よく聞く時価総額とは?その意味や計算方法を解説!

<INDEX>
時価総額とは?
時価総額はどう活用すればいいか?
世界の時価総額の規模は?
時価総額の高い株は売り買いしやすい?
日経平均は時価総額とは関係ない?

時価総額とは?

株式投資における時価総額とは株価×発行済み株式数で計算されるもので、その銘柄がどのくらいの価値や規模を持っているかを示しているものです

株式投資における時価総額とは株価×発行済み株式数で計算されるもので、その銘柄がどのくらいの価値や規模を持っているかを示しているものです

株式投資における時価総額<Market capitalization>とはその銘柄がどのくらいの価値や規模を持っているかを示しているものです。計算方法は、

・時価総額=株価×発行済み株式数

たとえば株価1000円で発行済み株式数が1000万株であった場合、その銘柄の時価総額は1000円×100万株=100億円となります。

株式投資の初心者の場合、株価が高いか低いかでその企業の価値を判断してしまうことがありますが、実際には時価総額が大きいか小さいかを考える必要があるのです。たとえば同一の業績や価値を持つ企業があったとして、その時価総額が100億円だった場合でも総発行株式数が1000万株だった場合、株価は1000円となり、総発行株式数が10万株だった場合、株価は10万円となります。

時価総額はどう活用すればいいか?

さきほど時価総額はその企業の価値や規模を示していると書きましたが、時価総額はその企業がどのぐらいの価値を持つのかを表すのに最も適した指標の1つと言えるでしょう。というのも資本金や業績だけでは、その企業がどのくらいの価値を持っているかを表すには不十分だからです。

したがって時価総額の利用方法としては買収などを行う際に、どのくらいの金額でその会社を買収するかの1つの目安になると言えます。

また、よく東証の時価総額が650億円ぐらいといった話も聞くと思いますが、証券取引所や指数の規模を比較する際にも時価総額が使われます。証券取引所や指数の対象銘柄の時価総額を全て足したものがその証券取引所や指数の時価総額となります。

世界の時価総額の規模は?

ちなみに、2018年6月22日現在の東京証券取引所の時価総額は約680兆円ですが、たった30銘柄で構成される米国のニューヨークダウの時価総額は約750兆円で、東証に上場している全銘柄よりも米国のニューヨークダウに採用されている30銘柄の価値の方が大きいということになります。なお、世界の株式市場に占める時価総額のシェアを見ると米国が38.2%であるのに対し、日本は7.8%を占めるに過ぎず、これは中国(香港含む)の15.7%の半分程度でもあります。

時価総額の高い会社の株は売り買いしやすい?

一般的に時価総額が高いほど流動性が高く安定した値動きをすると言えます。たとえば、時価総額が低い会社で好材料が発表されたとすると、買いたい人は多く現れる一方で、そもそも売る人(株を持っている人)が少ない為に株価は暴騰しやすくなります。

また、運用資金の大きな機関投資家は時価総額の低い銘柄には投資を行いません。時価総額が小さな銘柄に大きな資金の買いが入ると、そのインパクトだけで株価が高騰してしまうといったような、池の中の鯨のような状態になってしまい、上手く運用できないからです。

このため、時価総額が大きな銘柄ほど、大きな資金が集まる傾向があり、その銘柄に関する調査レポートなども多く出されるようになり、悪材料や好材料を早く株価が織り込みやすくなります。これも株価が安定的な値動きとなることにつながっています。

日経平均は時価総額とは関係ない?

意外かもしれませんが、日本で一番有名な株価指数である日経平均や米国で一番有名なニューヨークダウは単純株価平均指数です。単純株価平均指数とは構成銘柄の株価を単純に平均して指数が計算されるという意味で、これらの指数には時価総額は考慮されていません。したがって、時価総額が高い銘柄よりも単純に見た目の(一株あたりの)株価が高い銘柄の構成ウェートが大きくなります。

一方、TOPIX(東証株価指数)は時価総額加重平均指数ですので時価総額が大きな銘柄が大きな構成ウェートを持つことになります。

参考:日本株しっかりサポートナビ

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。