ニューオータニクラブ

写真は「ニューオータニクラブ」のカード。入会金は無料だが、クレジットカードの年会費がかかる。一般カードのほか、ゴールド、ダイナースから選べる


ラグジュアリーな雰囲気を好む女性におすすめなのが、ホテルニューオータニの各種カードです。レストランなどの割引が受けられる女性限定の「ニューオータニレディース」(以後レディース)と、クレジット機能つきの「ニューオータニクラブ」(以後クラブ)があり、いずれも特典満載。

まずは無料で簡単に入会できるレディースをチェックし、クラブの特典が役立ちそうであれば、両方の入会を検討されてみては。ちなみに私の場合は、両方のカードを持っており、お得にレストランを楽しみたいときにはレディースを使い、その他のときにはクラブを利用しています。
   

ニューオータニレディースで、ママ友や女子会でのホテルランチも割引に

女性限定で入会できるのがレディースです。入会条件は成人女性でありインターネット及びメールの利用ができる環境であればOKですので、誰でも入会できます。

簡単に入会できるカードでありながら、その特典が素晴らしい! 利用時にカードを提示するだけでホテルのレストランが5%~10%引き(一部除外アリ)やカルチャープログラムの割引が受けられるという優れものです。

ホテルで食事というとハードルが高く感じてしまいますが、ニューオータニにはたくさんのレストランがあり、手頃な価格帯のレストランがあります。女子会やママ友の集まり、ミーティング等でレストランを割引で利用したら、友達から羨ましがられてしまうかもしれませんね。

このプログラムは利用するごとにポイントが貯まり、貯まったポイントはホテル内のエステや宿泊券に交換することが可能です。対象となるホテルは、東京のホテルニューオータニ、ホテルニューオータニ幕張、ホテルニューオータニ大阪、ハワイ・ホノルルのカイマナビーチホテルです。

 

ビジネスのおともには、クラブラウンジが使えるニューオータニクラブを 

ホテルニューオータニ

ラグジュアリーな雰囲気で運気も上がりそうなローズガーデン。老舗ホテルだけにさまざまな国から宿泊客が訪れる


一方、男女問わず申し込めるのがクラブです。レディースのカードにはクレジット機能が無いのですが、クラブのカードにはクレジット機能があるため、条件は若干高くなります。

入会資格は日本国内に居住し、原則として27歳以上の役職者で社会的信用を有する人とあり、ややアッパー層向けの印象です。とはいえフリーランス・自営の私も入会できていますので、役職というよりもカードの利用履歴で滞納がない等の履歴が大切なのかもしれません?

宿泊特典、レストランの個室無料やサービス料50%オフなどお得な特典が満載で、個人的にイチオシなのが国内にあるクラブラウンジが無料で利用できること。ラウンジでは飲み物、お菓子、新聞、雑誌などが用意されていますし、同伴者2名までOKという太っ腹な対応です。とても静かな空間で寛げることはもちろん、仕事をすることもできますので、ビジネスの心強い味方でもあります。また、メンバーのみが入場できるローズガーデンも必見。

こちらにもレディース同様にポイントシステムがあり、一定ポイント数が貯まると専用のホテル券に交換して貰えます。特典スパイラルは続きます。

 

よりメリットのあるカードを選ぶために

見逃せない特典ばかりなのですが、どちらのカードを選ぶのかは、どのようにホテルと付き合っていくのか、お得なのかを考えて選ぶことです。

レストランの割引メインであればレディースの1本で良いかと思いますが、ラウンジも使いたいのなら、クラブの入会を検討しても良さそうですね。

伝統と格式のあるホテルニューオータニだからこそ、ホテル内の雰囲気はバツグン! 優雅なホテルライフを送るためには、手に入れておきたいカードの1つ。おすすめですよ。
 
DATA
ニューオータニレディース/ニューオータニクラブ

対象ホテル:ホテルニューオータニ(東京)、ホテルニューオータニ幕張、ホテルニューオータニ大阪
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。