欲張り旅行者におすすめ!午前中から夜まで網羅!ハノイ1日観光プラン!

lake hanoi

ホアンキエム湖にて

ベトナムの北部首都ハノイは、日本人旅行者に人気の観光都市。ハノイと言えば、世界遺産ハロン湾を真っ先にイメージする方も多いかもしれませんが、ハロン湾はハノイ市街から3時間以上車に揺られることになりますので、今回は割愛。

ハノイ市内は主に博物館と市場、そして世界遺産が見どころとなっています。政治や歴史に興味がある方はもちろん、東南アジア独特の雑踏や古き良き町の雰囲気を感じたい方にもおすすめの観光ルートを1日組んでみました。朝から夜まで1日通して楽しめるプランなので、短期滞在者や初めてのハノイ観光客は、是非一読してみてください。

9:00~9:30 ハノイ大教会

hanoi church

ハノイ市内の教会の中では格式が高い

日本人旅行者の多くは、ホアンキエム湖周辺、旧市街、タイ湖周辺のホテルに宿泊していることでしょう。ホアンキエム湖エリアであれば徒歩、それ以外でもタクシーで10分から15分程度で行くことができるのが、まず最初に訪れたい「ハノイ大教会」。

聖母マリア像とその背後に聳えるカトリック教会は荘厳。19世紀後半に建てられたフランス統治時代の歴史遺産となり、現在でも毎日多くのカトリック教徒が礼拝に訪れます。ミサの時間になると教会周辺に鐘の音が響き渡り、キリスト教徒でなくとも神聖な時間が訪れることを理解できます。

<DATA>
■Nha Tho Lon(ハノイ大教会)
住所:40 Nha Chung St.Dist.Hoan Kiem.Ha Noi(Googleマップ
営業時間:5:00~12:00、14:00~19:30

9:30~10:30 教会周辺でショッピング&カフェ 

Nha trung street

教会傍のニャーチュン通り

教会の見学が終わったら、そのまま周辺散策を。ハノイに限らず、ベトナムを楽しむ三大カテゴリーが「スパ」、「ショッピング」、「グルメ」です。教会周辺のニャーチュン通り、ニャートー通り、リークオックスー通りはその3つの商店が軒を連ねている日本人に人気の観光エリア。キュートな雑貨をお土産に選んだり、安マッサージで30分から1時間ほどくつろぐのもいいでしょう。また、カフェ天国と称されるベトナム。西洋風の小洒落たカフェもこの界隈にたくさんあります。

「もっとアジアっぽい雰囲気に浸りたい」という方は、リークオックスー通りから路地に入った先に広がるゴーフィン通りを歩いてみましょう。ここはハノイのバックパッカー通り。一泊1000円程度のゲストハウスやドミトリー、オープンカフェ、などが所狭しと並んでいて、大きなリュックを背負った欧米人やアジア人で日夜賑わっています。

10:45~12:00 世界遺産「タンロン遺跡」

thang long

正北門。砲撃を食らった跡も残っている


午前中最後は世界遺産「タンロン遺跡」。かつてハノイがタンロンと呼ばれていた時代の行政の中心地。敷地面積は広大で、ホアンキエム湖北部の旧市街まで広がっていたと言われています。2010年に世界遺産に登録と、比較的最近の観光スポット。現在も発掘調査段階で、その一部が観光客向けに公開されています。

見どころは「端門」、「正北門」、「後楼」、「敬天殿」など。敷地内には博物館やかつての共産党会議室なども見学可能。すべてを見ようとすると半日がかりになってしまうため、見学したいポイントを予め決めておくのがおすすめです。また、入場券の購入は端門傍となります。タクシーで間違って正北門で降りてしまった場合、端門まで15分ほど歩くことになるので注意してください。

<DATA>
■Di Tich Hoang Thanh Thang Long(タンロン遺跡)
住所:19C Hoang Dieu St. Dist.Ba Dinh. Ha Noi(Googleマップ
営業時間:8:00~12:00 、13:30~17:00
入場料:大人3万ドン、子供1万5000ドン

12:00~13:30 ランチタイム。ベトナム料理に舌鼓

vietnamese foods

ベトナムの中でもおいしいと評判の北部料理

ハノイの博物館含む観光施設の大半は12時から13時半まで昼休みに入り休館となりますので、比較的落ち着いたランチタイムをとれるでしょう。旅行者向けのベトナム料理が食べられるレストランが多いエリアは、ホアンキエム湖周辺に固まっています。中級から高級料理まで幅広い予算で楽しめるので、事前に行きたいレストランをピックアップしておくのが先決。また、ガイドブックに載っているような人気店は、昼時になると満員になることもしばしば。予約をしてテーブルを押さえておくことも考えておきましょう。

現地人が普段行く食堂や屋台でランチを楽しみたい方は、旧市街がおすすめ。北部名物のつけ麺「ブンチャー」や、雷魚の油鍋「チャーカーラーボン」などの名店があります。

13:30~14:30 ホアロー収容所

Hoa Lo

ギロチン台も展示されている

ホアンキエム湖から南へ下ると見えてくる博物館。アメリカCNNで「東南アジアで最恐の博物館」として選出されたホアロー収容所は、19世紀まで実際に使われていた収容所。内部も一部はそのままの状態で保存し、博物館として改築されています。脱獄できないよう高い塀で覆われ、敷地内には、実際囚人が脱獄するために掘ったトンネルも一部展示されています。

