定年60歳までに現状を維持できれば4000万円は貯金できそうです

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、唯一の家族であったお母様を亡くしてしまったという看護師の女性。今後のお金についての漠然とした不安が拭いきれない、といいます。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
お金についての漠然とした不安が拭いきれない

お金についての漠然とした不安が拭いきれない



■相談者
天涯孤独さん(仮名)
女性/会社員/50 歳
東京都/持ち家(マンション)
 
■家族構成
なし
 
■相談内容(原文まま)  
昨年、唯一の家族であった母を亡くし、親戚もおらず、天涯孤独の身となりました。友人はいても人に頼れない性格なので、お金が頼みの綱です。現在、病院の看護師として勤務しており、定年60歳までに現状を維持できれば4000万円は貯金できそうですが、今後の物価や税金の上昇は避けられず、漠然とした不安が拭いきれません。母という生きがいを失くし、趣味もなく、何か楽しいことを見つける気にもなれず、健康を維持できるように適度な運動と家事・自炊の中で楽しみを見出して日々を過ごしています。

ねんきん定期便では、年間196万4000円。65歳以降の生活費は15万円前後で、現在の水準を維持する予定です。将来、老人ホームに入るつもりはなく、必要な場合は在宅医療で最期までと考えています。状況によっては、24時間体制で家政婦を雇う余裕資金があれば安心です。

難しいかとは思いますが、お金の収支がほぼトントンで、その他も第三者へのご迷惑が最小限で済むよう、きれいに整理して今生の人生を終えることが目標です。私の考えている老後のイメージを実現するのに、約4000万円程度の貯金以外に投資や副業をする必要性があるかどうか、助言をいただけると幸いです。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

■家計収支データ
相談者「天涯孤独」さんの家計収支データ

相談者「天涯孤独」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)住居費について
住宅ローンは完済。

(2)年金について
受給額は、65歳から受給した場合の年金額。

(3)お勤めについて
職場の定年は60歳です。再雇用制度はあり。65歳まで現在と同じペースで働く予定。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 しばらくは無理せず、生活のペースを維持して気持ちを整えて
アドバイス2 家計に無駄もなく、貯蓄の不安もないが、できるだけ長く働いて
アドバイス3 生前整理の相談と終末介護の希望をまとめておく
 

アドバイス1 今は無理せず、生活のペースを維持して気持ちを整えて

最愛のお母さまを亡くされたこと、心からお悔やみ申し上げます。悲しみは時間が解決すると言いますが、その時間は人それぞれです。しばらくは無理せず、生活のペースを崩さないことだけ、気をつけてくださいね。お母さまとご一緒の生活が長かった分、お一人での暮らしは慣れないかもしれませんが、健康維持のために運動をされたり、家事をしっかりとされていること、それだけで十分だと思います。
 
そうした状況でも、仕事を続けられておられ、貯蓄もしっかりされているのは、ご立派です。気持ちを整理しつつ、これからの人生を楽しむ「何か」を見つけられるように、応援しています。
 

アドバイス2 家計に無駄もなく、貯蓄の不安もないが、できるだけ長く働いて

家計を拝見すると、本当に家計に無駄がなく、これ以上、切り詰める必要も、投資や副業をする必要もありません。逆に、少し生活を緩めてもいいのではないでしょうか。ボーナスは自由に使ってもいいと思います。
 
毎月20万円の貯蓄で、60歳までの10年で2400万円貯められます。現在の資産2200万円を加えると4600万円が老後資金として残せます。65歳の年金受給までの5年間は貯蓄からの取り崩しになりますが、年150万円として750万円。65歳時点で3850万円、日々の生活は年金で十分賄えます。
 
この先、勤務先の経営状況が心配とのことですが、可能な限り勤めあげ、貯蓄を残しておくことが、何よりの安心になるのでしょう。また、60歳で退職となっても、できればパートやアルバイトで構いませんから、長く働いてほしいと思います。65歳まで再雇用で働けるなら、それがベストですね。説明したように、金銭的な問題はありませんが、社会とのつながりを持ち続けることが、大事だと思うからです。
 

アドバイス3 生前整理の相談と終末介護の希望をまとめておく

ご本人の最大の目標が、「きれいに整理して、今生の人生を終えること」とあります。そのためには、少しずつ生前整理をしておくことをおすすめします。気持ちを整える意味でも、エンディングノートなどを用意して書き留めておくだけでもいいでしょう。
 
最終的に、自宅で24時間体制の介護をご希望されるのであれば、住み込みの家政婦にかかる費用(東京都であれば、1万5000円~2万円/日ぐらいでしょうか。年間で500万~700万円になります)を見込んでおく必要もあります。今は、老人ホームもさまざまなタイプがあります。自宅で過ごすように暮らせる施設もありますから、見学などしてみてもいいのではないでしょうか? マンションの売却資金を入居費用に利用することもできます。いずれにしろ、まだまだ先の話ですから、多くの選択肢を検討してみてもいいと思います。
 
もうひとつ、天涯孤独さんの場合、ご親族もいらっしゃらない、ということですので、相続財産をどうするかも考えておくといいでしょう。相続人がいない場合、最終的には国庫に入ります。そう思えば、もう少し生活費に使ってもいいと思いますし、時々は旅行に出かけるなど、自分のためにお金を使っていいのではないですか?
 
経済的には問題ありませんから、今はゆっくりとした生活を大事にされ、落ち着いたら、これからのご自分の人生を楽しむようになられますよう、お祈りしています。
 

相談者「天涯孤独」さんから寄せられた感想

素人なりに老後資金を計算しイメージをつけておりましたが、何か計算で見落としがないかどうか漠然とした不安がありました。今回、資金面では心配がないことを再確認でき、安心致しました。先生が仰るように、社会との繋がりの重要性は個人的にも強く感じております。可能な限り、働き続けたいと思っております。深野先生、この度は貴重なアドバイスを有難うございました。
 
★「お金の悩みを解決!!マネープランクリニック」の過去記事はコチラへ
★「お金のことで悩む人に、貯金のコツを伝授!貯蓄達人の貯めワザ」はコチラ

教えてくれたのは……
深野 康彦さん
  
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/伊藤加奈子


【関連記事をチェック】
53歳一人暮らし貯金120万円。事情があり貯金ができておらず、ここ2年間で貯め始めました
50歳会社員、貯金6200万円。退職勧奨年齢になり早期リタイアを考えています
55歳保育士、貯金600万円。障害年金の対象となるケガを抱えて今後が不安です
50歳で独身、派遣勤務。貯金は5900万円ありますが、老後が不安です
56歳会社員、貯金1000万円。一人暮らしをしたことがなく老後が不安に
52歳で8000万円。貯蓄達人の原点は、子どもの頃のお年玉定期 !?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。