会社の経営危機にどう備えたらいいでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、会社員を辞め、将来的に実家の不動産業を引き継ぐことになった50歳の男性。今後、経営がきびしくなった場合にどう備えたらいいか、またそのための課題、再就職についてなど、いろいろと思い悩んでいるとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
会社に経営危機が訪れたらどうしたらいいでしょうか?

会社に経営危機が訪れたらどうしたらいいでしょうか?




■相談者
キミオさん(仮名)
男性/会社員/50歳
関東/賃貸住宅
 
■家族構成
妻(40歳)、子ども2人(14歳・12歳)、父(80代)
 
■相談内容
諸事情のため、勤務先を退職し、実家(父親が経営する不動産会社)に専念することになりました。また、家業に専念後、5~6年たてば、相続も含めた一連の事業承継が概ねひとつのピークを越え、時間的余裕が生じると思います。そのような際、自分は55~56歳になっておりますが、実家は妻に任せる(任せられるかどうかはまだ不透明)なりして改めて外への再就職(社会と接点を持つという意味でも)も考えております。その際は、自分にはどのような道がありますでしょうか? 先生なら、色々な相談ケースを見てきていらっしゃると思うので、ぜひご指導お願いします。
 
自分で今現在考えつくのは、以下の3つですが、どれも不安要因はあります。

(1)エージェントを通じて、あるいはハローワークを通じての再就職
・年齢的にも、また家業で5年余り勤めた後で、その時点の自分のキャリアに合うような再就職の口があるのか、不安。また、ハローワークの場合は、年収が大きくダウンする可能性が大きい

(2)資格取得して独立する
・独立系資格(司法書士、税理士等)は取得が困難で非現実的(もう50代で記憶力が落ちている)。かつ、仮に取得しても、独立してお金を稼ぐのは困難とも聞く。もう少し簡単な資格(管理業務主任者等)を取って、それをもとに就職活動しても、実務経験がないと就職できるのか、不安。

(3)アルバイト
求人がないことはないかもしれないが、生計の足しにするレベルの収入だろうと思う。
 
さらに、心配する部分として、実家会社が現状のまま運営が順調に推移すれば、金銭面だけで見るなら、あえて上記のように再就職する必要はなく、今後も貯蓄を取り崩すことなく生活できると思われますが、会社運営が上手くいかない場合に備えたいと考えています。また、順調にいっても、課題はないのか(相続など)とも考えています。幸い、会社は無借金経営のため、最悪のケースとして無収入になっても、資産処分で今後の人生が過ごせるかどうか……。そこも不安です。
 
■家計収支データ
相談者「キミオ」さんの家計収支データ

相談者「キミオ」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)実家会社の事業と父親の現状
父親は県内で不動産業の会社を経営し、他に社員数名。
 
(2)相続および事業承継について
相続内容はすでに関係者間で全て取り決め済。事業については100%、相談者が経営者として引き継ぐ予定。
 
(3)実家会社を引き継いだ後の相談者の収入
●父親存命中
会社からの給与(手取月額)96万円
 
●父親死亡後
上記給与の他に以下の収入が加算
・不動産収入 31万円
なお現在の家賃は浮く
 
(4)父親死亡後に加わるコスト(すべて年額)
・固定資産税 400万円
・火災保険 10万円
・公共料金等 45万円
・他住宅コスト 75万円
・その他雑費 150万円
 
(5)実家のビジネス上のリスクと所有する主な不動産
物件6つを所有。詳細は割愛。相談者コメント「リスクを感じるのは2つの物件。ともにほぼ一棟貸しの物件で、テナント退去によって収入が一気になくなる可能性がある。かつ現テナント向けに作った建物のため、新たなテナントを誘致しにくいのもネックと考えられる」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 60歳を過ぎても貯蓄額は順調に増えていく
アドバイス2 「不断の経営努力」を続けるだけで十分
アドバイス3 自分自身が何をしたいか、どう生きたいかを考えてみる
 

アドバイス1 60歳を過ぎても貯蓄額は順調に増えていく

現状はまだ会社員を継続されているかもしれませんが、便宜上、勤務先を退職し、ご実家の不動産業に現時点で従事されている。また、5年後に事業承継が行われ、ご相談者のキミオさんが家業を継がれるという設定で、いただいたデータを反映させて考えてみます。
 
まず、事業承継までの家計収支ですが、毎月の家計黒字は約39万円。年間468万円。データには明記されていませんが、会社員時代にボーナスからの支出(レジャー費、大きな買い物等)がある程度あったと仮定して、実質400万円ほどが貯蓄に回るとします。したがって、5年間で貯蓄として上積みできるのは2000万円。今ある貯蓄と合わせて貯蓄はちょうど1億円強となります。
 
5年後に家業を引き継がれると、これまで、お父さんが社長(不動産の所有者)として負担されていたコストも引き継がれますが、同時に新たに不動産収入が加わり、結果的に月収は手取り額で70万4000円。月の収支は27万4000円の黒字で、多少の予定外の支出があったとしても、年間で300万円程度は貯蓄できるはずです。
 
また、現在計上している教育費17万8000円ですが、これは4年間で約850万円。私立文系にかかる大学費用の2人分とほぼ同額ですから、22歳になるまでこの教育費を計上します。そうなると、試算上では、キミオさん60歳の時点で、貯蓄の1億円強は取り崩すことなく、さらに1200万~1500万円は上積みされています。
 
さらに、60歳以降は教育費の他、お子さんが独立すればその他の生活コストも下がっているでしょう。したがって、また年間で500万~600万円貯蓄できる家計になります。
 