当時最大で2000人の捕虜が投獄され、非人道的な生活を強いられていたと言われています。囚人は逃げられないように一人一人が足かせをはめられて、その様子は模型で見ることができるほか、実際使われたギロチン台と処刑の様子も展示されています。

<DATA>
■Nha Tu Hoa Lo(ホアロー収容所)
住所:1 Hoa Lo St. Dist.Hoan Kiem.Ha Noi(Googleマップ
営業時間:8:00~17:00

14:45~15:45 女性博物館

women museum

少数民族の女性の衣装などが主に展示されている

ホアロー収容所から徒歩約10分、タクシーで5分かからずに行ける、もう1つの博物館が「女性博物館」です。ベトナムに生きる女性のたくましい姿を映し出すパネルや、少数民族の女性が着る衣類などが展示され、見ごたえは十分。

彼らの生活習慣、冠婚葬祭、宗教などを知ることができる、非常に貴重な博物館で、近年ベトナムの社会問題にもなっている男女平等にも貢献しています。日本とも多少の所縁があり、2013年から2年続けて「ふくしまフェスティバルin Hanoi」を同博物館で実施しました。

<DATA>
■Bao Tang Phu Nu(女性博物館)
住所:36 Ly Thuong Kiet St.Dist.Hoan Kiem.Ha Noi(Googleマップ
営業時間:8:00~17:00 ※月曜休館
入場料:3万ドン

16:10~17:00 タンロン水上人形劇場

Thang Long

レロイ王とと亀の伝説

女性博物館を出たころは、辺りはオレンジ色に。ここからは夜の部のはじまり。まず行きたいのは「水上人形劇場」。1000年の歴史を誇るベトナムの伝統娯楽です。場所は複数で開催していますが、タンロン水上人形劇場が最も規模が大きく有名。ホアンキエム湖北部に位置していて、1日4回から5回公演。チケットは前売りなので、希望の時間が完売していることもあります。ここでは16時10分の回を見たいと思うので、博物館を後にしたらタクシーで寄り道しないで向かいましょう。女性博物館から10分かかりません。

水上人形劇はおよそ40分の公演で、1話数分の劇を十数個続けて行います。劇中の話はベトナムに古くからある慣習や伝説、神話などをモチーフにしたもの。かつては北部農村の雨乞いや大衆娯楽の1つでしかありませんでしたが、政府が観光資源として発展させて現在に至ります。ナレーションは通してベトナム語ですが、コミカルに舞台中央の池を動き回る水上人形たちは、見ているだけでも楽しめます。

<DATA>
■Mua Roi Nuoc Thang Long(タンロン水上人形劇場)
住所:57B Dinh Tien Hoang St.Dist.Hoan Kiem.Ha Noi(Googleマップ
公演時間:15:00、16:10、17:20、18:30、20:00 ※時期によって変更あり。
入場料:1等席10万ドン、2等席6万ドン

17:00~18:00 ディナー

ディナーはホアンキエム湖周辺のレストランをおすすめしたいです。湖の風景を愛でながらテラス席で食事ができる「カウゴーレストラン」や、落ち着いた照明が落ちる気品溢れる「クラブ・オペラ・ノヴェル」などが日本人旅行者に人気どころ。値段は少々張りますが、忘れられない思い出作りに一役買ってくれることは間違いありません。

<DATA>
■Cau Go Restaurant(カウゴーレストラン)
住所:7 Dinh Tien Hoang St.Dist.Hoan Kiem.Ha Noi(Googleマップ

<DATA>
■Club Opera Novel(クラブ・オペラ・ノヴェル)
住所:17 Trang Tien St.Dist.Hoan Kiem.Ha Noi(Googleマップ

18:00~19:00 ラングトイ

週に3回から4回公演しているラングトイは、日本語で「私の村」という意味。雑技団出身によるアクロバティックショーのラングトイは、北部に伝わる伝統や習慣を、ベトナムの象徴でもある竹細工を使ってあらゆる手法で表現。竹細工をリズミカルに鳴らしたかと思えば、静寂の中で曲芸する演者など、単なるサーカスでは終わりません。

<DATA>
■Lang toi(ラングトイ)
住所:51 Duong Thanh St.Dist.Hoan Kiem.Ha Noi
公演時間:18:00~ 約50分。
チケット購入は公式HPより

19:00~ ナイトマーケット

nightmarket

ハノイのナイトマーケットは週末限定

もしハノイの滞在が金曜から日曜の週末であれば、一度は必ず足を運んでほしいのが「ナイトマーケット」。ベトナムではどんな小さな町でも1つはナイトマーケットがあり、地元民の憩いの遊び場となっています。ハノイ市街では週末限定のウィークエンドマーケットが開催。場所はホアンキエム湖北部に広がる旧市街となります。

夜の18時半頃から徐々にお店が開き始め、20時過ぎをピークに毎週賑わいます。スタート地点は旧市街入口のハンダオ通り。そこから北に向かって通り沿いには数百の夜店が並びます。終点はドンスアン市場です。また、このドンスアン市場周りには、政府公認の深夜営業が認可されている食堂があり、深夜2時頃まで営業しています。

<DATA>
■Night Market(ナイトマーケット)
住所:Hang Dao St. Dist.Hoan Kiem.Ha Noi
営業時間:金、土、日曜の18:30~深夜

その他にも、ホテルや市街地に点在しているナイトバーに足を運ぶのもおすすめ。ホテル屋上のスカイバーで夜景を愛でながらカクテルを鳴らすなど、大人の時間を楽しみたい方は、そちらを優先するのもいいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。