株式投資といえば配当金。配当金目当てで、株式投資を始めたという方も多いでしょう。特に、高配当な株は投資初心者からも人気で、僕のところにも「この株どうでしょう?」なんて、質問が寄せられることもよくあります。
 
とはいえ、高配当株がすべてお買い得か?と聞かれると、そうとも言えません。配当がたっぷりもらえる会社でも、株価がズルズル下落してしまうところがたくさんあります。仮に配当を受け取れても、株価が下がってしまえばお金は減ってしまいます。
 
そこで今回は、買うと危ない高配当株の特徴について解説します。 

【動画でも解説!】

 
買うと危ない高配当株の特徴とは

高配当株はすべてお買い得?

 

買うと危ない高配当株の特徴

今回紹介するのは、ニューヨーク州立大学による研究です(1)。同研究では、1974~1981年(7年分)の米国株データを集計しました。集計方法は3種類で、そのうち1つが高配当株を狙った投資法の有効性を調べています。
 
この研究によると、「高配当株の中でも、借金が少ない会社は株価リターンが高かった」ことが確認できました。裏を返すと、「たとえ高配当でも、借金が多い会社は株価が伸び悩むリスクをはらんでいるとも言えそうです。
 

借金が多い会社の問題点

借金をすれば大きく、素早く成長できそうなベンチャー企業へ投資する場合を別として、成熟企業に投資する場合、投資先の借金は足かせとなるケースが多いです。というのも、借金がコストだからです。
 
借金が多い会社は、利益を出しても借金の返済にお金を充ててしまいます。その影響で、利益を出しても、株主に還元されない可能性が高まります。
 
また、借金が多い会社は、不景気に金利と返済という2つの重荷を背負うことになります。景気が良いときはハイピッチで成長できる一方、景気が悪くなると業績悪化のペースも早まる危険があるのです。
 
これらの点を踏まえると、熟達した投資家でもない限り、借金が多い会社への投資は控えた方が無難です。
 

危ない会社の見分け方

借金が多く、危ない会社を見分ける際は、「自己資本比率」という指標を確認するのがオススメです。
 
自己資本比率とは、会社が持つ資産のうち「返済義務のない自己資本」の比率を表す指標です。この数字が高いほど、企業は借金が少なく、財務が健全であると言えます。
 
自己資本比率は企業が発表している決算短信で確認できます。たいていの企業であれば、決算短信の1ページ目に「自己資本比率」または「株主資本比率」といった指標が掲載されているはずです。目安としては、「自己資本比率が50%以上の会社を選ぶとよいでしょう。
 

危ない高配当株に気をつけろ!

「配当金が欲しい」という動機で株式投資を始める方は多いはず。それもあり、個人投資家の間では高配当株が人気です。とはいえ、高配当株はピンキリで、危険なものも紛れていますので、注意しましょう。
 
本記事でご紹介したテクニックを使うことで、高配当株の中でも危ないものを避けることが期待できます。安全な株式投資を目指す方は、ぜひご活用ください!
 
【参考文献】
 
  1. 論文:Henry R. Oppenheimer, 1984, "A Test of Ben Graham's Stock Selection Criteria", Financial Analysts Journal, 40(5), pp. 68-74

【関連記事をチェック!】
株暴落で損をしない秘訣とは【ガイドが動画で解説】
株価大暴落後の日本経済、最悪のシナリオとは
株価暴落時に「つみたてNISA」でやってはいけないこと

【関連動画をチェック!】
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。