アドバイス2 「不断の経営努力」を続けるだけで十分

この試算どおりで実際に推移すれば、私が言うまでもなく、資金的に老後を心配する必要はありません。おそらくキミオさんもそのことは十分想定されていると思います。その上でご心配されているのは「会社運営が上手くいかない場合に備えたい」と「順調にいっても課題はないのか」ということ。
 
会社運営の懸念としては、一棟貸しをしている2つの物件のテナント退去を挙げられています。それについてのリスク度、あるいは対処法については専門外のためわかりませんが、結果的にそれが要因で廃業せざるを得ない場合、企業として保有する資産の整理、売却となるはずです。幸い、ご実家は無借金経営ということですから、データにあるような価格での売却が進めば、ご実家を残しても1億円台後半の金額となる見込みです。
 
同時に、数名の従業員の方の解雇に合わせて、退職金等の手当をし、さらに、その他、廃業のコストが発生したとしても、少なくとも先の売却益で不足することはないはず。したがって、経営維持、収入安定のための、普段からの経営努力さえ行っていれば、それ以外に何かを備える必要はありません。逆に言えば、リスクとしてもっとも怖いのは、運転資金や新規事業等の目的でまとまった融資を受けた後に経営危機や大きな損失を出すことでしょう。
 
キミオさんが第一に守るべきは自身のご家族ですから、教育費や生活資金の確保が最優先となります。したがって、現在ある貯蓄8200万円を、それ以外の目的で決して取り崩さない。それさえキープできれば、仮に実家が廃業となってもご家族は守ることができることになります。
 

アドバイス3 自分自身が何をしたいか、どう生きたいかを考えてみる

ただし、懸念がないわけではありません。これは、経営が順調に進んだ場合も同様ですが、まず、所有する不動産の多くが会社名義ではなく、父親名義ということ。キミオさんに名義変更にすれば、当然相続税(生前なら贈与税)が発生します。相続分に応じる取得金額が1億円以上2億円未満で30%(控除額700万円)、2億円以上3億円未満なら40%(控除額1700万円)。その税額はどう調達されるのか。
 
お父さんが保有する不動産を会社名義にされなかった理由は不明ですが、今後、会社名義に切り替えず、キミオさんもその形を踏襲されるなら、そこに対しては資金的に備えが必要になります。また、保有されているでしょうから、それも含めた相続税対策になるかと思います。
  
さらに言えば、先の不動産の売却価格ですが、5年後も同様の価格となるでしょうか。より上がるかもしれませんが、下がる可能性もあるはずです。
 
ただ、すでにこれら課題は解決済みか、すでに税理士、弁護士等に相談されているかもしれません。もしもそれがまだであるなら、そのための早めの行動が必要です。
 
それと、今後の経営を奥様に委ねる場合、自身の働き方として候補として挙げている3つの選択肢ですが、(2)は現実的ではありません。(1)でもいいですが、あくまで資金的な側面から言えば(3)で構わないと思います。社会との接点であれば、(3)のアルバイトでも得られますし、家業が順調に推移しているという想定なので、奥様の収入で家族の生活は十分支えることができるからです。
 
ともあれ、今後どういう選択をされようとも、一般的なケースを逸脱するようなものでなければ、資金的に困窮するようなことは考えにくいと思います。であれば、キミオさん自身が仕事も含めてどのような生活、生き方をしていきたいか。当事者にしかわからない、家業を継ぐ中でのご苦労も当然あるかと思います。しかし、資金についてばかり思い悩むのではなく、自身と向き合いながら、そのことを考えられてはどうでしょうか。それが結果的に、健全で豊かな人生につながると考えます。
 

相談者「キミオ」さんより寄せられた感想

誰にも相談できず一人で考えてきましたが、本件、貴重なアドバイスを頂き誠にありがとうございました。今までは妻にも余り心配を掛けないよう、こみ入った内容は話さず、一人で色々資金のシミュレーションをしてあれこれ悩んでいました。資金面に関しては、大まかな今後の人生のアウトラインについてのご指南を頂き、感謝に堪えません。今後も、以下の点は肝に銘じたいと思います。

・不断の経営努力に努めることを念頭におく(リスクとして最も怖いのは、まとまった融資を受けた後に経営危機や損失を出すこと)
・第一に守るべきは家族であり、現在の貯蓄は家族の生活資金以外で決して取り崩さないこと
 
当面は家業に専念し、資金面も含め諸々の対処で精一杯かと思いますが、落ち着きました暁には先生のお言葉「何をしたいか、どう生きたいか」を踏まえて、自分なりに豊かな人生を歩めるよう次のステップをゆっくり考えていきたいと思います(そのような時が来るよう、現在を頑張りたいと思います)。お言葉を胸に刻み、今後も頑張りたいと思います。ありがとうございました。

●マネープランクリニックのラジオ番組を始めました!
『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。毎週火曜に更新!


●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武



【関連記事をチェック】
59歳、貯金500万円。老後、家族は路頭に迷うのではないか不安で夜も眠れません
55歳、趣味のゴルフ代が月15万円かかるのですが早期退職を考えています
45歳貯金1100万円。父が経営する会社で働くが夫は外国人で老後不安
54歳、毎月21万円の住宅コスト。80歳まで返済が続くのですがどうするべき?
59歳貯金5000万円。夫が重篤な病にかかり、貯金を取り崩しての生活は可能か
66歳、貯金2780万円。病気で余命が長くありません。私が死亡後の妻の生活が不安です
55歳貯金4800万円。息子の病気がきっかけで夫婦ともうつ病が悪化。職場復帰はしたものの……
57歳貯金1500万、起業して悠々自適な生活をしたい
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。