ハズキルーペ

かけた瞬間のインパクトは想像以上!細かい作業と戦う人たちの強い味方

 
恥ずかしながら、ついに私も始まっちゃいました。……そうです、老眼です。

年齢的なことも(といってもまだ40代半ばです!)ありますが、住宅の設計図面はたくさんの線が重なりあっている上に、注意事項があちらこちらに小さい文字で記載されており、1枚の図面を読み取っていると、結構神経を擦り減らすものなのです。

そして先日、仕上げなければならない図面作成仕事が連日連夜続き、眼精疲労から来る肩こりと頭痛でダウンしてしまい、さすがに困った私は、テレビCMで話題の「ハズキルーペ」を思い切って購入することに。
   

自分好みのデザインが選べる!

意外と知られていませんが、ハズキルーペはフレーム色が10色から選べるだけではなく、レンズの大きさ、拡大倍率、レンズの色が選べるようになっているんです。

私が選んだのは、現在使っている乱視用メガネの上からかけられるラージサイズの拡大率1.32倍のクリアレンズタイプ。フレーム色はブラックグレーにしました。

メガネの上から重ねてかけることができるので、今あるメガネを無駄にすることなく、手元の細かい文字を読みたいときにサッとハズキルーペをかけることができます。
 
ラージサイズ

メガネの上からかけられるラージサイズのハズキルーペ

 

本当に「世界が変わる!文字が読みたくなる!」

結論から言うと「もっと早く買えばよかった!」という一言です。

ハズキルーペをかけて、書類や図面、ラフスケッチを見ると、今までぼんやりしていた文字やラインが一気に浮かび上がりました。なんだか世界が明るくなったような感覚になるので不思議でした(感想には個人差があります)。

テレビCMでは、イスの上に置いてあるハズキルーペを女性が誤って座ってしまっても壊れないという紹介がありますが、実際のところハズキルーペは耐荷重100kg(ラージサイズは80kg)の強度があるそうなので、私の場合、工具や資材が多いリフォーム工事の現場でも安心して持っていけます。
 

ハズキルーペは手軽にかけられる拡大鏡

ハズキルーペを店頭などで試せる場合もあると思うのですが、遠くのモノを見てしまうとものすごくボケてしまうため、「なんだこれ?」と思ってしまう方も多いと思います。

これはよくある誤解なのですが、ハズキルーペは手元の文字を読みやすくするための拡大鏡です。細かい文字を読んだり、細かい作業をしなければならない人にとっては、本当に助かるアイテムのはずです。

自分に合った拡大倍率とフレームサイズ・色をチョイスして、あなたも明るい世界を手に入れましょう!
 
DATA
Hazuki Campany | ハズキルーペ

フレーム色:10色(ニューパープル、ブラウン、ルビー、ブラックグレー、チタン、パール、赤、紫、黒、白)
レンズ色:クリアレンズ、カラーレンズ
レンズ倍率:1.85倍、1.6倍、1.32倍
本体重量:16.1g(クールサイズ1.6倍レンズ)~27.5g(ラージサイズ1.6倍レンズ)
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。