どんなときに旦那様が妻に再び萌えるのか?

19030101

結婚式以降は愛情は右肩下がり?

結婚式をピークに、時間がたつにつれ、何もしないとどんどん減ってしまうパートナーへの愛情。別に嫌いになったわけではないけれど、一緒に居ることが「普通」になり、「日常」になり、「当たり前」になり、そのうちに空気のような存在に……。

しかし、もし「やっぱり、うちの妻が一番!」という瞬間があれば、右肩下がりの夫婦愛もググっと上向きに戻ってきます。

ではどんなときに旦那様が妻に再び萌えるのか? 30代~50代の旦那様達に伺った、「うちの奥さんに惚れ直した瞬間」10シーンをご紹介しましょう。
 

妻に惚れ直した瞬間1:「すごい」「さすが」と尊敬の言葉をもらった瞬間

何だかんだ言っても男性は女性を守り、導きたいと考えている生き物。女性から尊敬され、褒められることは何よりもうれしく、誇らしくなる瞬間です。

年に1回、大げさに褒めちぎるよりも、頼んだことの対応が早かったり、作ってくれた料理がおいしかったりしたら、その場ですぐに、時間を置かずに褒めるのがコツ。

褒め上手な妻の皆さんは、日常の小さな行為を見逃さず、上手に救い上げてちょこちょこ褒めています。
 

妻に惚れ直した瞬間2:「ありがとう、あなたのおかげよ」と感謝された瞬間

家族からの感謝は男性のエンジンを動かすガソリン

家族からの感謝は男性のエンジンを動かすガソリン

男性女性を問わず、パートナーから感謝されるのはいつだって嬉しいこと。妻の皆様の笑顔や言葉が最高のプレゼントなのはもちろんですが、あわせてお子さんも一緒に感謝してくれると、嬉しさは倍増します。

そして自分の知らないところでも、お子さんに「パパのおかげよ」とちゃんと伝えておいてくれている妻の配慮や行動を知ることで、さらに妻への愛しい気持ちがググっと増えます。
 

妻に惚れ直した瞬間3:「大丈夫、私に任せて!」とたくましさを見せてくれた瞬間

仕事上でのトラブル、失敗、会社の危機、または自身が直面した災害、事故、病気など大きな危機に見舞われたとき。そんな旦那様の危機こそ、夫婦の絆が試されるときです。

普段は控えめな妻が、旦那様に頼り切っておろおろするどころか、ドンと構えてポジティブな対応をしてくれたら、旦那様にとってどんなにありがたいかは想像がつくでしょう。
 

妻に惚れ直した瞬間4:「よしよし、もうがまんしなくていいよ」と甘えさせてくれた瞬間

 男だって甘えたい!

 男だって甘えたい!

家族を守る強い存在で居たい、みんなに頼られるリーダーで居たい、と思う反面、旦那様だってときには落ち込んだり、疲れてしまったりすることもあります。

そんなときに「そのぐらいでだらしない!」「男でしょ!」と肩をたたかれるより、「よしよし、大変だったねー」と受け止めてもらえることが嬉しいのです。

弱ったところやダメなところを見せられるのも、信頼するパートナーだからこそ。そこをちゃんと理解して、たまには旦那様をしっかり甘えさせてあげられる妻はポイントが高くなります。
 

妻に惚れ直した瞬間5:「顔色悪いけど、大丈夫?」と体調の変化にすぐに気づいてくれた瞬間

女性はパートナーのちょっとした変化を敏感に感じ取ることができる脳を持っています。非常時には旦那様の浮気をキャッチするために使うこのスキルも、日常では旦那様本人が口にしない症状やまだ自覚していないような不調を見抜くセンサーとして使い、体調への細やかな配慮に結び付けることができます。

誰よりも自分のことを気にかけて、注目してくれている。それだけで、自分が大切にされていると感じる旦那様は、妻への愛情がふつふつと湧いてくるのです。
 

妻に惚れ直した瞬間6:自分の好きな料理をおいしく作ってくれた瞬間

男性を掴むにはまず胃袋を掴め

男性を掴むにはまず胃袋を掴め

「男性を掴むにはまず胃袋から掴め」というのは恋愛の鉄則。日本だけでなく海外にも類似した格言があります。なぜなら、食事と幸福感は私たちの本能レベルで密接に結びついているから。

