大人の余裕漂う!輪っかのお団子で簡単アップヘアアレンジ

襟足から柔らかい果実が垂れているようなシルエットを描く、大人の余裕が漂うアレンジ。輪っか状に髪を結び、毛束を巻きつけるだけで、浴衣に似合うお団子ヘアができあがります。面の美しさを見せるスタイルなので、アレンジを始める前に髪全体にクリーム系ワックスをなじませておくとつややかに仕上がります。リゾートをイメージさせるような大柄の浴衣こそ、モードに着こなすのが大人のおしゃれです。
ロング浴衣・低めの位置に作る輪っかお団子ヘア

hair&make WAKO(anti)


ベースのヘアスタイル

顔まわりにレイヤーの入った、胸ラインのロングヘア。赤みの少ないアッシュ系ブラウンの髪色は8トーン。やや量が多く少し硬めの髪質で、あまりクセのない髪です。
胸ラインのロングヘア

胸ラインのストレートロング


おすすめのタイプ

顔型:all(丸 面長 逆三角 ベース(えらハリ))
髪量:多い~少なめ
髪質:all(硬い 硬め 普通 柔らかめ 柔らかい)
クセ:all(あり なし)

浴衣ヘアアレンジの方法・やり方

前髪を7:3に分ける

前髪を7:3に分ける

1. 生えグセに合わせ、前髪をコームで7:3に分けます。


顔まわりの髪を分ける

顔まわりの髪を分ける

2. 写真のように、顔まわりの髪をトップから耳の後ろに向かって斜めに分けとります。


大きな輪っかを作り髪を結ぶ

大きな輪っかを作り髪を結ぶ

3. 残りの髪をひとまとめにし、大きな輪っかを作り丸ゴムでとめます。このときできるだけ低い位置でとめるようにしましょう。

毛先を結び目に巻きつける

毛先を結び目に巻きつける

4. 毛先を結び目にぐるりと巻きつけ、アメピンで固定します。ピン1本だけでとめるのは難しいので、きちんととまるまで何本か使ってください。

顔まわりに残した髪を巻きつけて留める

顔まわりに残した髪を巻きつけて留める

5. 手順2で顔まわりに残しておいた髪を、結び目に上側からぐるっと巻きつけてアメピンで留めます。顔まわりから耳の後ろまで、生え際を隠すように緩みを持たせたまま巻きつけて留めましょう。

上手く仕上げるポイント

輪っか状のお団子を大きめに作り、できるだけ低い位置で結ぶのが、おしゃれに見えるポイント。襟足から“たゆん”とした緩み感を出すと、ニュアンスが生まれます。お団子の位置を高めにするとかわいい雰囲気になるので注意してください。
できるだけ低い位置で大きめの輪っかを作る

できるだけ低い位置で大きめの輪っかを作る


サイド&バック

ロング浴衣・低めの位置に作る輪っかお団子ヘア

hair&make WAKO(anti)

ロング浴衣・低めの位置に作る輪っかお団子ヘア

hair&make WAKO(anti)


使用したヘアアクセサリー

シャープな三角形のバレッタはラタンを編んだ珍しい素材感が魅力。夏らしいクリアなバレッタは、両端の深緑とライトイエローのバランスが絶妙です。素材感の異なるふたつのアイテムを合わせ、こなれた雰囲気に仕上げます。

バレッタ 7900円(税抜)/コレットマルーフ(ギャップインターナショナル)、ラタンバレッタ 880円(税抜)/アネモネ(サンポ―クリエイト)


浴衣×帯の合わせ方

白地にブラウンと青緑というリゾートカラーのビロウが大きく葉を広げた浴衣は、リゾート感のある個性的なデザイン。マスタードイエローの帯は一枚仕立てでとても柔らかい素材なので、初心者さんにもおすすめです。ぜひ大人っぽく着こなしてください。
リゾート感のある個性的な浴衣で夏っぽく!

リゾート感のある個性的な浴衣で夏っぽく!

浴衣 2万9900円(税抜)、帯 5800円(税抜)、帯締め 5900円(税抜)/すべてきものやまと(やまと)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。