トップ画像
Windows Defender
Windows Vistaへの標準搭載が予定されているセキュリティ対策ソフト「Windows Defender」(Vistaに搭載される際には『Microsoft Windows AntiSpyware』へ名称変更の予定)の日本語正式版が公開されました。PCのセキュリティというとすぐにウィルス対策をイメージしがちですが、最近深刻なのはむしろ、スパイウェアによる情報の漏洩やPCの機能低下。

スパイウェアってなに?という人はこれを機に導入してみてはいかがでしょうか。
見落としがちなスパイウェア対策を万全にして、快適なインターネットライフを楽しみましょう!

=CONTENTS=
■Windows Defenderとスパイウェアについて
「Windows Defender」をインストールする
「Windows Defender」でPCをスキャンする


Windows Defenderとスパイウェアについて

■スパイウェアとは何かを理解する

スパイウェアとはその名のとおり、個人情報などを勝手に収集して外部に送信するスパイのような役割を持ったソフトウェアです。インターネットを経由してPC内部に潜伏し、迷惑広告を表示させたり、Webブラウザからユーザーが入力したクレジットカードの番号など個人情報を盗み出したりします。
⇒詳しくは、Microsoft社のサイト「スパイウェアとは」参照

いわゆるウィルス(コンピュータウィルス)対策ソフトでは検出・駆除ができないことが多く、何の問題もないと思っていたPCを試しにスパイウェア駆除ソフトでスキャンしてみたら何十個という単位で見つかって仰天する、というユーザーも珍しくありません。
※もちろん最新のウィルス対策ソフトのなかには、スパイウェア駆除機能を併せて搭載したものも存在します。

またスパイウェアは勝手に動作するプログラムなので、その分PCのリソースが消費され、異常にPCの処理速度が遅くなるといった弊害も見られます。
いずれにせよ、スパイウェアという迷惑なシロモノとは無縁でいたいものですよね。

■Windows Defenderとは

こうした、スパイウェアをはじめとする迷惑ソフトを検出・防疫・駆除してくれる機能を持ったフリーウェアがWindows Defenderです。長らくβ版として改良を続けられてきましたが、この度、正式版がリリースされることになりました。
Microsoft社が認定する正規のWindows XPユーザーであれば無料で利用できますので、ぜひともインストールすることをおすすめします。

次のページでは、Windows Defenderのインストール手順について解説します。