悪意あるWebサイトへのリンクをうっかりクリックして痛い目を見たことがある人は少なくないのでは。

今回は、そうしたWebサイトの安全性をチェックしてくれるフリーソフト「McAfee SiteAdvisor」の紹介です。

=CONTENTS=
■「McAfee SiteAdvisor」とは
「McAfee SiteAdvisor」機能紹介


「McAfee SiteAdvisor」とは

「McAfee SiteAdvisor」はマカフィーが提供する、Webサイトの安全性をチェックする無料のツールです。
⇒ダウンロードはこちらから

「McAfee SiteAdvisor」
インストールした「McAfee SiteAdvisor」は、Internet Explorerなどのブラウザ中に画面のようなボタンとなって表示される

Webサイトのなかには、アクセスするだけで自分のPC内にある個人情報を盗まれたり、ウィルスに感染したりする悪意あるプログラムが組み込まれたものがあります。また、フィッシングや架空請求などのいわゆる「オンライン詐欺」サイトも存在します。「McAfee SiteAdvisor」は、アクセスする前にリンク先サイトをチェックし、安全性を調べてくれるソフトです。

検索結果
googleやヤフーなどの検索エンジンの結果画面にも、サイトごとに「McAfee SiteAdvisor」がその安全性を示してくれる

一度インストールしてしまえば特段の操作を必要としないので煩わしさを感じることもないと思います。

セキュリティ対策ソフトは問題が起きた後の解決を重心が置かれていることが多いのですが、このソフトは事前の危険回避をメインにしているため、従来のセキュリティソフトを補完する意味でも導入の効果は高いといえるでしょう。

次のページでは、「McAfee SiteAdvisor」の機能メニューを項目別に紹介します!