雑誌イメージ
フリーソフト、雑誌で見つけるコツを教えます!
今回は、フリーソフトを探すツールの1つとして、「雑誌/書籍」をとりあげます。
コンピュータ雑誌のなかには、フリーソフトを収録したCD-ROMが封入されているものがありますね。そこで、フリーソフト入りCD-ROMが封入される代表的な雑誌名の紹介と、雑誌のCD-ROMからフリーソフトを導入する場合に気をつけるべきポイントについて見ていきましょう。

CONTENTS
■雑誌のCD-ROMを活用するメリットとデメリット
フリーソフトが入手できる雑誌はこれだ!


雑誌のCD-ROMを活用するメリットとデメリット

雑誌に封入されたCD-ROMからフリーソフトを入手することについては、以下のようなメリット・デメリットが考えられます。

【メリット】
  • 雑誌社が選んだという安心感がある
フリーソフトである以上、自己責任で使用しなければならないのは大原則です。しかし信頼できる出版社から発行された雑誌である以上、一定のクオリティを保つために編集者が封入するフリーソフトについても厳選しているのは確か。雑誌の誌面上で、CD-ROMに封入したソフトウェアについての解説がなされていることも多く、そのソフトウェアについて自分で探すよりも多くの情報を得ることもできます。

  • ソフトウェアの導入に際してPCのネットワーク環境に左右されない
インターネットを経由してソフトウェアをダウンロードする場合、ネットワークへの接続環境が大きく影響します。つまり、大きい容量のフリーソフトをナローバンドのネットワーク環境でダウンロードしようとすると、下手すれば何時間もかかることになり、場合によっては通信にかかる費用が莫大なものになる危険も。
ところが雑誌のCD-ROMのなかにフリーソフトのデータが入っていれば、ダウンロードの必要もなくなりますし、ネットワークに接続していないPCにもインストールできるわけです。

  • 雑誌に、ソフトウェアのインストールについて解説が掲載されていてわかりやすい
ほとんどの雑誌には、封入されたCD-ROMの扱い方やそのなかに収録されたフリーソフトの導入方法についての解説が掲載されています。フリーソフトを自分でダウンロードしてインストールするのが不安という初心者には、とくにありがたいことだといえるのではないでしょうか。

【デメリット】
  • 雑誌を購入する代金が発生する
雑誌を購入すればその購入費用がかかります。もちろんこれは、CD-ROMを含めた雑誌への対価であり、フリーソフトにお金を払っているわけではありません。しかし、結局は雑誌を購入しなければCD-ROMも使えないわけですから、フリーソフトの本来の魅力のひとつである「無料で入手できる」という要素は消えることになります。

  • 最新版でないフリーソフトが収録されている可能性がある
まずはじめに言っておきますが、フリーソフトは必ずしも最新版が素晴らしいとは限りません。ただし、ソフトウェアはバージョンアップを通じて現在の不具合を修正し、改良されていくのが一般的です。新しいバージョンのほうが性能や操作性が良いことが多いのは否めません。
雑誌に収録されたソフトウェアは、雑誌を発行する時点での最新バージョンになっています。よって雑誌の発売後、ネット上で新しいバージョンのそのソフトが公開されることもあるわけです。インストールする際には、総合ダウンロードサイトや作者のサイトでそのソフトウェアの更新履歴をチェックしてみることをおすすめします。

  • 違法行為に近い機能のソフトを使うきっかけになりうる
世の中には、音楽データの勝手なコピー・ダウンロードなどの違法な機能を搭載したフリーソフトが数多く存在します。雑誌やムックなどの書籍のなかには、違法行為に近いソフトウェアを紹介するものがあるのも事実です。便利だからという理由だけでこうしたダークサイドなフリーソフトの世界に足を踏み入れるのは、ガイドとしてはおすすめできません。


こうしたメリット・デメリットを踏まえて、次のページでは具体的にフリーソフトつきCD-ROMを封入した雑誌・ムックをいくつか紹介します。