時計は絶対アナログ派、毎日快適に付けたいなら……

ミリタリーブラウン、ブラック、デザートタンの3色が用意されている。

「マラソンの腕時計ベルト」 ミリタリーブラウン、ブラック、デザートタンの3色が用意されている。


今やスマホでも時間はわかる。でも、私は根っからのアナログ派なので、腕時計で確認しないと気が済まない。ピンポイントの数字で時間を表示されるより、針で示してもらった方があとどれくらいということが直感的にわかっていいからだ。

ただ、気になるのはベルトの汚れと重さ。特に汗をかく夏はなおさらだ。ぜひ自分の腕時計を確認してみていただきたい。知らないうちに汚れてはいないだろうか。
 
気になる時計の汚れと重さ。もっと綺麗に、快適に時計を付けたい。

気になる時計の汚れと重さ。もっと綺麗に、快適に時計を付けたい。


私が愛用しているオメガ「スピードマスター」も、もともとステンレスのベルトが付いていた。汚れたらタオルなどで拭いていたが、ベルトのつなぎ目の奥まではなかなか拭き取れない。

「もっと快適に時計を付けたい」と思った私が数年前に使い始めたのが、「マラソン」というブランドのナイロンベルト。値段はお手ごろなのだが、この素材感が抜群によかったのだ。

 

「今では3本持ち」とにかく快適な付け心地

私は20mm幅のベルトを使用。ベルト幅はそれ以外にもいくつか種類がある。

私は20mm幅のベルトを使用。ベルト幅はそれ以外にもいくつか種類がある。


これが実に快適。付け替えてまず感じるのが、ステンレスベルトより圧倒的に軽いこと。そして心なしか通気性も良い気がする。

ナイロンベルトにしたからとは言え、やっぱり汗はかくし、ナイロンベルトも次第に汚れてくる。そうしたら、ベルトだけを外し洗濯機で洗ってしまう。(ベルトの金具が他の洋服にひっかからないよう、洗濯ネットに入れている)

干せばキレイさっぱり汚れは落ちているのだ。ナイロンの中でもより頑丈なバリスティックナイロン製のおかげなのだろうか、もうかれこれ数十回と洗っているが、全然へこたれない。
 
無駄な金具やデザインは一切ないシンプルなデザイン。

無駄な金具やデザインは一切ないシンプルなデザイン。


この「マラソン」のナイロンベルトは、シンプルな作りで余計な金具はない。それはそれで汚れが隙間に入ったりしなくてよいが、腕時計のバネ棒のところに通すだけということもあってか、少しゆるめに腕に装着したときの時計の安定感は少々弱い。

ステンレス製の腕時計ベルトも一応洗うことはできるが、余計な金具がなく洗濯機で気軽に洗える「マラソン」のナイロンベルトのほうが圧倒的に使い勝手がいい。初めは、ベルトが汗で汚れやすい夏に使っていたナイロンベルト。あまりにも快適なので、今ではオールシーズンで愛用しているほどだ。

■DATA
商品:MARATHON USミルスペックナイロンベルト

男性向けおすすめ関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。