日本代表・Jリーグ

東京五輪への競争が新局面へ。瀬古歩夢は注目株だ!

東京五輪へのサバイバルが、新たな局面へ突入する。男子サッカーの五輪代表候補チームは9月に北中米へ遠征するが、そのメンバーが注目を集めている。セレッソ大阪の瀬古歩夢は、代表入りが期待されるひとりだ。

戸塚 啓

執筆者:戸塚 啓

日本代表・Jリーグガイド

セレッソ史上最年少で公式戦にデビュー

2000年6月生まれで19歳の瀬古歩夢(せこ あゆむ)は、2017年5月にセレッソ大阪のクラブ史上最年少で公式戦デビューを果たした。日本代表には中学生年代から選ばれてきたディフェンダーで、早くから将来を嘱望されてきた選手のひとりだ。
 
瀬古歩夢

U-20W杯でチームのベスト16進出に貢献した瀬古歩夢(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

成長速度がグッと上がったのは今年の春だ。5月上旬にJ1リーグ戦へのデビューを飾ると、直後のU-20(20歳以下)ワールドカップのメンバーに選出される。最終ラインをまとめるセンターバックの一角を担い、チームのベスト16進出に貢献した。
 
所属するセレッソ大阪では、U-20W杯後の6月末からポジションを確保している。瀬古は183センチの高さがあり、左右どちらの足でも正確なキックを蹴ることができる。セレッソは24節終了時点で失点がリーグ最少タイとなっているが、ここまで9試合にフル出場している若武者の存在も、守備の安定につながっているはずだ。

チームを率いるスペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督も、「彼の年齢を考えると、驚きに値する能力を持っていると思います」と評価する。
 

二つの世代が五輪出場を争う

五輪の男子サッカー競技は、23歳以下の選手に出場資格がある。今回のチームは、2017年と2019年のU-20W杯に出場した選手を中心に構成される。

瀬古を含めた現在20歳以下の選手たちは、今春までU-20W杯に集中していた。同大会が終了した現在は、来夏の東京五輪へターゲットが変わった。東京五輪へのサバイバルは、新たな局面に突入したのだ
 
センターバックのポジションでは、17年U-20W杯組の冨安健洋の選出が有力だ。18年1月から19年6月までシントトロイデン(ベルギー)に所属し、8月開幕の今シーズンからイタリア・セリエAのボローニャへ加入したこの20歳は、森保一監督が率いる日本代表でもレギュラーポジションをつかんでいる。東京五輪ではディフェンスリーダーを任されるだろう。
 
五輪の男子サッカーでは、年齢制限に関係のないオーバーエイジの出場も3人まで認められている。12年のロンドン五輪と16年のリオ五輪では、3人のオーバーエイジのひとりはセンターバックだった。GK、センターバック、センターフォワードといったチームの背骨となるポジションに、オーバーエイジが起用される傾向は強い。
 
ひとつの参考になるのは、今年6月開幕のコパ・アメリカ(南米選手権)だろう。

森保一監督は東京五輪世代を中心としたチームを編成し、センターバックは植田直通と冨安がコンビを組んだ。94年10月生まれの植田は、16年のリオ五輪に出場し、18年のロシアW杯でも日本代表のメンバー入りした。同大会後は鹿島アントラーズからサークル・ブルッヘ(ベルギー)へ移籍した。186センチでフィジカルコンタクトに優れ、五輪も経験している彼は、オーバーエイジの候補のひとりと見られる。
 
冨安とともに17年のU-20W杯に出場した中山雄太(ズヴォレ/オランダ)、板倉滉(フローニンゲン/オランダ)らも、ヨーロッパで経験値を高めている。また、J1の清水エスパルスで昨シーズンから出場試合数を増やしている立田悠悟は、6月のコパ・アメリカで中山、板倉とともに日本代表デビューを飾った。21歳の立田は、191センチの長身もセールスポイントにする。
 
チームの中心となるセンターバックのポジション争いに、瀬古はどこまで食い込んでいけるか。香川真司、乾貴士、南野拓実らをヨーロッパへ送り込んだセレッソから、またひとり注目株が登場してきた。
 
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でサッカー日本代表関連の商品を見るAmazon でサッカー日本代表関連の商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます