《目次》
年収とは給与・ボーナスの年間の総支給額
手取りとは?
所得とは?年収とは何が違う?
年収別の月の手取り額はいくら?
まとめ
 

年収とは給与・ボーナスの年間の総支給額

サラリーマンにとっての年収とは税金や社会保険料が引かれる前の給与やボーナスを合わせた年間の総支給額のことを指します(*)

また単に年収ではなく税込年収や額面年収と呼ぶこともあります。

*給与以外の収入がある方はその額も加えた額になります。

・年収とは給与やボーナスの年間総支給額(税金や社会保険料を引く前の金額)
年収,賞与,ボーナス,総支給額

年収とは給与やボーナスの年間総支給額のことです
 

手取りとは?

手取りとは、皆さんの手元に実際に入ってくる金額のことです。具体的には給与やボーナスから税金や保険料などが引かれたのち銀行口座に振り込まれる金額のことで、実際に皆さんが使えるお金とも言えます。

人によっては旅行積立金や親睦会費、組合費などが引かれた金額になっていることもあります。

・手取りとは給与やボーナスから税金や社会保険料を引いた金額
 

所得とは? 年収とは何が違う?

所得とは年間収入から1年間の必要経費を引いた金額のことを指します。自営業者であれば必要経費のイメージが湧くと思いますがサラリーマンではどうなのでしょうか。

サラリーマンの場合は業務に必要なスーツ、カバン、シューズなどを必要経費として引くことができない代わりに「給与所得控除」を年間収入から引くことが認められています。

なお「給与所得控除」の額は年収によって決められています(下図参照)。

・所得とは年収から経費(サラリーマンは給与所得控除)を引いた金額
サラリーマン,給与所得控除,経費

サラリーマンには経費の代わりに給与所得控除が認められています

なお公的な支給を受ける際に「所得」や「年収」の支給基準が要件とされていることも多いので、言葉の違いはしっかり覚えておきましょう。
 

年収別の月の手取り額はいくら?

それでは給与のみを収入とするサラリーマンの年収と実際の月の手取り額はいくらになるのでしょうか。モデルケースとして40歳未歳のサラリーマン(独身、福岡の一般企業勤務、協会けんぽに加入)の年収別の月の手取り額を表にしてみましたので参考にしてください。
サラリーマン,年収,月,手取り額

サラリーマンの年収別の月の手取り額

年収は同じでもボーナスの有無で月の給与は変わるので、ボーナスなし、2カ月分、4カ月分、それぞれについての月の手取り額を計算してみました。月の手取り額にボーナスの月数をかければボーナスの手取り額となりますが、ボーナスからは住民税が引かれないため、実際のボーナス手取り額はそれよりも多くなります。

また扶養家族や生命保険等に加入している場合、その他の控除がある場合は月の手取り額はこの表よりも増えると考えてください。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は年収、手取り、所得について解説してきましたが、特に収入(年収)と所得の違いを理解されておられない方が多いです。

サラリーマンで給与収入しかないなら「年収」が多いことは「所得」「手取り」も多いといえますが、自営業の場合は「年収」が1000万円といえば聞こえはよいですが、実際は経費が同額かかっており「所得」や「手取り」が0円の場合もあるわけです。

前述のように年収や所得は各種公的支給を受ける際の基準にもなっていますので言葉の意味を正しく理解しておくことが必要です。

【関連情報をチェック】
月収30万円の人の手取りはいくら?
ボーナスから天引きされるお金とは?率はどのように決まる?
住む場所によって住民税は違うの?安い自治体は?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。