「ガス代が高いなぁ」と思ったことはありませんか? 子どもがいるおうちは特にガス代がかかりがちです。そんななか活躍してくれるのが、「鍋帽子」。鍋帽子は火からおろしたばかりの鍋に、かぶせる保温調理用のカバーです。保温調理を上手く利用すれば、ガス代と時間の節約が可能です。今回は「鍋帽子」を使うメリットについて、解説させていただきます!

 
ガス代節約の必需品「鍋帽子」

ガス代節約の必需品「鍋帽子」

 

メリット1.鍋帽子でガス代の大幅な節約になる

鍋帽子の使い方は簡単です。下ごしらえした食材と調味料を鍋に入れて、沸騰するまで火にかけたら、火から鍋を下ろします。熱々の鍋に蓋をして、鍋帽子をかぶせたら、あとは放置するだけ。保温している時には、火を使う必要がありません。長時間煮込む必要がないので、ガス代の大幅な節約になっています。鍋帽子をかぶせておけば、温かいままなのでガスを使って温めなおす必要もありません。

 
私の鍋帽子は、母の手作りです

私の鍋帽子は、母の手作りです



 

メリット2. 鍋帽子で時短になる

煮込み料理の時も、火は消えているので、鍋につきっきりになる必要がありません。火を消して、鍋帽子をかぶせたら、外出しても大丈夫。夜中にお料理を仕込んで火を消して、鍋帽子をかぶせておけばそのままお休みしてしまっても大丈夫ですね。そもそも焦げたり、吹きこぼれたりの心配もありません。
 

メリット3.鍋帽子で美味しく作れる

予熱でじっくり火を通すので、料理が美味しくできあがります。長時間コトコト煮込んだように、味がしみたお料理ができあがります。なんと煮崩れもありません。煮込み料理以外にも、ごはんを炊いたり、豆を茹でたりもできます。私のおススメは茶碗蒸しやプリン作りにも使うこと。きれいにできあがりますよ。

 
前日の夜にセットしておけば、朝には、味噌汁が出来上がっています

前日の夜にセットしておけば、朝には、味噌汁ができあがっています

 

まとめ

鍋帽子は、ガス代の節約になるだけでなく、時短にもなり、しかも普通に煮込んで作るより、美味しく作れます。鍋帽子は、ネットで、「鍋帽子」や「ほっとクック」という名前で、3000円くらいで売られています。また、鍋帽子の作り方の本(婦人之友社編集社 『魔法の鍋帽子』) も出版されているので、裁縫が得意な方は、作ってみるのもいいと思います。

実は毛布やいらなくなったセーターで鍋を包んでおくだけでも、保温調理が可能です。その場合は、土鍋のような分厚い鍋を使うと、保温力がアップします。夏場は、保温したまま半日以上放置すると、腐ることがあるので気をつけましょう。ぜひ、ガス代節約の為に、鍋帽子を試してみてください。鍋帽子を使うという小さなことでも、積み重ねていくと、大きな節約につながりますよ。

【関連記事をチェック】
人気インスタグラマーの「毎月の食費」を抑える!節約術5つ
人気インスタグラマーがやっている電気代節約10のコツ

教えてくれたのは……
人気インスタグラマー
zerowaste.japanさん

ファイナンシャルプランナー(FP技能士1級)。大学卒業後、共済業務に携わる。その間、ファイナンシャルプランナー(FP技能士1級)を取得。また、出産・育児中に、「ゼロウェイストホーム」を読み、ゴミをできるだけ出さないように暮らす生活は節約になり、地球環境にも優しいことを知り、実践中。環境にも優しい、エコな節約術をInstagramのアカウント、@zerowaste.japan で発信中(フォロワー3.4万人)。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。