電話番号には昔から不思議な話がつきものです。今回は不思議な電話番号の一つ、ドッペルゲンガーの電話番号をご紹介します。ここにダイヤルするとなんと自分と話せるのです!

 不思議な電話番号が存在する

昔から電話番号にまつわる不思議な話はたくさんあります。映画「着信アリ」のような怪談もそうですが、リカちゃんや宇宙人がでるものやお経が流れてくるものもあります。

単なるうわさ話のように思えるこれらの電話番号ですが、ちゃんと存在するものもあるのです。

 自分と話せる電話番号

そんな中でも、秋の夜長にちょうど良い(?)電話番号があります。それは、自分と話せる電話番号です。

この電話番号はいくつか存在することが確認されており、もっと調べればたくさん出てくるものと予想されます。

一例を挙げてみます。

  0734-99-9999 (和歌山)
  0172-99-9999 (青森)

試しに一度これらの番号にかけてみて下さい。
ダイヤルをすると、呼び出し音も聞こえずに無音状態になります。
ですが、耳を澄ませると……何かの音が聞こえてくるはずです。
そして「こんにちは」と言ってください。

あとは、ご自由に自分とお話下さい。

ただし、この電話番号までの通話料金はしっかり課金されていますから、IP電話でない人は長電話にはご注意を。

 悪魔の電話番号??

ちなみにタイでは、「999-9999に電話すると悪魔に通じ願いを叶えてくれる」という噂にまつわる「呪信999」というホラー映画があります。日本ではどうなんでしょう? 自分に話していると思ったら実は別の誰かが聞いていたりしたら恐ろしいですよね……。

※お断り※  この電話番号に発信したことによって不利益を被るようなことがあっても、当方は一切責任を負いません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。