NTTの加入電話を新規で引くと必ず必要な電話加入権(施設設置負担金)。引越等で電話を引きたいんだけれど、電話加入権はない。そんなあなたにぴったりな格安導入法をご紹介します!

加入権の価値が激減中

電話加入権は譲渡(売買)できる。

施設設置負担金、一般に電話加入権と呼ばれるもの(以下「加入権」)は、NTTの加入電話(固定電話)を新設する際に必ず必要でした。

ついこの前まで72,000円(税込75,600円)していた加入権ですが、平成17年3月より半分の36,000円(税込37,800円)に値下げされました。

実は、加入権は以前から中古品が巷で取引されていました。加入権は税制上も資産として認められていたものなのにNTTが買い戻しをしてこなかったため、巷で取引がされていたのです。

当然中古ということで、定価よりも格安で取引されていたのですが、今後徐々に資産価値を0にしていくことが決まった今、中古加入権の価格も下落の一途をたどっています。記事執筆時では、1万円前後で中古加入権が取引されています。

どうしても加入権が欲しいというのであれば、中古加入権を購入するのも手でしょう。

加入権不要の直収電話

しかし、近い将来価値がゼロになるとわかっているものを購入するほどばからしいこともありません。実は、世の中には加入権が不要の固定電話サービスがいくつかあります。

そのひとつが「直収電話」と呼ばれるサービスです。(直収電話についての詳細はガイド記事『NTTより安い!? 直収電話って何?』をご覧下さい。)

直収電話と呼ばれるサービスは、KDDIの「メタルプラス」、日本テレコムの「おとくライン」、平成電電の「CHOKKA」(チョッカ)があります。

これらの電話サービスに加入して電話を新設した場合、加入権は一切不要です。もちろん、NTTと同じく普通の電話番号(0AB~J番号)も付与されます。

加入権不要でNTTの電話を引く

直収電話ではなく、NTTの加入電話を加入権なしで新設することもできます。「加入電話ライトプラン」という商品を申し込めば、加入権なしで電話がひけるのです。2002年2月からこのサービスは開始されておりガイド記事でも紹介していました。

加入電話ライトプランは、加入権が必要な加入電話と比べ、基本料金が高めです。しかし、加入権の値下げの影響で、基本料金も月に390円(税別)安くなり、かなり使いやすくなりました。

加入電話、加入電話ライトプランの基本料金が現行と仮定すれば、中古加入権(10,000円・税別で購入と仮定)購入の場合は26ヶ月(2年2ヶ月)以内、定価購入(36,000円・税別)の場合は、93ヶ月(7年9ヶ月)以内に解約するならば、加入電話ライトプランの方がお得になる計算です。

しかし、今後も加入権の価格を値下げするにつれ、加入電話ライトプランの基本料金も値下げされるものと思われます。そうなれば、今後5年以内に加入権の価値が無くなるのと同時に、加入電話ライトプランの基本料金も加入電話のそれと同額になることが予想されます。

以上のことから、これからNTTの加入電話を新設するならば、加入電話ライトプランにしたほうがお得と言えるかもしれません。

固定電話を新設する際には、これらも選択肢に入れ、お得な方法で電話を引きましょう!


■参考サイト
 『NTTより安い!? 直収電話って何?』 【ガイド記事】
 ・『 加入権なしで電話が引けるNTTの新サービスが登場 』 【ガイド記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。