【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。
※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
 今回の回答者:藤本シゲユキさん

 今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:デートの行き先や日程など、何でも私が決める流れをどうにかしたいです

お悩み:彼氏が優柔不断でうんざり。何でも私が決める流れをどうにかしたいです

お悩み:彼氏が優柔不断でうんざり。何でも私が決める流れをどうにかしたいです

■みほこさん(34歳・一般事務)のお悩み
デートの日程や行き先など、まったく決めてくれてない彼氏にイライラが募っています。
 
日程を聞けば「あわせるよ」、行き先を相談すれば「どこでもいいよ」、食べたいものを聞けば「なんでもいいよ」。実際、私の選択に文句を言ってきたことはないのですが、それでもモヤモヤします。
 
私だって、いつも行きたい場所や食べたいものがあるわけではありません。なんとか決めていることも多いです。
 
それなのに、彼氏は「自分はいつも彼女の好きにさせてあげている優しい彼氏」だと思っているようです。このあいだは「男は女の尻に敷かれるほうがうまくいくからね」と、得意げに言っていました。
 
候補を2つあげて、どちらかを選んでもらったり、「あなたに決めてもらったほうが嬉しい」と伝えたりしたこともありますが、とても時間がかかって、それはそれで一苦労でした。
 
この彼と付き合い続ける限り、なんでも私が決める流れは変えられないのでしょうか。どうすれば彼も少しは決めてくれるようになるか、アドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:極度に優柔不断な人は基本、「自分がない」

アドバイス1:極度に優柔不断な人は基本、「自分がない」

アドバイス1:極度に優柔不断な人は基本、「自分がない」

けっこう厄介なタイプの人ですね。はっきり言ってしまって申し訳ありませんが、このタイプの人って「自分がない」んですよ。つまり、「自分がどうしたいかがない」ので、極度の優柔不断なんです。
 
あと、これは彼のことを悪く言うわけではありませんが、極度の優柔不断な人がどういう人なのか、下記に記載させていただきます。
  • 小さな選択でも迷う
  • 大きな決断はできない
  • 冒険できない
  • とにかく人任せ
  • すぐ人に流される
  • 自分がないから深く物事も考えない
  • 自分の意見を言わない
  • ものすごく頼りない
「これ、私の彼氏じゃん!」と思われたかもしれませんが、優柔不断な人って男女問わず、これらの項目に該当するんですよ。
 
彼らは今までそういう生き方をしてきて、もう完全に癖づいてしまっています。彼に対しても、「あなたに決めてもらったほうが嬉しい」というような優しい言い方では、何も変わらないと思います。
 

アドバイス2:はっきり思いを伝えて、反応を見てみては

もうすでに、かなり彼に対してイライラされていらっしゃるようなので、そろそろはっきり言ってしまってもいいのではないでしょうか。たとえばこんな感じで。
  • 「ちょっとは自分の考えとかないの?私、自分がない人とか無理なんだけど」
  •  「ほんと、優柔不断だよね。いつも私ばっかり決めて疲れたから、ちょっとはあなたが考えてよ」
  •  「そうやっていつも私任せにしてるけど、それって優しい彼氏でも何でもなくて、ただ決めることを放棄してるだけだよ」
  • 「男は女の尻に敷かれるほうがうまくいくなんて、それは頼りない男が言う台詞だよ」
  • 「ここまで決められないのはヤバいって、ちょっとは自覚したほうがいいと思うよ」
いかがでしょうか。
 
「でも、ここまで言ったらブチ切れられそう……」と思われたかもしれませんが、ブチ切れるなら全然マシです。だって、それは「自分がある」ということだから。むしろ「ちゃんと自分の意見言えたじゃん!」と、ほめてあげていいぐらいです。
 
逆にだめなのは、だんまりを決め込む、愛想笑いですませる、へらへらと謝る、無視する、逃げる、などのリアクションが返ってきたときですね。
 
この場合、自分の何がいけないかもわかっていないし、改善する気もないので、厳しいようですが、別れることも視野に入れたほうがいいのではないでしょうか。
 
現実を突きつけるようで心苦しいですが、共に人生を歩く人が優柔不断すぎると、ものすごいお荷物になりますよ。だって、常に相手の代わりに決断しないといけないわけですからね。
 

アドバイス3:彼を変えるには、時間と根気と労力が必要

とはいえ、ここまではっきり言うことに抵抗がおありかもしれませんし、もしまだイライラがピーク状態ではないなら、段階を踏んだほうがいい場合もあります。
 
その場合は、「実家暮らしで家族と仲が良すぎる彼。結婚相手となると不安です」というお悩みにお答えしたときの、下記の質問を彼にし続けてください。
  • 「なんでそう思うの?」
  • 「その考えになったのはどうして?」
  • 「今のどう思った?」
  • 「あなたはどう思う?」
  • 「あなたはどうしたい?」
最初は、みほこさんの意見を聞き返してくることが多いでしょうが、「私じゃなくて、あなたはどうなの?」と返し続けてください。
 
それから、今まで優柔不断な人生を歩んできた人だと思うので、そんなにすぐ変化は表れないと思っておいてください。どうしても、時間と根気と労力が必要になります。
 
それをし続けてもなにも変わらず、イライラが限界値に達したときは我慢せず、前述のようにはっきり言うといいのではないでしょうか。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏の元カノにどうしても嫉妬してしまいます
Q.ちょっとモメるとすぐ「ごめん」と謝る彼氏に腹が立ちます
Q.私より男友達を優先しがちな彼氏。イライラします

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。