オフィスでもかわいいリップを作るテクニック

ぷっくりしたリップを保つためのテクをご紹介!

ぷっくりしたリップを保つためのテクをご紹介!

メイクアイテムの中でも、好きなものはリップ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はなかなかメイク直しができないオフィスでも使える、リップテクニックをご紹介します。
 

1. リップライナーを使えばリップメイクが長持ち!

リップライナーでベース作り

リップライナーを唇全体に塗るとマットな印象に

バタバタとオフィスで仕事をしていると、リップを塗りなおす時間がないこともありますよね。とはいえ、リップの色が完全に落ちきってしまっていると、ふと鏡を見た時にテンションが下がってしまうことも。そこで口紅の色を長持ちさせるためにおすすめしたいのが、口紅を塗る前の一工夫!

一工夫とは口紅を塗る前にリップライナーを唇全体に塗ること。リップライナーを使うと、ぐっと口紅の色持ちをよくしてくれます。しかも、口紅の発色を良くしてくれる効果も。筆者は唇のくすみを消し、口紅の色が映えるようにピンクベージュの色を選んでいます。
リップライナーでベース作り

リップライナーは輪郭だけでなく、唇全体に塗る

リップライナーで唇の輪郭を描くときは、全体的にぷっくりとしたシルエットになるように、丸みをつけて描くと、ぐっと可愛らしい印象を作れます。

最初に唇の中央から描き始めると、左右のバランスを見ながら描く事ができ、綺麗な輪郭のリップが完成します。輪郭が完成したら、口紅で輪郭の中を埋めるように塗りましょう。

唇を大きく見せたいという人は、リップライナーで唇のラインをオーバー気味に描くと、存在感が出て自然に可愛いリップが完成します。
逆に、唇を小さく見せたいという人は、コンシーラーで唇の輪郭を消すといいですよ。自分の理想の形にあわせて、調整しましょう。

最後に、唇の中央部分だけにグロスを重ねるようにすると立体感がアップして、ぷっくりとしたリップが完成します。グロスは縦にいれると綺麗に見えるので是非試してみてくださいね。
 

2.リップティントを使うなら部分使いがオススメ

ティントは唇の中央部分のみ

ティントは唇の中央部分のみ

最近流行のリップティント。リップの色が落ちないのは嬉しいですが、なじみにくく少し色味が強すぎるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時は、唇の中央部分にのみ色をのせるのがオススメ。コツは、唇の内側から自然に滲み出るような血色感を作るイメージで、唇の内側にしっかりめにぬること。

全体にべったり塗るとオフィスで浮いてしまいそうという方も、中央部分にのみのせれば自然に仕上がりますよ。

■使用アイテム
【リップライナー】 キスミー フェルムシリーズ 01 ピンクベージュ
【リップ カネボウ】 モイスチャールージュ 02 Coral Pink
【リップグロス】 フローフシ Nude Sparkling 003
【リップティント】 ディオール アディクト ラッカー プランプ 556 ダンスフロア

いかがでしたか? しっかり塗りすぎると派手な印象になってしまい、上品に仕上げると意外と地味な印象になってしまうと、加減が難しいリップ。是非参考にしてみてくださいね。

【関連記事】
オフィスでも好印象!薄づき美肌を作るメイクテク
オフィスメイクのアイシャドウ!おすすめコスメ紹介

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。