2019年7月から10月の期間は、穏やかな運勢。2020年にむけての準備期間にして

2019年7月~10月の間は大きな惑星の動きはなく、比較的穏やかな運勢です。12月3日に木星が射手座から山羊座へと宮を変えるので、2020年にむけての準備期間にしていくことをおすすめします。金運は後からついていくものですから、目先の利益にとらわれないことがこの期間の金運アップの秘訣。7月~10月の金運アップ術を神秘研究家・占星術師の小泉茉莉花さんがお教えします。

★後半の星座の金運アップ方法はコチラ
12星座別!2019年7月から10月の金運アップ方法【天秤座~魚座】


 
2019年7月~10月の金運アップ術は?

2019年7月~10月の金運アップ術は?

 

牡羊座

自分の夢のためにお金を使おうという前向きな気持ちになるとき。ライフワークとしてやっていきたいと思うことを深く掘り下げていくと得る物が多いでしょう。専門書を買ったり、セミナーにでたりするための資金は惜しまずに。海外留学なども視野にいれるのもよさそう。瞬発力抜群だけど長期戦が苦手な牡羊座なので2019年後半に全力投球、2020年はさらに飛躍するために新たな目標をたてると成功率が高そう。

金運アップグッズ 外国のチョコレート
 

牡牛座

地道に頑張ってきたことが大きく花開くとき。大抜擢されたり、認められたりなど、金運アップのチャンスがやってきそう。慎重すぎる牡牛座は考えているうちにチャンスを逃すことが多いのですが、この期間は比較的スピーディに行動できるときなので、自分で自分にブレーキをかけないように、チャンスとみたらしっかりつかんでおきましょう! つかんでから考えても遅くありません。人からすすめられた物は購入を検討してみる価値あり。

金運アップグッズ 鈴
 

双子座

パートナーが金運アップのチャンスをもたらしてくれるとき。ひとりで頑張らずにプライベート&オフィシャルなパートナーに相談してみましょう。お金関係に強い人ならいうことなしです。結婚運がいいときでもあります。結婚が視野に入ったら、結婚資金のための貯金もスタートさせること。人任せではなく、盛大でなくてもいいので、自分が納得いくような結婚式や新婚旅行をすることが今後の結婚生活を幸せなものにする秘訣。

金運アップグッズ リボン
 

蟹座

スタートでつまずいたことほどうまくいく秘訣。ムダなお金を払うことになる恐れもありますが、その失敗を糧にして頑張れば回収可能です。大きな収穫も期待できますから、あきらめないことが大事。特に、仕事運は好調なので、自信をもって大丈夫。知的好奇心が旺盛になるときでもあります。学ぶのに遅いということはないので、仕事に役だつお勉強を始めましょう。資格や免許取得のための投資はおしまずに。

金運アップグッズ ノート
 

獅子座

仕事運がスムーズとはいきかねるときなので、楽しいことへと現実逃避したくなるとき。この期間はレジャー運がいいので、特に、魅力的なお誘いが多く、そんな気分になりがち。逃げても何の解決にもなりませんし、浪費にもつながりますから、大変でも立ち向かっていくこと。使うためには稼ぐことが先決。ただし、獅子座の大好きな一番をとろうと頑張ると心身ぼろぼろになる恐れありなので、少し肩の力をぬいていきましょう。

金運アップグッズ 印鑑
  

乙女座

この期間は散らかった部屋にいることが、浪費につながります。整理整頓好きな乙女座ですから、忙しくて片づけられないとストレスが余計にたまる恐れ。思い切って一日使って、すっきり片づけましょう。部屋がすっきりすると頭の中もすっきりして、金運アップのいいアイディアがうかびます。押し入れや引き出しの奥からお宝発見も。インテリアに投資がラッキーなときでもありますから、思い切って部屋の模様替えをするのも大賛成。

金運アップグッズ 寝具
 

★後半の星座の金運アップ方法はコチラ
12星座別!2019年7月から10月の金運アップ方法【天秤座~魚座】


教えてくれたのは……
小泉茉莉花さん  
 
 

 

占星術・神秘研究家。大学時代に偶然に手にしたタロットカードが神秘の扉を開き、タロットカード、西洋占星術、月占術、魔法など、神秘の研究を開始する。多くの雑誌でレギュラー連載を持つほか、『運がよくなる 日本のしきたり』(三笠書房)、『夢占い』共著(実業之日本社)、『幸運と魔法の月星座占い』(梧桐書院)など、著書多数。また、CD-ROMや家庭用ゲームソフトも手がけ、マルチメディアでも活動を展開している。小泉茉莉花オフィシャルサイト 




【関連記事をチェック】
2019年に金運アップするラッキーカラーの財布&縁起モノとは?
金運キャッチ体質を作る!お金を引き寄せる4つの習慣​​​​​​​
金運アップを叶える!夢に現れる15のシンボル

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。