2018年秋ドラマを一挙紹介! ガイドのおすすめは?

秋の夜長はみなさん家にいることが多いため高視聴率を狙って、力の入ったドラマが制作されます。目玉は『下町ロケット』の新シリーズと『ドクターX』に代わる米倉涼子主演作。

それでは民放各系列とNHK、各チャンネルごとに2018年の主な秋ドラマを紹介します。

 

なんとかしたい日本テレビ

水曜22時『獣になれない私たち』新垣結衣、松田龍平、田中圭、黒木華、菊地凛子
木曜23:59『ブラックスキャンダル』山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、片岡鶴太郎
土曜22時『ドロ刑-警視庁捜査三課-』中島健人(SexyZone)、遠藤憲一、石橋杏奈、中村倫也、稲森いずみ
日曜22:30『今日から俺は!!』賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈、太賀、矢本悠馬、ムロツヨシ、瀬奈じゅん、佐藤二朗、吉田鋼太郎


今年になってドラマにヒットのない日本テレビ、最後になんとかしたいところ。

期待は『獣になれない私たち』。脚本は『空飛ぶ広報室』『掟上今日子の備忘録』『逃げるは恥だが役に立つ』に続いてガッキー主演作四作目の野木亜紀子。全方位に気を使い身も心もすり減っている新海晶(新垣)と調子よくふるまっているようにみえるけど限界寸前の会計士・根本恒星(松田)。「野生の獣」のように自由に生きられない頭でっかちな大人たちのラブストーリー。『逃げ恥』に近い路線でしょう。

日テレ公式チャンネルより

『ドロ刑』は警察の現実にやる気を失った新人刑事・斑目勉(中島)だが、幻の大泥棒・煙鴉(遠藤)になぜか捜査協力され事件を解決していきます。ただ刑事ドラマの定番、殺人・強盗などの捜査一課ではなく窃盗などの捜査三課が舞台。今野敏原作の『確証』が同じく三課もので、高橋克実・榮倉奈々で連ドラ化、昨年には吉田栄作・内山理名で2時間ドラマ化されていますがどうしても地味となり大ヒットまではいかず。その壁を破れるでしょうか。

『今日から俺は!!』は80年代初頭の時代設定でツッパリ(死語)たちのコメディ。そして脚本・演出は『勇者ヨシヒコ』映画『銀魂』などの福田雄一。ムロツヨシを始めおなじみの俳優も多数出演で福田作品好きにはたまらない。

木曜の読売テレビ制作枠は『ブラックスキャンダル』。亜梨沙(山口)は人気女優だったが見に覚えのないスキャンダルにより芸能界から抹殺。そのスキャンダルが捏造されたものだったということを知り、復讐のため整形し元の芸能プロにマネージャーとして潜り込む。一年前の木村多江主演『ブラックリベンジ』に次ぐ「ブラック」シリーズです。

 

いままでの秋とは違うテレビ朝日

水曜21時『相棒season17』水谷豊、反町隆史、浅利陽介
木曜20時『科捜研の女season18』沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美
木曜21時『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』米倉涼子、向井理、林遣都、菜々緒、安達祐実、三浦翔平、勝村政信、小日向文世、高橋英樹
金曜23:15『僕とシッポと神楽坂』相葉雅紀、広末涼子、趣里、イッセー尾形
土曜23:15『あなたには渡さない』木村佳乃、水野美紀、田中哲司、萩原聖人

テレビ朝日秋放送の人気シリーズといえば『ドクターX』ですが、今年はそのかわりに米倉涼子主演の『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』。弁護士ものでありながら主人公は弁護士資格を剥奪されているのが特徴。そのかわりにペーパー弁護士・京極(高橋)に弁護士事務所を開かせ、自分は管理人に収まり所員をこき使います。キャラクターとしては大門未知子とあまり変わらなさそう。

tvasahiより

秋から半年放送の『相棒』『科捜研の女』。『科捜研の女』は相変わらずですが『相棒』は変わります。初代相棒の亀山薫(寺脇康文)降板後、二代目・神戸尊(及川光博)、三代目・甲斐享(成宮寛貴)は3年で交代でしたが、四代目・冠城亘(反町)は4年目に突入。さらに青木年男(浅利)が前シリーズ最終回に起こした事件のため、左遷され特命係が3人に増員。テレビ朝日・東映の子どももの人気シリーズ、ライダー・戦隊・プリキュア的な強化策。どうなるんでしょうか。

『僕とシッポと神楽坂』は相葉雅紀が街の獣医に。獣医ものも小栗旬主演の『獣医ドリトル』などありますが、大ヒットしたというものは見当たりません。癒し系で『天才!志村どうぶつ園』でおなじみの相葉雅紀でなんとかなるでしょうか。

