基本を押さえて暖房費を節約する

暖房費の節約

暖房費の節約は、基本を押さえるだけで効果が出ます

北から南へと長い日本なので気温の差はあるものの、平均すると日本全体では冷房よりも暖房を使っている時期のほうがずっと長くなります。だからこそ、暖房費をいかに節約するかで家計への影響も大きく変わってきます。

しかし暖房費の節約というのは、実は裏技のようなものがあるわけではなく、基本的なことを押さえることで効果を大きくできるものなのです。

今回は忘れがちな暖房費節約の基本と役立つグッズをまとめてご紹介します。

 

暖気を逃がさない! 冷気を入れない!

せっかく暖房をつけていても部屋の外に逃げてしまったり、冷気が部屋に入ってきてしまっては無駄になってしまいます。

カーテンは閉めて、カーテンと床、カーテンと天井の隙間をできるだけ少なくするように、長さを調整しましょう。

またドアに隙間がある場合は、100均やホームセンターで売っている隙間テープがおすすめ。裏がシールになっているスポンジ状のテープです。
暖房費節約におすすめ隙間テープ

シールタイプの隙間テープで冷気を防ぐ

ドアの周りなどに手をかざし、冷たい空気が入ってくるようだったら、隙間テープを貼って塞ぎます。
ドアの下に隙間テープで暖房費節約に

冷気が入ってくるドアの下の隙間を塞ぐ

 

床からの冷気もカットする

カーペットやこたつの敷布団の下に、アルミシートを敷くのも効果的です。

例えば100均のダイソーでは180×180cmは300円(税別)、小さいサイズのものもあります。
アルミシートで暖房費節約

100円ショップやホームセンターで買えるアルミシート

アルミシートの下に段ボールを敷くとより効果的に。
暖房費節約になる段ボールとアルミシート

カーペットやこたつ敷布団の下に段ボールとアルミシートを敷くことで冷気カット

 

ルームシューズも100均の時代

靴下だけでなくもう1枚ルームシューズを履くと、足先から体全体がポカポカしてきます。こちらのルームシューズはダイソーで100円(税別)。
ルームシューズを履くことで暖房費の節約になる

左右1セットで100円(税別)のルームシューズ

裏もしっかりと滑り止めがついているので安心です。
ルームシューズを履くことで暖かくなり暖房費の節約

100円なのに裏に滑り止めがついているダイソーのルームシューズ

 

着ていることを忘れるダウンベスト

自分が厚着をすれば暖房をつけずに済むという当たり前のことですが、家の中でモコモコと厚着をすると動きづらくなるかもしれません。

そこでおすすめなのが、ユニクロのウルトラライトダウンのベスト。
 
ユニクロのウルトラライトダウンベストで暖房費の節約

保温効果絶大なのに着ていることを感じない薄さのダウンベスト

こちらの襟無しのものなら、パーカーやトレーナーの下に着ても厚みを感じないほどに薄く、それでいて暖房効果は絶大。暖房器具の一つとして考えていいほどです。

動きを制限することもないので、一人一枚持っていると家の中でも外でも便利に使えます。


どれも当り前のようなことですが、意外と実行していない人も多いのではないでしょうか。

「自分を暖める」、そして「冷気をカットする」という基本を押さえることで、暖房費の節約は大きな効果を生みますので、この冬は是非お試しください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。