直進やターン、パーツを組立て作ったサッカーボールを直進やターン、パーツを組立て作ったサッカーボールを転がしたり、様々な動きをすることができます転がしたり、様々な動きをすることができます

    直進やターンなどさまざまな動きをすることができます
 

親子で過ごす時間に、ぜひチャレンジみていただきたいロボットキットがあります。それは、パソコンを使用せずに作る「プログラミングロボ ビットさんMR- 9109」です。

細かい作業を経て完成するロボットは、動作を決定する"ビット"を組み込むことで、楽しい動きを見せてくれます。親子でロボットを組み立て、 動きをセットして完成させる喜びを感じてみませんか?
   

立体的なものをイメージして作り上げる練習にも!

小さなパーツでロボットをつくり、動きはオレンジ色のビットを組み合わせます

小さなパーツでロボットをつくり、動きはオレンジ色のビットを組み合わせる
 

最近は子どもがプログラミングを学ぶための本や動画、アプリなど便利なものもありますが、せっかく親子で過ごす時間。実際に細かいパーツを使い、手指をたくさん動かしながら組み立て、親子で話し合いながら進めてみてはいかがでしょうか?

「プログラミングロボ ビットさんMR-9109」は、箱を開けるとプラモデルのように切り離して使用するパーツがたくさん入っています。「これがロボットになるの?」と最初は驚きましたが、いざ組み立ててみると本格的なロボットが完成しました!

組み立てには、はんだごても不要。設計図を頼りにロボットという形に作り上げる過程、そして、自分の思い描いた動きをロボットにさせるためのビット選びと取付け(90度ターンビット、45度ターンビット、後退ビット、フォークリフトを下げるビット)など、プログラミング思考の練習ができます。

電池を入れ、完成したロボットが動いたときの喜びは、子どもの自信にもつながり、そして親子で頑張り抜いた思い出として残るのではないでしょうか。
 

おもちゃを運んでくれるロボット

おもちゃを運ぶように、ロボット中央の黄色い輪にオレンジ色のビットをつけてみました

小さなパーツでロボットをつくり、動きはオレンジ色のビットを組み合わせます
 

我が家では、小学生の娘とチャレンジしたのですが、一筋縄ではいかず大人も必死!  それなりに時間がかかりましたが、ロボットが箱や小さい人形を持ち上げて前進したときは大喜びでした。

自分の思い描いた動きにならないときは、またそこで頭をフル稼働させ、ビットを選び直します。小学校でもプログラミング的思考を要する授業がスタートしますが、この機会に親子で手指を動かし、脳を活性化させて楽しみながら、プログラミング思考に慣れるきっかけづくりになればと思います。
 
DATA
イーケイジャパン|プログラミングロボ ビットさんMR-9109

使用電池:単4アルカリ電池2本(別売)
本体重量:約250g(アクション部品未装着)
本体サイズ:H210×W115×D150㎜
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。