どうしたら自転車操業から脱することができますか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、各種返済が多く、まったく貯蓄ができないことに悩む26歳の会社員男性。結婚を考えている女性と同棲をしているが、できるだけ早く、自転車操業の日々から脱したいとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
お金が足りないと借りる生活から抜け出したい

お金が足りないと借りる生活から抜け出したい


■相談者
貯蓄したいマンさん(仮名)
男性/会社員/26歳
埼玉県/賃貸住宅
 
■家族構成
彼女と同棲
 
■相談内容
消費者金融のローンが100万円あり、月々2万1000円を返済中。早く残高を減らしたいが、急な出費などで借りてしまうこともあり、なかなか減りません。返済と貯蓄をうまく進めるにはどうしたらいいでしょうか。
 
その他毎月の固定費にパソコン購入の際の分割払い4500円(金利0)が残り2年半ほど、奨学金返済が2万円、消費者金融(100万円)の返済が2万1000円、大学時代のクレカブラックの返済が1万1000円(あと1年ほど)。現金がなくなると携帯の簡単決済からプリペイドカードにチャージして使ってしまいます。ほぼ毎月、上限まで使い、5万円が通信費に加算されます。こんな感じで自転車操業になってしまっております。この泥沼からなんとか抜け出したいです。
 
家計簿などつけたこともなく、出費の管理などもがばがばで毎日を生きてきたので使途不明金は多いと思います。
 
自分の中の意識ではまず携帯決済を使わずになんとか暮らして、浮いたお金を貯金していく流れでいいと思っていますがどうなんでしょうか。ある程度貯蓄が増えれば多めに返済して早く残高を減らしていきたいです。
 
服などの物欲はなく、都心からも離れた埼玉県なので外出はあまりしていません。家でゲームと酒を飲んでいるだけです。ここに不満は特にありませんが、同棲を始めるとこうもいかないとは思っています。
 
先月から結婚を考えている彼女と同棲しています(社宅を出たため、家賃負担が2万円アップ)。家賃は彼女と折半します。彼女に負担をかけるつもりはないので、自己完結でなんとか返済と貯蓄をしていく方法が知りたいです。
 

■家計収支データ
相談者「貯蓄したいマン」さんの家計収支データ

相談者「貯蓄したいマン」さんの家計収支データ

 
■家計収支データ補足
(1)完済時期について
「奨学金返還」は残り20年、「消費者金融」はあと5年。本人は任意整理も検討中とのこと。
 
(2)ボーナスの使いみちについて(昨年例)
親への返済、帰省費用、引っ越し
 
(3)ブリペイドの支出先
主にタバコ代と酒代(家呑み)、これまでは遠距離恋愛だったため交通費もかかっていた。
 
(4)食費について
朝はなし。昼は会社の弁当360円、夜は自炊か軽いつまみ程度。他に、タバコは1日1箱。お酒はたまに缶チューハイも買うが、メインはウイスキー。5Lが3カ月ほどでなくなるので割ると月5000円程度とのこと。炭酸水は家で作る機械を使用。ガスボンベ代としては月4000円程度。
 
(5)給与、仕事について
今年度から入社3年目で昇給はあると思うが5000円ほど。研究開発職ながら、地方の中小企業で年功序列が残り、転職も検討中。
 
(6)結婚を予定されている女性について
今月から正看護師。年収400万円ほど。貯蓄は40万円。
相談者の家計事情は「消費者金融以外は知っています」(相談者コメント)。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 スマホからの現金チャージは今後一切しない
アドバイス2 ボーナスをフル活用して完済を早めていく
アドバイス3 30歳までに毎月貯蓄できる習慣を身につける
 

アドバイス1 スマホからの現金チャージは今後一切しない

いただいた収支データでは、すでに月3万円超の赤字となっています。先月から家賃が2万円アップしているので、もしかしたらそれに合わせて支出も調整しているかもしれませんが、大きく生活や意識を変えていないとすると、現在でも赤字解消は難しいと思われます。
 
