(目次)
まずは下準備!“アドレス&パスワード”を登録する
PC版LINEをダウンロード&インストールする
パソコンからログインする
PC版LINEだけの機能「画面キャプチャ機能」を使う
 

まずは下準備!“アドレス&パスワード”を登録する

LINEをPCでも使うには、あらかじめスマホのLINEアプリからメールアドレスとパスワードを登録する必要があります。これらの登録は端末の機種変更でLINEアカウントを引き継ぐ際にも必要になりますので、未登録の場合は以下の手順で登録しましょう。

・メールアドレスの登録方法
友だち一覧の画面
→1.「設定」
(Androidの旧バージョンでは「その他(…)」)
LINEをPCで使う

友だち一覧の画面→設定を選択


→2.「アカウント」を選択
LINEをPCで使う

→アカウント

→3.「ログイン許可」をONに
LINEをPCで使う

ログイン許可をONに


→4.「メールアドレス」をタップしてアドレスを登録。自動で認証
※Androidでは、メールアドレス登録画面でパスワードの登録も同時にできます。
LINEをPCで使う

メールアドレスを登録

→5.登録したアドレス宛に認証番号が届く
LINEをPCで使う

登録したメールアドレス宛に認証番号が届く


→6.認証番号を入力して登録を完了
LINEをPCで使う

認証番号を入力して登録


・パスワードを登録する(iPhoneの場合)
Androidでは先のアドレス登録と同時にパスワードも登録できますが、iPhoneでは、続けて設定します。

友だち一覧→設定→アカウント→パスワード→パスワードを入力(2回)→OK
 
LINEをPCで使う

アドレス・パスワード登録が完了

 

PC版LINEをダウンロード&インストールする

PC版LINEをダウンロードします。まずはお使いのPCからLINE公式サイトにアクセスします。

(Windowsの場合)
Windowsアプリ公式サイト→LINEを選択→アプリをゲット
LINEをPCで使う

PC版LINEをダウンロード


(Macの場合)
LINE公式サイトを開く→Mac App Storeからダウンロード

→Mac App Store→Apple IDとパスワードでサインイン→入手
→「Appをインストール」→「開く」をタップ

 
LINEをPCで使う

PC版LINEをダウンロード

 

パソコンからログインする


PC版LINEを起動すると、先ほど登録したメールアドレスとパスワードの入力画面が出てくるので、入力してログインします。
LINEをPCで使う

メールログイン画面→アドレスとパスワードを入力→ログイン

→初期登録時のみ、4ケタの認証番号が出てくるので、3分以内にスマホ版のLINEに入力して連携を完了します。

→「自動ログイン」をチェックすると次回から入力の手間が省けます。
 

PC版LINEだけの機能「画面キャプチャ機能」を使う

スマホよりも大画面で使えるPC版LINEでは、別画面で作業中の画面をキャプチャしたり、また、そのキャプチャ画面に文字や線などを追加して、トーク相手と共有することができます。

トーク画面を開く→「切り抜きマーク」をクリック
LINEをPCで使う

トーク画面から切り抜きマークをクリック


→キャプチャ範囲を選択
LINEをPCで使う

マウスが上記マークに変わるので、マウスを押したまま範囲を決定


→ツールバーのペンや文字入力機能を適宜選択→完了
LINEをPCで使う

ツールバーを適宜選択
 

→キャプチャ画面をトークで送信
LINEをPCで使う

キャプチャ画像をトークで送信


PC版LINEはスマホとほぼ同じ操作性ながら、スマホにはない機能もあり、とても便利です。

画面キャプチャで撮影した画像は、「Keep」でも保存(リンクする)することができ、上手く活用すると仕事の効率が格段にアップします。ぜひご活用ください!


▼関連記事
仕事に便利!LINEで自分用メモをつくる「Keep」機能
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。