LINEの「Keep機能」とは?

「Keep機能」は、ざっくりいうと「自分用のメモ」です。

LINEのトーク画面で受け取ったテキストや音声メッセージ、写真、動画、それ以外にもWordやExcel、PowerPointなどのファイルを最大1GBまで保存できます。

仕事相手とのファイル共有もできてとても便利ですが、1ファイルが50MBを超えると保存期間が30日間に限定される点は注意が必要です。

トーク上のデータをKeepに保存する方法

トーク画面からKeepに保存する方法

Keepに保存したいメッセージを長押し→Keep(androidでは“Keepに保存”)をタップ
LINEのKeep機能

Keepに保存したいメッセージを長押しする


覚えておきたい!Keep画面を出す方法


Keepに保存されたファイルは、以下の手順で見ることができます。今回は「自分のプロフィールから開く方法」を解説します。

1.友だち一覧の画面→2.自分のIDをタップ
LINEのKeep機能

友だち一覧の画面から自分のIDをタップ

→3.Keepを選択
LINEのKeep機能

Keepを選択する

上の画面は、LINEの着信時に表示される画面に似ているので「相手からも見えているのでは?」と勘違いしそうですが、Keepは他の人からは閲覧できないのでご心配なく。

これでKeep画面が表示されました。
LINEのKeep機能

Keep画面


ワンランク上!スマホの保存ファイルをKeepに保存する

トーク画面でやりとりしたファイル以外にも、スマートフォンのなかに保存されているファイルであれば、Keepに保存することができます。

スマホ内のファイルをKeepに保存する方法

Keep画面
「+」ボタン→アップロードしたいデータ種類を選択→ファイルを選択

LINEのKeep機能

+ボタン→アップロードしたいデータ種類を選択


これでスマホ上のファイルがKeepに保存されます。

Keepで保存したデータをトークで共有する

【共有リンクを使う方法】
Keep画面から
1.共有したいファイルを選択→2.右下のアイコンをタップ
LINEのKeep機能

Keepに保存したデータを共有する方法


→3.「共有リンクをコピー」を選択

LINEのKeep機能

共有リンクをコピーを選択

→共有したい相手のトーク画面にリンクをペースト


【そのままトークに送信する方法】

■Keep画面から
1.右上の「…」を選択→2.トークに送信
LINEのKeep機能

Keepした内容をトークに送信する


→3.共有するファイルを選択

LINEのKeep機能

共有したいファイルを選択

→トーク相手を選んで送信

■トーク画面から

1.トーク画面から左下の「+」を選択

LINEのKeep機能

トーク画面から左下の「+」を選択

2.「Keep」を選択
LINEのKeep機能

「Keep」を選択


3.共有したいファイルを選択
LINEのKeep機能

共有したいファイルを選択


Keepしたデータをタグ付けする

Keepに保存したデータは、「タグ付け」することであとからの検索がラクになります。

■Keepしたデータにタグ付けする方法

コピペせずにそのままトークに送信する方法の画面と同じように
1.右上の「…」を選択→2.「タグを追加」を選択
LINEのKeep機能

…→タグを追加を選択


→3.タグ付けするファイルを選択
LINEのKeep機能

タグ付けするファイルを選択


→4.タグの名前を入力
LINEのKeep機能

タグの名前を入力


→保存

入力したタグはKeep画面の上部に固定されるので、タップしてタグを選ぶだけでもファイルが簡単に見つけられるようになります。

使いこなすととっても便利なKeep機能。ぜひ活用して仕事の効率をUPさせてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。