文字を太字にしたり斜体にしたり装飾したい

※HTMLタグの使用が許可されている掲示板なら、BタグやIタグは使用できる場合が多いでしょう。 どちらにしても、書き込む前に「ヘルプ」などで本当に使えるかどうか確認することをお忘れなく。

<B> 文字を太字にするときに使用

最初に、文字を太字で表示させる方法を見ていきましょう。
上段がHTMLの記述方法、下段がその表示のされ方です。

◆太字にする
●記述
これは<b>太字サンプル</b>です。
●見え方
これは太字サンプルです。

非常に簡単ですね。太字にしたい文字を <b> と </b> で挟むだけです。
※「重要である」ということを示したいのであれば、<em>タグや<strong>タグを使うべきなのですが、 掲示板などでは許可されていない場合が多いので、<B>タグを使いましょう。(もちろん<B>タグも禁止されている場合もあります。)

<I> 文字を斜体にするときに使用

次に、文字を斜体で表示させる方法を見ていきましょう。
上段がHTMLの記述方法、下段がその表示のされ方です。

◆斜体にする
●記述
これは<i>斜体サンプル</i>です。
●見え方
これは斜体サンプルです。

非常に簡単ですね。斜体にしたい文字を <i> と </i> で挟むだけです。

<S> 文字に取消線を引くときに使用

次に、文字に取消線を引く方法を見ていきましょう。
上段がHTMLの記述方法、下段がその表示のされ方です。

◆取消線を引く
●記述
これは<s>取消線サンプル</s>です。
●見え方
これは取消線サンプルです。

非常に簡単ですね。取消線を引きたい文字を <s> と </s> で挟むだけです。

<U> 文字に下線を引くときに使用

次に、文字に下線を引く方法を見ていきましょう。
上段がHTMLの記述方法、下段がその表示のされ方です。

◆下線を引く
●記述
これは<u>下線サンプル</u>です。
●見え方
これは下線サンプルです。

非常に簡単ですね。下線を引きたい文字を <u> と </u> で挟むだけです。
※文字に下線が引かれていると、閲覧者が「リンク」だと誤解してしまう可能性があります。あまり紛らわしい下線は引かない方が良いでしょう。

「装飾」というのは、スタイルシートで行うべきですが、掲示板の書き込みではスタイルシートの使用は許可されていない場合がほとんどです。


●メールマガジン発行中
毎週1回発行中。 メールマガジン上でしか読めない豆知識なども連載。 ご購読は無料。みなさんのご登録をお待ちいたしております。
登録・バックナンバーの閲覧はこちら