『あなたには渡さない』は主婦の上島道子(木村)が夫(萩原)を愛人(水野)にとられるがその慰謝料で料亭を立て直し、それを見守る幼なじみ(田中)も含めた4人の愛憎バトルが展開。連城三紀彦の小説『隠れ菊』が原作で、出版直後の1996年に関西テレビが『ゆずれない夜』のタイトル、賀来千香子・神田正輝・工藤静香・松岡昌宏で、2016年にBSプレミアムが観月ありさ・前川泰之・緒川たまき・筒井道隆で連ドラ化した人気の原作です。

 

少数精鋭で充実、TBS

火曜22時『中学聖日記』有村架純、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣
金曜22時『大恋愛~僕を忘れる君と~』戸田恵梨香、ムロツヨシ、草刈民代、松岡昌宏
日曜21時『下町ロケット』阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、安田顕、徳重聡

大ヒット作『下町ロケット』の続編が登場。前作で苦労して実現したロケット開発計画だが帝国重工の社長交代により打ち切り危機に。さらに大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引を削減される。そのピンチに佃(阿部)は新たな開発を思いつきます。

TBS公式 YouTubooより

『中学聖日記』は新任の中学教師・聖(有村)と中学3年生の晶(岡田)の禁断の恋を描きます。聖の婚約者で完璧すぎる勝太郎(町田)、その先輩でバイセクシュアルの律(吉田)など周囲の人間模様も複雑。原作は『あなたのことはそれほど』『きみが心に棲みついた』と同じくレディース・コミック誌「FEEL YOUNG」連載。賛否分かれるドラマになりそう。

『大恋愛』は若年性アルツハイマーにおかされた女医(戸田)と元小説家の間宮真司(ムロ)の純愛ドラマ。脚本は恋愛ドラマの名手・大石静。この枠で2012年の『もう一度君に、プロポーズ』は竹野内豊・和久井映見で妻がくも膜下出血の後遺症で夫と結婚した後の記憶を失くすストーリーでいい感じでした。その再現を期待したいところです。

 

得意の深夜ドラマに新枠も、テレビ東京

月曜22時『ハラスメントゲーム』唐沢寿明、広瀬アリス、高嶋政宏、滝藤賢一、佐野史郎
水曜25:35『天 天和通りの快男児』岸谷五朗、古川雄輝、吉田栄作、的場浩司、でんでん
金曜20時『駐在刑事』寺島進、北村有起哉、笛木優子、鈴之助、黒木瞳、市毛良枝
金曜24:12『忘却のサチコ』高畑充希、葉山奨之、早乙女太一
金曜24:52『このマンガがすごい!』
  • 『行け!稲中卓球部』新井浩文、山本浩司
  • 『火の鳥』神野三鈴
  • 『やなぎ屋主人』塚本晋也
  • 『おそ松くん』でんでん
  • 『ARMS』中川大志
  • 『龍─RON─』東出昌大
  • 『マチキネマ』平岩紙
  • 『NHKにようこそ!』森川葵
  • 『うしおととら』森山未來
  • 『少女革命ウテナ』山本美月

テレビ東京の主軸、ドラマ24枠は正月スペシャルとして放送した『忘却のサチコ』を連ドラ化。「鉄の女」といわれる文芸誌の編集者・幸子(高畑)だが、結婚式の直前に花婿に逃げられた悲しい過去を持つ。それを思い出すと仕事で失敗するので忘れるために旨いものを食べる。テレ東得意のグルメドラマ、高畑充希主演ということでドラマ要素は強めです。

『忘却のサチコ』の後、ドラマ25『このマンガがすごい!』は『山田孝之のカンヌ映画祭』などの松江哲明演出によるドキュメンタリードラマ。毎回のゲストが名作漫画を選び、そのキャラクターと一体化していく姿を描きます。

テレビ東京公式 TV TOKYOより

水曜の新深夜枠『天』は『カイジ』福本伸行の麻雀マンガが原作。キャストが原作キャラに思いっきりよせているのがみもの。TBSテレ東WOWOWなどが連携する動画サービス「Paravi」とも連動。

『駐在刑事』は2時間ドラマからの連ドラ化。寺島進が地上波連ドラ初主演、かつては捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の駐在さんを演じます。

月曜の経済ドラマは『ハラスメントゲーム』、今回は舞台は大手スーパーでテーマはタイトル通りハラスメント。『昼顔』などの脚本家・井上由美子が初の原作小説も書いています。

 

昔の名前が出ているフジテレビ

月曜21時『SUITS/スーツ』織田裕二、中島裕翔、新木優子、國村隼、鈴木保奈美
火曜21時『僕らは奇跡でできている』高橋一生、榮倉奈々、要潤、戸田恵子、小林薫
木曜22時『黄昏流星群』佐々木蔵之介、中山美穂、小野武彦、黒木瞳
土曜23:40『結婚相手は抽選で』野村周平、高梨臨、大谷亮平、佐津川愛美、若村麻由美

