ホイアンの名物料理を堪能しよう

hoian food

ホイアンの名物

ホイアンには三大名物料理があります。それぞれ「カオラウ」、「揚げワンタン」、「ホワイトローズ」と呼ばれる料理で、いずれもここホイアンだけでしか味わうことができません。ホイアンのどこのレストランでもメニューには必ずありますし、レストランによっては三大料理を一気に堪能できる「ホイアン料理コース」もあります。どれも味付けは申し分なく、日本人の舌にも合いますので、どんなに短い滞在でもこれだけは試食しておきましょう。

ベトナム風うどん、カオラウ

cao lau

ホイアンで一番人気のカオラウ

カオラウ(Cao Lau)はホイアン三大名物の中でも象徴的存在の料理です。どんぶりに少量の濃厚スープを入れ、うどん風の麺に絡ませて食べます。スープの味付け、野菜などの具はレストランによって異なりますので、一度食べて残念な思いをした方は、めげずにもう一度他のお店で食べてみましょう。もしかしたら自分好みの味が出てくるかもしれません。

cao lau1

製麺機にかけて作る

このカオラウの起源は実は日本のうどんにあると言われています。ホイアンと日本で交易が栄えていた時代、多くの日本人がホイアンに住んでいました。そのときに日本人がうどんをホイアンに伝えたと言われています。確かに麺の歯ごたえはうどんそのものです。こんなところにも日本との繋がりが垣間見えるのは日本人として誇らしいことですね。

 
cao lau2

焼きそば風も

カオラウはうどんのように食べる方法と、フライパンで炒めて食べる方法の二通りの調理法があります。こちらの写真は麺を炒めたもの。ちょっと油っこいですが、日本の焼きそばのような食感を楽しめます。通常カオラウと言うと、最初にご紹介したスープに絡めるうどんタイプですが、こちらも食べてみる価値はあります。

 

>>誰もがハマる揚げワンタン