月経移動などで頻用される中用量ピル・「プラノバール」

ピルについての説明を聞く女性患者のイメージ

一言でピルと言っても効果は様々。同じピルでも目的によって服用方法も異なるので、正しく理解しておくことが大切です


ピル、特にプラノバールは、月経移動の目的で婦人科では頻用されているお薬です。旅行や試験などの大切なイベントに月経期が当たってしまう場合、月経移動を希望される方は少なくありません。このときにプラノバールを処方しますが、月経移動の方法には2つの種類があり、早めに受診することで、より希望に沿った対応ができることがあります。診療現場では「知っていたらもっと早めに受診したのに……」という声も多く聞きますので、今回はプラノバールの効果と副作用・注意点について基本的な事柄を解説したいと思います。
 

プラノバール(プラノバール配合錠)とは・効果

プラノバールは、中用量ピルに分類されるお薬です。黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補うことにより、ホルモンバランスを整え、月経周期および量の異常、月経時の諸症状などを改善します。通常は、機能性子宮出血、月経困難症、稀発月経や頻発月経などの月経周期異常、過多月経、子宮内膜症、卵巣機能不全の治療に用いられます。
 
加えて自費診療として、先に紹介しました月経移動、その他にも避妊、不妊治療、アフターピルの目的でも処方されます。
 
以下では、規則正しい子宮出血を起こすカウフマン療法、月経移動、不妊治療、アフターピルにおけるプラバノールの服用方法をご紹介します。
 
1. カウフマン療法のためのプラノバール服用
カウフマン療法とは、卵胞ホルモン剤であるプレマリンなどと、卵胞ホルモン剤+黄体ホルモン剤であるプラノバールなどを内服することで、自然なホルモンの変化を疑似的に作り、規則正しい子宮出血を起こす方法です。無排卵などの月経不順がある場合に、基礎体温を二相性にし、月経が起きるようにするコントロールすることができます。
 
2. 月経移動を目的としたプラノバール服用
プラノバールを服用すると、人工的に排卵後の状態、つまり生理前の状態である「黄体期」の状態を保つことができます。プラノバールを飲み続けている間は「黄体期」のため生理が来ず、飲むのをやめると補充していたホルモンが消失し、通常は数日で卵胞期となり生理が来ます。

月経を早めたい場合は、次の月経が始まる前にプラノバールの服用をスタートします。そして生理が始まってほしい数日前に飲むのをストップします。こうすることで本来来るべきだった時期よりも早く、かつご自身が希望する時期に月経が来るようにコントロールできます。

この方法で周期を早めるには、予想されているよりも早い時期からの準備が必要になります。直前になって月経を早めることはできないので、早めに受診し、服薬をスタートするのがお勧めです。

逆に月経を遅らせる場合には、月経予定日のおおよそ5日前から服用をスタートし、月経が来て欲しくない期間は服用を継続することで、月経を遅らせることができます。旅行中などで飲み忘れてしまうと月経が始まってしまうことがあるので注意が必要です。月経を早める方が、飲み忘れで月経が来てしまうという心配がなく過ごせるかと思います。

3. 不妊治療を目的としたプラノバール服用
ピルは様々な用量のものがありますが、不妊治療では多くの場合、中用量ピルが使用されます。「不妊治療にピル」と聞くと不思議に感じられるかもしれませんが、ピルの服用によりにホルモン値を調整し、脳に生理前の状態である「高温期」であると認識させることで、卵胞の発育や、排卵を誘発するホルモンの分泌をおさえる目的で処方されます。

体外受精前に採卵スケジュール調整のために処方されたり、月経の遅れなどホルモンバランスが安定しない周期にリセットさせる目的で処方されたりします。
 
また、卵巣の状態がよくない場合には、先に紹介したカウフマン療法を行い、排卵を抑制させることで卵巣を休ませることもあります。卵巣への負担から卵胞の状態が安定しないことがあるため、卵巣を一時的に休ませることで、薬をやめたときに卵胞が発育する可能性が期待できます。
 
4. アフターピルとしてのプラノバール服用
アフターピルとは、緊急避妊法に用いられるピルのことです。避妊に失敗してしまった場合や、性的な被害にあってしまった場合に、望まない妊娠を避けるための方法です。通常の避妊方法として用いることは推奨されません。
 
アフターピルとしてプラノバールを服用する場合、避妊に失敗してしまった性交後72時間以内にプラノバールを2錠服用し、さらに、12時間後に再度2錠服用します。服用のタイミングはできるだけ早い方が効果が高まります。現在は、1回の服用で良いアフターピル(レボノルゲストル)が用いられることも増えています。性交後72時間が経過していても、別の方法で避妊効果が得られる場合もありますので、まずは医師にご相談ください。

アフターピルを服用すれば、絶対に妊娠しないということではありませんが、指示通りに服用すれば、高い避妊の効果があります。プラノバールの場合は2回目の服用を忘れると避妊効果が落ちてしまうので、飲み忘れがないようにしましょう。
 

プラノバールを飲み忘れた場合の対処法

飲み忘れた場合は、気がついたときに1回分を服用してください。次に服用するまでの時間が近い場合は飲み忘れた分は服用せず、次に服用する時間に1回分を飲んでください。2回分を一度に服用してはいけません。
 

プラノバールの副作用・吐き気・注意点・禁忌

プラノバールを始め、ピル服用時に注意するべき副作用としては、血栓症が挙げられます。稀な副作用ではありますが、喫煙によってリスクが高まりますので、服用中は禁煙することが大切です。

また基本的に、ピルは外用のお薬や、風邪の処方、漢方薬と一緒に服用をしても問題ありません。ただ、ステロイドや、一部の抗生物質、降圧剤など、いくつか飲み合わせに注意が必要な薬がありますので、ピルを服用中の他の薬やサプリメントを服用・摂取される場合には、医師・薬剤師に相談していただくようにお願いします。
 

プラノバール服用後、生理はいつくる? 生理が来ないまま妊娠する可能性も

プラノバールの服用が終了すると、通常は2~5日の間に月経がきます。ただ、周期が不安定な方は、本来必要な時期にプラノバールを服用することができず、月経移動がうまくできなかったり、排卵がすでに起きている場合には、妊娠する可能性もあります。
 
アフターピルとして避妊目的で服用される場合も、100%の避妊率ではない点には注意が必要です。服用後なかなか月経が来なかったり、逆に出血が始まったものの出血が止まらないなどの不調がある場合には、医師に相談しましょう。
 

効果も飲み方も様々なプラノバール。正しく理解して適切な服用を

このようにプラノバールの用途は多岐に渡り、服用を始める時期や目的によって期待される効果が異なります。そのためネットで他の方の服用方法を検索し、「自分の飲み方とは違う……」と不安になり服用を止めてしまったりすると、期待した効果が得られません。また、ホルモンは自分自身からも分泌されるため、完全にコントロールしきれないこともあります。疑問に思うことなどありましたら、医師・薬剤師に相談なさってくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項