バックアップには2種類の方法がある

LINEのトーク履歴をバックアップする方法は2通りあります。

  1. トークルームごとにバックアップする
  2. 一括でバックアップする

トークルームごとにバックアップする方法

→1.右上の矢印アイコン→2.設定
LINEのバックアップ

バックアップしたいトーク画面を開く


→3.「トーク履歴を送信」を選択
LINEのバックアップ

トーク履歴を送信


→送信手段を選択→送信


一括バックアップの方法はiPhoneとAndroidで異なる

ただし、上記の方法では、一つひとつのトークごとにバックアップを取る必要があり、機種変更などの際には手間です。

そこで知っておきたいのが「一括でバックアップする方法」。一括でのバックアップは、お使いのスマートフォンがiPhoneなのかAndroidなのかによって操作が異なります。

iPhoneで一括バックアップする方法

iPhoneでトーク履歴をバックアップするには、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」の「iCloud Drive(5GB)」をONにする必要があります。これによりパソコンに接続しなくてもバックアップできるようになります。

iPhoneの「設定」画面から→自分のアカウントをタップ

iCloudを選択→iCloud DriveがONになっていることを確認
その際、下にある「LINE」もONに

LINEのバックアップ

iCloudを設定する


「設定」画面での操作はここまで。
次に、LINE画面を開いて操作します。

1.友だち一覧の画面→2.設定

LINEのバックアップ

友だち一覧の画面から設定を選択

3.「トーク」→「トークのバックアップ」
LINEのバックアップ

トークのバックアップを選択
 

→4.今すぐバックアップ
LINEのバックアップ

今すぐバックアップを選択


これですべてのトーク履歴がiCloudに保存されます。

Androidで一括バックアップする方法


Androidの場合は、まずLINEの画面から操作していきます。

LINEの友だち一覧の画面から

1.右上の「設定」を選択→2.「トーク」を選択
LINEのバックアップ

設定からトークを選択

LINEのバックアップ

トークを選択


3.「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択
LINEのバックアップ

トーク履歴のバックアップ・復元を選択

一度もバックアップしたことがない端末では、「トーク履歴をバックアップ&復元」画面が表示されるので、「Googleドライブにバックアップする」をタップ。


Wi-Fiに接続されていない場合は、接続環境を確認。

LINEのバックアップ

Wi-Fi環境を確認

バックアップ先のGoogleアカウントを選択して「OK」
LINEのバックアップ

Googleアカウントを確認


Googleドライブに対するアクセス要求のメッセージを「許可」
LINEのバックアップ

アクセス要求を許可

バックアップがはじまる。
LINEのバックアップ

バックアップがはじまる


ビジネスでLINEを利用するときには、スマホ紛失などには細心の注意を払わなければなりませんが、備えあれば憂いなし。破損や機種変更に備えてバックアップのやり方を覚えておくことで、いざというときに速やかに対応できます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。