貯蓄できない家計からどうすれば脱出できるでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、ずっと赤字家計のため貯蓄ができず、自分名義の貯蓄も使い切ってしまった39歳の主婦の方。さらに夫はお金について無関心でレジャー好き。子ども3人は今後さらに教育費がかかるため、貯まる要素がない状況。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

【編集部からのお知らせ】
オールアバウトでは住宅・教育に絞った家計のシミュレーション診断を行っております(相談は無料です)。診断希望の方は以下のフォームからご応募ください。
・住宅購入や繰り上げ返済などの住宅ローンの試算はこちら→『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら→『教育のお金シミュレーション診断』
貯金はゼロ、一刻も早く貯金体質になりたい

貯金はゼロ、一刻も早く貯金体質になりたい




■相談者
たあーたさん(仮名)
女性/パート/39歳
九州/持ち家・一戸建て
 
■家族構成
夫(会社員/46歳)、子ども3人(中学生1人、小学生2人)
 
■相談内容
毎月赤字で、独身のときの私の貯金や解約した養老保険で補てんをしている状況です。家計全般は夫が無頓着で管理しようとしないので、必然的に私がしていますが、一番下の子が小学校に入学したことで少し余裕ができ、家計簿がつけられるようになりました。それまでは、全体像を把握しきれずカード払いの遅延があったり、夫が旅行に行きたいといいだすと、車検や税金などのために貯めておいたお金などを使ったりして、支払のときに私の貯金を大きく崩すことになっていました。結婚して10年以上ですが、私の貯金もすでに300万円は生活費等で消えています。
 
それとは別に3年前に解約した養老保険の積立金が160万円ありましたが、生活費や旅費の補てんで今は残り30万円(私の名義の貯蓄のため、家計の資産には加えていない)となりました。いつも足りないと毎月5万から7万円程度補てんに使っていたためです。
 
また、3年前に保険相談をして、掛け換えたもの(夫の生命、医療、収入保険が1万8000円。私の医療、生命保険が1万1000円。共に65歳払込済終身)が負担に感じており、共済に換えようかと思っています。私は3~5時間のパートをしており、一番下の子どもが高学年になったらもっと長時間働くつもりでいますが、今すぐは無理だと感じています。
 
■家計収支データ
相談者「たあーた」さんの家計収支データ

相談者「たあーた」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使いみちについて
固定資産税10万円、クルマの維持費(保険、税金、車検など)5万円、カードの支払い10万円、残りは生活費の補てん
 
(2)住宅ローンについて
・ローン開始年 2008年
・購入物件 中古一戸建て
・借入額 2000万円
・返済期間 35年
・金利 3年固定 1.2%

固定資産税額(年間)8万円
 
(3)加入保険について
●夫
・保険1/生命保険(終身タイプ、65歳払い済み、死亡保障250万円)=毎月の保険料6000円
・保険2/収入保障保険(保険期間65歳まで、無解約返戻金型、死亡保障・月15万円)=毎月の保険料4000円
・保険3/医療保険(終身保障、低解約返戻金型65歳払い済み、入院5000円、三大疾病特約、通院特約、先進医療特約)=保険料6000円

●妻
・保険1/生命保険(終身タイプ、低解約返戻金型、65歳払い済み、死亡保障200万円)=毎月の保険料5000円
・保険2/医療保険(終身保障、無解約返戻金型65歳払い済み、入院5000円、三大疾病特約、通院特約、先進医療特約)=保険料6000円

●子ども
・子ども共済=毎月の保険料1000円×2人
・学資保険(17歳満期、満期金200万円)=毎月の保険料1万1000円×3人
 
(6)上記データに含まれない不定期の家計赤字要因(昨年例)
・国内旅行で12万円×2回
・子どもの卒業入学が重なり、臨時の出費があった。
・歯の治療中で、毎月医療費に5000円から1万円程度かかった。
・夫が散髪代、洋服代、会社の飲み会代などを必要経費として小遣い以外で請求してくる。
 
(7)定年と退職金について
・60歳定年、65歳まで再雇用有り
・退職金制度有り、退職金1500万円
 
(8)夫の家計についての考え方
相談者コメント「主人には旅行を取りやめてほしいとお願いしていますが、あまり人の意見を聞き入れないタイプです。教育費や老後資金に関してもどうにかなるだろうと思っている様子です。主人は独身のときの税金や会社での提出書類、生命保険の契約、貯蓄などはすべて親に任せており、それを私が結婚した際に引き継いだ形です。本人は小遣いがもらえて、足りなったときにその分もらえれば、後は何も気にならないようです」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 支出を確実に減らすことが唯一の解決策
アドバイス2 保険は必要保障額を割安に確保する
アドバイス3 ボーナスの半分は貯蓄に回す
 

