冬の光熱費を抑えながら、暖かく過ごす方法を写真と共に紹介

 
冬

 

本格的に寒くなってきましたね。毎日冷え込む日が続くと、気になるのが暖房による光熱費です。家で過ごす時間が多くなる冬は、光熱費も跳ねあがります。この記事では、冬の光熱費を抑えながら、暖かく過ごす方法を4つご紹介したいと思います。
 

靴下をはく

節約

 

まず、部屋を暖める前に、自分自身を暖めるようにすると光熱費を節約できます。特に、フローリングの床だと、足もとから冷えてきます。分厚い靴下や、靴下を重ねばきしたり、ルームシューズを履いて足もとを暖めると、寒さを和らげることができます。
 

半纏を着る

また、家の中で重ね着をすることで、体感温度が2度ほど上がるそうです。私は、昔ながらの半纏を重ね着しています。たっぷり中綿が入っているのでとても暖かく、フリースなどに比べると静電気も起きにくく、着心地や肌触りがとても良いです。まるで、布団を着ているような暖かさですが、腰までの長さなので動きやすいです。この半纏を重ね着しているだけで冬でも暖かいので、暖房をつけずに過ごせる日も多いです。
 

湯たんぽを使う

冬

寝る時には、湯たんぽを使っています。


寝る時には、暖房器具を使わずに、湯たんぽを布団の足元に置いています。布団が寒いと、なかなか寝付けなかったりするので、冬の間は毎晩欠かさず使っています。じんわりとしたあたたかさが続くので、夜中に暖房器具を使わなくても暖かく眠れて、節約になっています。
 

電力会社の見直しをする

節約

電力会社を見直すだけで節約になるかもしれません。


また、暖房費をもう少し減らしたい方へおすすめしたいのが、電力会社の見直しです。電力会社を変えるだけで、電気代が安くなるかもしれません。私も別の会社に乗り換えて、冬や夏のピーク時の電気代が少し安くなりました。また、太陽光や風力、水力などを使った自然エネルギーを使用している電力会社も増えてきています。そういった電力会社を選ぶことは、節約になるだけでなく環境にとってもメリットがあります。
 

まとめ

重ね着や、湯たんぽを活用したり、電力会社の見直しをすることで、暖房にかかる光熱費を減らす方法をご紹介しました。光熱費を節約すると、地球温暖化の原因であるといわれているCO2の発生も少なくすることができます。今、世界的に気温が上昇していて、地球温暖化が進んでいます。オーストラリアでは、気温が40度を超える日が続いていて、乾燥から大規模な森林火災が発生し、これまでに20人以上が死亡し、多くの野性動物が犠牲になっています。日本も他人ごとではありません。エネルギーを使いすぎずに節約して生活することは、地球の環境にとってもより良い選択になります!

【関連記事をチェック】
ペットボトル代を節約するための4つのアイデア
知っていました?ガス代を驚くほど安くするアイテム
消費税がかからない!個人間の取引で得するエコな買い物術
 

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。