ランチは節約しようと思えばできますし、何も考えないでいるとエンゲル係数がうなぎ上りになってしまいます。一体どのようにランチ代を節約すればよいのでしょうか? お金と時間の両方を節約できるランチの方法を考えてみました。
 

お弁当は食材アレンジで手間を少なく、コスト減!

ランチ代を節約するための王道とも言えるのが、お弁当を持っていく方法です。しかしながら、お弁当のために食材を準備することで、余計にコストが掛かってしまい、意外と節約に繋がらないことも。そこでおすすめなのが、晩ご飯のおかずをランチに使い回すという方法です。

晩ご飯のおかずをそのままお弁当に入れてもよいのですが、違う具材と和えて別のおかずに生まれ変わらせる、卵とじにするのもよいですね。ハンバーグやミートボールであれば、細かくしてひき肉のように使う、反対にひき肉をハンバーグやミートボールにするという方法もアリです。

お弁当にルールはありません。節約を意識して食材を使い回すのもよし、自分が食べたいものにアレンジするのもよし。ぜひ、自分なりにできるお弁当スタイルを考えてみてください。
 

3万円もお得に!? ランチクーポンをフル活用!

仕事の都合や友達付き合いで外食派という人も多いことでしょう。そのような人なら、クーポンを利用して割引価格で食事を楽しんでみてはいかがでしょうか?

レストランやカフェでは、クーポンを発行しているところが多くあります。アプリ等を活用して、会社の近くで利用できるクーポンがないかをチェックしてみましょう。

また、地域によってはランチパスポートといって、冊子を購入して割安価格でランチを楽しむことができます。利用方法は簡単。コンビニやネットショップでランチパスポートを購入し、掲載されているレストランやカフェにパスポートを持参すれば、常にお得な値段で食事ができるというものです。

パスポートの価格は1000円程度なのですが、人気のランチパスポートはオークションなどで高額で売買されることもあるのだとか。

たとえば「ランチパスポート神保町・神田版Vol.16」の場合、アマゾンでの購入価格は1000円※。利用可能期間は2019年4月15日~2019年9月14日までで、ランチ130品以上、上手に使えば利用できる期間で3万円もお得になる計算です。※価格は6月20日時点でのものになります。

利用エリアも神保町、神田の他に秋葉原や水道橋、飯田橋までカバーされていますので、よく行くお店が対象店になっているのなら、購入を考えてもよいのでは?
 

デリバリーでお金と時間を節約!

外食派の変形バージョンともいえるのが、ランチをデリバリーする方法です。ある程度の個数があると割引してくれるお弁当屋さんもありますし、デリバリー料金をサービスしてくれるところもあります。

また『出前館』などのデリバリーサイトでは、ランチタイムに割安価格で商品を提供しているお店があります。一定金額以上であればデリバリー料金は無料になるお店も多く、Tポイントも貯まりますし、クレジット決済にすればクレジットカードのポイントだって貯めることができます。

さらに一定期間のオーダー数によってランクも変わるので、お得な割引サービスが受けられることもあるのです。ちょっと変形すぎる? 節約方法かもしれませんが、デリバリーはお金だけでなく、時間の節約にもつながります。たまには、仲間と一緒にデリバリーランチをしてみるのもよいかもしれません。
 
ランチの節約

デリバリーはお金の節約だけでなく、時間の節約にも大いに役立つ!


多くの人が考えるランチ代の節約。方法はいろいろとあると思います。今回挙げた3つは、簡単に始められることばかりです。どれか1つに絞ってもよいのですが、いろいろな方法をミックスし、仲間と一緒に楽しみながら節約できる方法を考えてみてくださいね。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。