アドバイス1 支出を確実に減らすことが唯一の解決策

家計の最大の課題は、長年にわたって続いている赤字。当然、毎月の家計からは貯蓄できません(学資保険の保険料は除く)から、残高は0円。結果、たあーたさん名義の貯蓄(家計データには含んでいない)を取り崩し、それが12年間で300万円超。さらに養老保険も解約し、手にした160万円も、すでに残りは30万円程度とのことですから、いち早く着手すべき問題ということになります。

このまま、お子さん3人の5人家族で、何か大きな支出が生じることが起きれば、その時点で借り入れるしかありません。しかし、それを返済する余裕はないと考えられます。
 
では、どうやってこの状況を脱するのか。たあーたさんのパート収入のアップも重要ですが、それだけに頼るのは無理があります。今日から、支出を抑える。それしかありません。待ったなしの状況ですから、優先順位の低い支出から確実に削っていくことになります。これができるかどうかで、今後のマネープランが決まるといっても過言ではありません。
 
現時点で何をどれだけ削るかは、家族、世帯によって異なるでしょう。食費なのか雑費なのか。あるいは小遣いなのか。ともあれ、まずは毎月の赤字をなくすこと。次のステップとして、児童手当分=月3万5000円は貯蓄に回せるようにしたいところです。
 
そして、そのためにたあーたさん1人が頑張っても長続きはしません。家族の協力と理解が不可欠です。つまりは、お子さんも含めた家族全員がときに我慢を強いられるということ。レジャー費も例外ではありません。したがって、ご主人にはこのままでは確実に家計が破綻すると伝えるべきです。もちろん、一年中節約では息が詰まります。楽しむことは大切な要素です。それについては、年間の予算を組み、その範囲内に収める。以前よりお金がかけられない部分は回数を減らしたり、創意工夫でカバーしてください。
 

アドバイス2 保険は必要保障額を割安に確保する

次に保険について。いろいろ見直しをされたようですが、現状を踏まえての加入要件は「最小限必要な保障を割安な保険料で確保する」。これに尽きます。つまり貯蓄性も過度な保障も必要ありません。保険料が割高になるからです。将来のために高い保険料を支払い、2年後、3年後の生活がままならないのであれば、それこそ本末転倒です。
 
見直しですが、まずご主人は終身保険を払済保険に。支払った保険料が無駄にはなりません。ご主人の死亡保障は収入保障保険だけで3500万円近くありますから、持ち家であることも考えれば、これで必要保障額は確保できています。また、老後のために終身保険で250万円を貯めるというのは、金額としても中途半端です。それなら現金で貯めた方が合理的。また、医療保険は解約します。65歳払込終了のため、保険料が割高です。終身保障終身払いなら、入院5000円のシンプルな内容で先進医療特約を付けても、ご主人の年齢なら保険料は3000円台です。
 
たあーたさんについては、ご主人同様、終身保険を払済保険に。医療保険は解約します。そして、共済で最小限の死亡保障と医療保障を確保すればどうでしょう。保険料は月額2000円で済みます。加えて、子ども共済も不要です。解約しましょう。これで保険料は、学資保険を加えても、4万円程度。必要な保障は確保して、月2万円以上節約できます。
 

アドバイス3 ボーナスの半分は貯蓄に回す

家計として、もうひとつ大事なポイントがボーナスの使いみちです。現在、家計赤字もあって、ボーナスからは一切貯蓄に回っていません。できれば半分、25万円は貯蓄できるよう見直してください。赤字補てんがなくなれば、決して不可能な額ではありません。
 
仮に毎月、児童手当分とボーナスから25万円貯蓄できれば、年間67万円。ご主人が60歳となる13年間で871万円。毎月5万円貯蓄できれば、60歳のときに780万円。お子さんの学資保険が、1人あたり満期金200万円。大学を私立文系とすれば、4年間に大学に支払う金額は平均400万円ですから、残り200万円。3人で計600万円を貯蓄から捻出しますので、手元に残るのは1000万円。これに退職金1500万円を加算した額が老後資金ということになります。
 
老後がこの金額で足りるかどうかは何ともいえません。不確定要素がまだまだあります。ただし、60歳以降も夫婦揃って働くということ。元気であれば70歳までは働くという気持ちが大切です。住宅ローンは完済がご主人70歳のとき。定年時に退職金の一部を繰上返済に回して完済するという選択肢もあると思いますが、幸い、毎月の返済額がさほど大きくないので、60歳以降の生活費によってはそのまま返済を続けてもいいでしょう。

ともあれ貯蓄体質になること。それを最優先に家計や生活を見直してください。改善の余地はまだあると考えます。
 

相談者「たあーた」さんから寄せられた感想

相談にのってくださりありがとうございます。一番気がかりな保険のことについてとても参考になりました。これから調べて、保険の解約と新たな保険を契約しようと思います。夫にも相談して、家計の状況やこれからのことをもっと積極的に話し合い、貯められる家計を目指したいと思います。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 
 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武



■お金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
・お金のお悩み全般はこちら→『マネープランクリニック』
・住宅購入や住宅ローンの試算はこちら→『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら→『教育のお金シミュレーション診断』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。