「おいしいものを食べること=幸せ」という本能の働きは、その「おいしいものを与えてくれる人」への愛情に直結することを覚えておきましょう。
 

妻に惚れ直した瞬間7:色っぽいスカート姿や女性らしい仕草を見た瞬間

男性は視覚から性的興奮を得る傾向があります。スカート姿のヒップから太腿にかけてのライン、スリットからのぞく生足といったセクシーなビジュアル。またゆったりとした女性らしい、やさしい仕草の妻が「嫌い」と言う人はいないはずです。妻よりも母、女性よりもオバさんになってしまっているなぁと自覚のある人は要注意。

最近、スカートをはきましたか? 体の線が出るような服を着ましたか? 服装は日常の仕草や生活スタイル、体への意識と直結しています。

誰でも和服を着れば、ジーンズのときよりも小股でゆっくり歩き、膝頭を揃えて座ります。あるいは、楽チンなオーバーサイズのフリースやゆったりしたチュニックの代わりに体のラインが出やすいカットソーを着ることで、二の腕やウエスト周りのお肉が気になるようになります。

旦那様の心や下半身が動かされるような女らしさ、色気を身につけたいと思うなら、まずは形から。服装から意識して変えてみましょう。
 

妻に惚れ直した瞬間8:自分(=夫)の両親への細やかな気配りを知った瞬間

19030104

親への配慮は自分への配慮よりも嬉しい

核家族化が進み、昭和の頃と比べれば「家制度」や「跡継ぎ」などの意識は低くなっていますが、まだまだ男性の中には自分が「家」を守り、年老いた両親の面倒を見なければいけないという意識があります。

しかし、両親への感謝の気持ちや愛情を持ちながらも、父親へのライバル意識や独り立ちしたプライドがあり、なかなかそれを素直に表せないのも男性ならではの複雑な感情です。

そんなときに、自分の妻が義父母に心を尽くして、大切に接してくれていることを知ったら、妻に対する感謝と愛情が湧くことは間違いありません。自分が両親と距離を置いている人であればあるほど、妻への感謝や愛情も大きくなるでしょう。
 

妻に惚れ直した瞬間9:子供が、自分(=夫)を尊敬してくれているとわかった瞬間

近年は育メンも増えてはいますが、まだ多くの家庭では、子供と接する時間は妻の方が長く、子育て、家庭内のしつけや教育を担っているのも妻でしょう。つまり、妻の意識や行動は子供の意識や行動に大きな影響を与えています。

せっかく頑張って働いて、家にお金を入れていても、妻が夫をバカにするような態度や発言をしていれば、子供も父親を軽んじるようになります。逆に子供が父親を尊敬し、感謝をしてくれるということは、妻が同様のことを子供の前でしているということになります。

子供と関わる時間の少ない父親にとって、一番辛いのは自分の存在が、子供の意識の中で希薄だったり、大切なものとなっていないこと。そこをしっかり配慮して、父親への感謝を子供にインプットしてくれる妻は、まさに最高の妻と言えるでしょう。
 

妻に惚れ直した瞬間10:昔贈ったプレゼントを大事に使ってくれている瞬間

よく、家の中を片付ける際、「物を捨てたがる妻VS物を捨てられない夫」の対立になることはありませんか?

例えば、長いこと使用してボロボロになってしまったバッグ。「新しいものを買ったから、これはもう使わないわよね。捨てるわよ」という女性に対して「いや、それ、初任給で買ったバッグだから捨てたくない」と、感情的な理由で使わないものでも取って置こうとするのが男性。

旦那様にとって新しいバッグは古いバッグとは別の存在として認識されており、古いバッグを「上書き」する存在ではないのです。

このようにものと思い出を結び付けて記憶している男性にとって、昔贈ったネックレスを妻が身に着けているのを見たとき、それを大事に使ってくれていることを嬉しく思うとともに、それを贈ったときの妻への初々しい思いもよみがえり、愛情が再び沸き起こってくるという連鎖反応が起きるのです。
 
男性と女性で、似ているところもあれば違うところもある「惚れ直すツボ」。賢い妻の皆様は、この傾向と対策を賢く活用して旦那様を二度惚れさせてみてはいかが?

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。