどで購入できる2つの商品を試してみたところ、どちらもとても気に入っています。

 

トーンアップしながら艶やかな肌に仕上げたいときに

ノーカラーファンデ,ファンデ,コスメデコルテ,AQ,クッションファンデ,スキンフォルミングクッションファンデーショントーン アップ

清潔感と高級感のあるパッケージも美しい「スキン フォルミング クッションファンデーション トーン アップ」

艶やかな明るい肌に仕上げたいときに必ず使用するのは、コスメデコルテ AQ の「スキン フォルミング クッションファンデーション トーン アップ」。スポンジに含まれたファンデをパフでポンポンとスタンプ塗りしていくクッションファンデなので、手を汚さずにメイクできるのも忙しい朝には頼もしいです。
 
ノーカラーファンデ,ファンデ,コスメデコルテ,AQ,クッションファンデ,スキンフォルミングクッションファンデーショントーン アップ

手の甲右半分にのみ「スキン フォルミング クッションファンデーション」を塗った画像

一見ピンク寄りの明るい色のファンデに見えますが、実際に使用してみると色ではなく光を肌に纏っていくかのような印象を受けます。そして、ワントーン明るく艶やかな仕上がりに。カバー力はというと、色付きのものにやや劣るものの、毛穴や小じわ、軽い色ムラ、くすみはカバーしてくれるので、美肌効果は高めだと感じています。また、透明感が出て、厚塗り感が一切ないところにも惹かれています。
DATA
コスメデコルテ AQ┃スキン フォルミング クッションファンデーション トーン アップ

カラー:000
容量:15g
SPF30/PA+++

 

セミマットな肌に仕上げたいときに

ノーカラーファンデ,ファンデ,インテグレート,ルースファンデ,ビューティーフィルターファンデーション

赤が効いたパッケージも可愛らしい、インテグレートの「ビューティーフィルター ファンデーション」

軽い使用感でセミマットな肌に仕上げたいときに手が伸びるのは、インテグレートの「ビューティーフィルターファンデーション」。ミネラルルースファンデで、3色展開のうち1色がノーカラーファンデです。
 
ノーカラーファンデ,ファンデ,インテグレート,ルースファンデ,ビューティーフィルターファンデーション

手の甲の右半分にのみ「ビューティーフィルターファンデーション」を塗った画像

見た目は白色のパウダー。粉っぽくなったり、白浮きしたりしないか不安でしたが、そんな心配は不要でした。また、ミネラルオイルを配合しているので肌へのフィット力も高く、崩れやすいということもありません。付属のフカフカのパフを使って肌に塗ると、ふわっとやわらかな印象に。

カバー力は正直なところあまりありませんが、それでも毛穴が少し目立たなくなるなど、キメが整った印象を受けます。また、多少のくすみならカバーできるので、ワントーン明るい肌に仕上がりますよ。
DATA
INTEGRATE┃ビューティーフィルターファンデーション

カラー:0
容量:9g

ノーカラーファンデは、ブランドによってカラーレス、色なしファンデ、透明ファンデなど呼び名が異なる場合があります。また、ファンデというジャンルでなくてもいくつか販売されているようです。

私のように肌色が変わりやすい人や、マスクのときに色が付くのを避けたい人にイチオシのアイテム! この機会にぜひチェックしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。