毎日の家事は本当に大変ですよね。できればラクをしたいものです。

最近は手抜き家事、時短家事も話題となっていますが、そんななか、ふきんや雑巾を使わない人が増えてきました。ふきんは使っているうちにイヤな臭いがしてきますから、清潔に使うためにはこまめな漂白など手入れする手間もかかります。

ふきんが面倒だからと、キッチンペーパーやティッシュペーパーを1回ずつ使い捨て感覚で使う人も多いと思いますが、ふきんのような使用感なのに、繰り返し使えて、気楽に使い捨てることができる「台ふきん」が今、注目されています。

 

おすすめ! ニトリの厚手台ふきん(カウンタークロス)

箱から1枚ずつ取り出している様子

1箱に厚手クロスが30枚入り


カウンタークロスとは、従来業務用としてよく使われていました。ファミリーレストラン等で見かけたことがある人もいるのではないでしょうか?

そのカウンタークロス(使い捨てふきん)が、最近、家庭用として注目されるようになってきました。業務用として販売されている物は100枚セットなどと大量でかさ張る物も多く、またカラーもグリーンや青でインテリアに馴染まない物でした。

その点、ニトリの「厚手台ふきん」(税込407円)なら、生活感を感じさせないナチュラルカラーでおすすめです。
 
しっかりとした厚みでサイズは30cm×35cm

商品の表記ではグレーとなっていますが、実際はベージュに近い色味


しっかりと厚みがあり、サイズは30×35cm。4つ折りにして使うとちょうど手に持ちやすいサイズ感です。素材はポリエステル、レーヨンで吸水性もよく、油汚れも拭き取ることができます。

 

吸水性がよくて素早く乾く

水はねの水分もしっかりと吸収するカウンタークロス

水はねの水分もしっかりと吸収するカウンタークロス
 

シンクで洗い物をすると、あちこちに水が飛んで濡れてしまうもの。そんな時、1回ずつキッチンペーパーを使い捨てるより、繰り返し使える方が経済的です。水はねをその都度拭き取らないと、水垢として汚れが付着する原因にもなるため、こまめに拭き取ることでシンク回りの劣化防止にもつながります。
布巾を洗って乾かしている様子

洗って乾かして数回利用できる


使った後は、洗って乾かすと繰り返し使えます。綿素材のふきんと比べると、かなり速く乾くので雑菌が増殖しづらいのも魅力です。

私は朝、新しい物を出し1日に1枚ずつ使うようにしていますが、交換の頻度はそれぞれの価値観でいいと思います。使い終わったクロスは、1日ではまだまだ使える状態なので、その後は掃除用にしています。家中の気になる汚れをササッと拭いて捨てるので、汚れをためないうちに掃除をする習慣にできるのもいいですよ。

自分なりのルーティーンを決めて、家事や掃除に取り入れるのがおすすめです。

 

おしゃれなパッケージを活かしてもOK

調理スペースに近い引き出し内に収納

調理スペースに近い引き出し内に収納


私は、このニトリの厚手台ふきんをパッケージのまま、キッチンの調理スペースに近い引き出し内に収納しています。パッケージもシンプルでおしゃれなので、出しっぱなしにしても大丈夫ですよ。

ティッシュペーパーやキッチンペーパーの使い捨てもいいですが、しっかりと吸水性があり、繰り返し使えるカウンタークロス(使い捨てふきん)を、うまく日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「夫が不倫→離婚してシングルマザーになった」「実家の空き家を整理した」「自宅をスマートホーム化した」「妻と死別してお一人様になった」「家族で地方に移住した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!
登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。