内容を見る限り、ご本人も自覚されているように、典型的な自転車操業に陥っています。「任意整理も検討している」とのことですが、毎月の赤字が続けば、また借り入れをしないといけませんので、結果的にそれしか方法がないということも十分あり得ます。そのくらいの状況です。
 
では、どうすれば脱することができるでしょうか。まず、家計をきびしくしている大きな要因は、生活費の不足分を補っている、スマホによるプリペイド方式の電子マネーの利用です。預金口座からのチャージであれば、残額以上は支出しないわけですが、チャージ分が通信料金に加算され請求される形であれば、預金残高がない限り、翌月払いのキャッシングと変わりません。
 
したがって、これを止めます。スッバリ止める覚悟が必要です。これができないと、今の状況を脱することは難しいと考えてください。仮に、これを一切しないと、毎月の生活費は14万3500円。計算上はこれだけで毎月3万6500円の黒字です。使途不明金も多いとのことですから、そのとおりにはならないと思いますが、少なくとも1万~2万円は貯蓄できる可能性があります。
 
途中、どうしても生活費が足りないとなった場合に備えて、家計簿は付けてください。利用するのは、家計簿アプリでも何でも構いません。支出内容を把握して、支出しないで済むもの、優先順位の低いものから、節約していく。そういった地道な作業が必要になります。
 

アドバイス2 ボーナスをフル活用して完済を早めていく

同時にすべきは、借り入れのより早い返済です。それに充てる資金は、ボーナスからとなります。
 
昨年のボーナスの支出内容のうち、「親への返済」がありますが、この返済を一時的に待ってもらう。残高も返済額も不明ですが、とにかく「必ず返す」という誠意を伝え、頼み込むしかありません。併せて、帰省もしばらくは我慢してください。
 
そして、手つかずのボーナスから、クレジットからのキャッシングと、パソコンの分割払いを完済します。返済期間から考えて、半年分でほぼ完済できるはずです。これで毎月の返済額が1万5500円減ります。次に、今年の年末と来年分のボーナスで計90万円となりますから、これで消費者金融からの借り入れも十分完済ができ、支払利息も軽減できます。
 
これら完済ができれば、来年の年末には、返済は奨学金だけになりますから、毎月の家計から4万~5万円の貯蓄が可能となります。その翌年には、ボーナスからの親御さんの返済を再開させても、ある程度は貯蓄に回せるはずです。年間100万円近い貯蓄も、数字的に不可能ではないのです。
 

アドバイス3 30歳までに毎月貯蓄できる習慣を身につける

もちろん、試算どおりに進むとは限りません。そう簡単には、今までの生活習慣は変えられないという人も少なくないでしょう。また、急な節約、生活の変化の反動で、逆に支出が増えてしまうというケースも考えられます。しかし、ここまで記した家計改善を本気で取り組む、その気概がなくては何も「変えられない」と思います。
 
ともあれ、まずはプリペイド等の安易な借り入れは一切せず、毎月の収入の範囲で生活をし、徐々に貯蓄していく習慣をつけていく。さらにボーナスを利用して、奨学金以外を完済し、さらに貯蓄ペースをあげていく。結婚を考えている彼女のためにも、遅くとも、これを30歳になるまでには実践すべきでしょう。それから先のマネープランは、また相談してください。お待ちしています。
 

相談者「貯蓄したいマン」さんから寄せられた感想

深野さんありがとうございました。アドバイス通りだと黒字化、貯金ができそうで安心しました。一刻も早く、月の収支を見直し、貯蓄に努めていきたいと思います。

●マネープランクリニックのラジオ番組を始めました!
『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。毎週火曜に更新!


●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!



教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武


【関連記事をチェック】


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「ファイナンシャルプランナーに相談したら家計が黒字化した!」「家族にバレずに債務整理できた!」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。