『絶対零度』が好調で上昇気流に乗りたい月9は弁護士もの『SUITS』。優秀だが傲慢な甲斐(織田)を心配した幸村所長(鈴木)は、若手をアソシエイトとして雇うことを昇格の条件につける。選ばれた鈴木大貴(中島)は一度見たものは忘れない驚異的な記憶を持つが、さまざまな業種の替え玉受験で生活費を稼ぐフリーターで、弁護士資格をもっていなかった。アメリカの大ヒットドラマが原作で内容的には間違いない。ただ織田裕二は存在が強烈すぎて、主演ドラマはそのカラーに染まりがち。それが吉と出るか凶と出るか?

フジテレビ番組動画より

『黄昏流星群』は弘兼憲史の短編オムニバス作で何度もドラマ化、映画化されている作品。
左遷されたエリート銀行員(佐々木)が単身スイス旅行に行き、出会った女性(黒木)と恋に落ちる。妻(中山)もからんだ三人の恋を描きます。『東京ラブストーリー』コンビの『SUITS』に対し、こちらは佐々木蔵之介の恋愛ドラマは目新しいものの中山美穂・黒木瞳が90年代的です。

関西テレビ制作『僕らは奇跡でできている』の主人公・相河(高橋)は動物行動学を教える大学講師。考え始めるとまわりが目に入らない変人だが、周囲の人の価値観をゆさぶり影響を与えていきます。脚本は『僕の生きる道』などこの枠の名作を担当した橋部敦子。じわじわきそうなドラマです。

東海テレビ制作『結婚相手は抽選で』は25~39歳の独身者に対して抽選で結婚相手を決める法律が施行された社会を描きます。

 

久々の30代朝ドラヒロイン、NHK

月~土8時『まんぷく』安藤サクラ、長谷川博己、松下奈緒、要潤、内田有紀、松坂慶子
金曜22時『昭和元禄落語心中』岡田将生、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎
土曜20:15『フェイクニュース』北川景子、光石研、永山絢斗、矢本悠馬、新井浩文、岩松了、杉本哲太

NHK大阪制作の朝ドラはこの2年『べっぴんさん』『わろてんか』と女性の一代記の割に主演女優が十代で若すぎるという共通の弱点がありました。今回の『まんぷく』は安藤サクラ主演で実績十分、カンヌ受賞の『万引き家族』出演で勢いもあります。また脚本は『ガリレオ』『龍馬伝』などの福田靖。近作『先に生まれただけの僕』は学校の問題を新たな視点で描くなど絶好調です。

『昭和元禄落語心中』はアニメ化もされた人気コミックが原作、その中の昭和初期が舞台の「八雲と助六」編をドラマ化。生真面目な有楽亭八雲(岡田)とライバルで親友の有楽亭助六、八雲唯一の弟子の助六(竜星)らの人間模様を描きます。

『フェイクニュース』はネットメディアの女性記者(北川)が虚実入り乱れる情報の中、真実を追い求めていきます。『獣になれない私たち』も書く野木亜紀子がNHK初脚本。数年後には朝ドラか?


最後にまとめ。
最近はトップ独走の朝ドラである『まんぷく』を除くと、どうみても『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』vs.『下町ロケット』の一騎打ち。昨年の秋ドラマは『ドクターX』vs.『陸王』があり、シリーズもので最初から飛ばした『ドクターX』が追い上げる『陸王』をかわしました。今回は『下町ロケット』が続編で『リーガルV』が新作と逆。ポイントは『リーガルV』と『ドクターX』の米倉涼子演じる主人公のキャラ、同じところと違うところがあるはずで、それが視聴者に早くなじめるかでしょう。

トップを争う二作と手堅い『相棒』『科捜研の女』の4作のヒットは確実。この2グループの間に割って入るドラマはなにか?有力なのは『獣になれない私たち』と『中学聖日記』。
ガッキー&野木脚本の『逃げるは恥だが役に立つ』コンビの新作『獣になれない私たち』。また『逃げ恥』以来、SNSの活用を得意とするTBS系火曜ドラマ枠『中学聖日記』は禁断の恋愛を炎上的に盛り上げてくるでしょう。

それから90年代回帰の『SUITS』も注目。『東京ラブストーリー』を地上波再放送して話題になっていますが、リアルタイム世代はともかく若い世代に響いているかどうかが『SUITS』のヒットに影響しそう。

他には金曜深夜の『忘却のサチコ』と『このマンガがすごい!』。グルメドラマにドキュメンタリードラマとテレ東の得意パターン。予想を超えていくドラマになりそうです。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。