シャギーとはどんな髪型?1990年代に大ヒットしたシャギーカットとは?

シャギーカットとは?レイヤーやセニングとの違い

シャギーカットって何?レイヤーやセニングとどう違うの?

シャギーとは、毛先にいくに従って細く、鋭いラインに切っていくカット方法です。主に顔周りに使われて、毛束が頬にかかることで小顔効果があると人気に。そのシャギーカットとして代表的なのが、1996年放送のドラマ「ロングバケーション」に主演した山口智子さんのヘアスタイルです。ドラマの大ヒットとともに、「顔周りにシャギーを入れて軽くしてください」というオーダーが殺到。最近だと、有村架純さんも顔周りにシャギーを取り入れています。
 
シャギー=軽いというイメージから、同じく軽くするカット技法レイヤーとよく間違われがち。美容院で間違えてオーダーして大失敗!なんてことのないように違いをチェックしてみてください。

 

シャギーとレイヤーの違いをチェック!

<シャギー>
ベースカットが終わった後に毛先に入れる、質感調整のためのテクニック。毛先にいくほど細くなるようにシザーをスライドさせてカットします。毛先の質感をつくるためと覚えておきましょう。シャギーは主に顔周りに使わることが多く、毛束のコントロールができることから小顔効果があると人気のテクニックです。
 
<レイヤー>
段カット=レイヤーカット。上の髪が短くなって下の髪にいくほど長くなるベースカットのこと。量を減らし、髪に軽さを出してくれますが、毛先は細くなりません。
 
<セニング>
刃がクシのように凸凹になっているすきバサミ、セニングシザーを使います。量感を減らしたり、髪に動きをだしたりすることがメインの目的です。梳くという表現も使われます。
 
違いは分かりましたか? まずベースカットでレイヤーを入れて、さらに最後にシャギーを入れると全体的に軽くてシャープな印象のデザインになるというワケです。

 

毛先にニュアンス!シャギースタイル5選


マッシュ+シャギーの甘辛ショート
マッシュショート×シャギー

マッシュショート×シャギー(※出典:bangs


トップのボリューム感と顔周りのシャギーのシャープさでメリハリを出したマッシュショート。丸さのあるシルエットと毛先のタッチが絶妙なバランスです。

▼参考記事
大人なマッシュショートヘア

顔周りを包み込む王道シャギー
王道シャギー

王道シャギー

ストレートヘアに最高にマッチするシャギー。頬にかかる繊細な毛束感はシャギーならではの質感です。ベースが重めなので、軽過ぎずバランスもgood。


 
トレンドのネオウルフにもシャギー!
ネオウルフ×シャギー

ネオウルフ×シャギー(※出典:bangs

えり足を長めに残すウルフスタイルが今年のトレンドに。長く残した毛先にシャギーを入れることで、より動きやすくシャープにスタイリングも決まります。

▼参考記事
ネオウルフスタイル

流れるような毛先が美しいミディアム
ミディアムレイヤー

ミディアムレイヤー

ナチュラルなストレートパーマをかけると、毛先がベタっと重くなりがち。シャギーの入った毛先で軽やかなニュアンスをプラスして、流れるような毛流れに。



 
シャギーでパーマの動きをサポート
ロングウエーブ

ロングウエーブ

シャギー=軽いというイメージがありますが、量感ロングにもシャギーはおすすめ。カールが溜まってしまう場所に入れて、バランスを調整しています。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。