モーレア島からタヒチ島が一望できる、とっておきの眺望スポット

モーレア島からタヒチ島が一望できる、とっておきの眺望スポット
 

南太平洋に浮かぶ島々、フレンチポリネシアは「地上最後の楽園」と言われるほど、手つかずの自然や美しい海が広がる、世界中の旅行者に人気の南国リゾートです。日本からフレンチポリネシアの中心に位置する「タヒチ」へは直行便があり、ほかの島々へのアクセスも便利。

これまでハネムーナーを中心に人気だったフレンチポリネシアへの旅。さらに、女子旅や1人旅でも十二分に楽しめる現地のオプショナルツアーやイベントなどをご紹介します。
   

絶景モーレア島でご当地グルメホッピングツアー

タヒチ島から船に乗って約30分、飛行機だとたった10分で行くことができるモーレア島。さらに美しい海や手つかずの自然を満喫できる場所です。
 
モーレア島内に点在するご当地グルメの人気店を車で巡る半日ツアー

モーレア島内に点在するご当地グルメの人気店を車で巡る半日ツアー
 

モーレア島で、島内のご当地グルメをいろいろ食べながらガイドしてくれるホッピングツアー「Moorea Food Adventures」。

ツアーを主宰する現地出身のガイドが、南国フルーツやスイーツ、ローカル中華など地元ならではのグルメ、タヒチで有名なジュース工場見学を案内してくれるほか、絶景ビーチでのピクニック体験もあります。
 
モーレア島屈指の超人気店「ALLO PIZZA」のピッツァ

モーレア島屈指の超人気店「ALLO PIZZA」のピッツァ
 

例えば、モーレア島の幹線道路沿いにあるピッツァ店。営業時間中は客足が絶えない、観光客のみならず地元でも人気が高いお店です。タヒチでメジャーなマグロやパイナップルをトッピングしたピッツァは、本格的な窯で焼いたできたてを楽しむことができます。
 
定番のリゾート旅にとどまらない、現地人が通うタヒチならではのローカルグルメをあれこれ味わいたい、欲張りな旅人におすすめのツアーです。
 
 

タヒチアンダンスの憧れ、年に一度の祭り「ヘイヴァ・イ・タヒチ」

タヒチの伝統文化といえば、「タヒチアンダンス」が有名。ハワイのフラダンスの起源であり、エキゾティックで情熱的に踊るダンスは、日本でも近年、全国各地でスクールが開催されるなど注目が集まっています。
 
最高レベルの本場タヒチアンダンスが観られるイベント「ヘイヴァ・イ・タヒチ」(写真は2019年)

最高レベルの本場タヒチアンダンスが観られるイベント「ヘイヴァ・イ・タヒチ」(写真は2019年)
 

世界中のタヒチアンダンス関係者が憧れるイベントが、フレンチポリネシア最大のお祭り「ヘイヴァ」です。
 
毎年6月から7月にかけ、さまざまな催しが行われるなかで、最大の見どころがタヒチアンダンスのコンテスト。国内外からプロとアマチュアが大勢集う、真剣勝負のコンテストが数日にわたってタヒチ島のパペーテ中心部の特設会場で繰り広げられます。
 
「ヘイヴァ・イ・タヒチ」は、タヒチで130年以上続く歴史あるイベント

「ヘイヴァ・イ・タヒチ」は、タヒチで130年以上続く歴史あるイベント
 

一般向けのスタンド席も設けられ、入場チケットは早々に売り切れるほどの人気。半年以上、もしくは数か月前から「ヘイヴァ・イ・タヒチ」に合わせてのタヒチ旅行を計画すれば、旅の楽しさが倍増します。
 
 

2019年9月から日本線に就航! 最新「787ドリームライナー」

 日本からタヒチへは、「エア タヒチ ヌイ」が週2便、直行便を運航しています。

特に、冬期スケジュールでは、成田空港発が17:40、成田空港着は朝8:00なので、往路・復路ともに、日本全国の主要都市から同日に乗り継げる利便性のよい運航スケジュールとなっています。

機内に入った瞬間から「タヒチ」が満喫でき、日本人の客室乗務員も乗務するなど、サービス面でも定評があります。
 
エア タヒチ ヌイの日本線でも運航される最新の飛行機、通称「ドリームライナー」

エア タヒチ ヌイの日本線で運航される最新の飛行機、通称「ドリームライナー」


また、2019年9月から、日本線に最新鋭の「ボーイング787型機」が投入されます。真新しい機内やシート、飛行時間も若干短くなるなど、利用客にとってメリットが多々あり、日本~タヒチ間のフライトの快適性がグッと向上します。
 
詳しくはこちら

DATA
エア タヒチ ヌイ

便数:成田発直行便 週2便
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。