時短アイテムとして大人気のBBクリーム

朝時間がない時や、メイクをさっと済ませたい休日に大活躍するBBクリーム。1本で化粧下地+日焼け止め+ファンデーションなど複数の役割を果たすため、時短アイテムとして活用している人も多いと思います。

BBクリームとは、「Blemish Balm(ブレミッシュ バルム)」の略で、もともとは傷をかくすための軟膏として皮膚科医が開発したもの。そして今や、ベースメイクの定番的存在を確立し、日々進化しています。

 

CCクリームとの違いはなに?

BBクリームとよく比較されるのが、CCクリーム。一体、どんな違いがあるのでしょうか。

BBクリームは、なんと言っても「カバー力」の高さが魅力。毛穴、シミ、そばかすといった肌悩みをカバーすることに優れています。上からファンデーションを重ねる場合でも、BBクリームが肌悩みをカバーしてくれているので、厚塗りにならずメイク崩れも防ぐというメリットもあります。
 
一方CCクリームは、「Color Condition(カラー コンディション)」や、「Color Control(カラーコントロール)」を意味するといわれています。

そのため、肌色補正が優れているのが特徴。ツヤ肌を作るのには最適ですが、カバー力ではBBクリームに劣るので化粧下地として使う人が多いと思います。

1本でベースメイクが完了するBBクリーム。最近では色々な機能を備えたものが出ていますが、どれを使ったら良いかわからないという人のためにオススメを4つ紹介します。

 

プチプラ&コンビニで買える手軽さがウケてます!

b

コンビニで手軽に購入できるところが魅力!


メディア BBクリームS
(SPF35・PA++ 全3色 各35g 税抜各1100円)

毛穴・くすみ・凹凸をしっかりカバーし、キメの整った明るい肌に仕上げてくれるBBクリーム。プチプラとは思えないほど、なめらかにのびて肌にしっかりフィットするので、厚塗り感のない自然な仕上がりが幅広い層に人気です。なんと言ってもコンビニで買える手軽さが最大のポイント。

 

簡単すぎる! 超時短メイクならマナラで決まり

v

バータイプなので忙しい朝もさっとベースメイク完了


マナラ BBリキッドバー
(SPF35・PA+++ 全2色 各7g 税抜各3400円)

バータイプのBBクリーム。肌に触れた瞬間スルスルとろけて均一に広がり、ムラのない肌に仕上げてくれます。しかも、スーパーソフトフォーカスパウダー配合で、毛穴やシワも自然にカバー。顔全体になじませて、手やスポンジでサッと伸ばせばベースメイクが完了。この手軽さ、かなりポイント高いです!

 

ニキビをメイクで隠したいという女性の願いを叶える

m

ニキビの上から塗っても罪悪感なし!


フォルミュール 薬用アクネケア BB
(SPF25/PA̟+++ 30g 税抜2500円)【医薬部外品】

ニキビは隠したいけれど、ニキビの上からメイクしてもいいの?というジレンマを抱えている多くの女性たちの悩みを解決してくれたのがこちら。ニキビケアに有効なサリチル酸や肌を健やかに整えるビタミン類をベースに配合し、なおかつ素肌感のある美しい仕上がりにもこだわった夢のような1品です。

 

ゆらぎ肌や花粉に悩む季節の必須アイテム

g

ゆらぎ肌や花粉の季節のマストアイテム


d プログラム アレルバリア エッセンス BB
(SPF40・PA+++ 全2色 各40mL 税抜各3000円)

アレルバリアテクノロジー搭載で、花粉・ちり・ほこりなど、気になる微粒子から肌を守るBBクリーム。赤み・くすみも自然にカバーし、厚塗り感がないのでこれ1つで完了してもOKですが、下地効果もあるので、状況に応じて使い分けできます。デリケート肌向けの低刺激設計なので、まさに今の季節にぴったり。

いかがでしたか? 私も多い時は週の半分ぐらいは使っているほど、手軽さ、カバー力、肌への優しさの詰まっているBBクリーム。こちらの4品は比較的手に取りやすい価格なので、なんとなく今使っているファンデーションがしっくりこないと感じている人は、ぜひ試してみて。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。