アプリで勉強時間を計画・管理して学力アップ!

勉強時間管理アプリ

勉強時間計画・管理アプリでモチベーションを上げて学習を継続させよう

「◯◯高合格」「□□大合格」「定期テストの点数アップ」などの目標を持って勉強している人は多いでしょう。しかし、目標までの期間が長いため、途中で息切れしてしまいがちです。そのような時は、学習した時間を可視化したり、仲間と励まし合うことで、継続しやすくなります。

記録だけでなく、計画を立てたり、管理したり、共有できるアプリもあります。今回は、様々な勉強時間計画・管理アプリをご紹介していきます。

1.Studyplus(スタディプラス)(Android、iOS対応)



教科ごとに勉強時間や勉強量を記録・共有・管理できるアプリの代表格です。勉強の進捗がグラフ化されたり、勉強のやる気を維持したり、SNS機能を使って同じ目標の仲間を見つけて励まし合うことができます。

高校受験、大学受験、テスト対策などに活用できます。レビューで人気の教材を探す機能もある他、学習に役立つ情報を得ることもできます。

iPhoneでダウンロード
Androidでダウンロード

2.目標達成タイマー(iOS対応)

勉強時間管理アプリundefinedおすすめundefined目標達成タイマー

目標達成タイマー 画像は公式ダウンロードページより引用


勉強内容と一日の目標時間を決めてタイマーをかけて利用し、タイマーが終了すると時間が記録されます。普段の勉強用の他、試験前など複数のタイマーが保存できます。

目標と比べて実際に行った時間が棒グラフで比較できるので、達成できたかどうかも一目で分かります。また、期間を決めて日ごとの学習総時間も折れ線グラフで見られるため、やる気につながるでしょう。

iPhoneでダウンロード

3.みんチャレ―三日坊主防止アプリ(Android、iOS対応)

勉強時間管理アプリundefinedおすすめundefinedみんチャレー三日坊主防止アプリ

画像は公式ホームページより

学習やダイエットなど50のカテゴリーの中から目標を選び、同じ目標を持つ仲間を持つ5人で協力して挑戦するアプリです。仲間に報告したり励ましてもらうことで、継続するモチベーションにつながります。猫キャラが可愛らしく、チャット形式で使いやすいでしょう。

まず自分と同じ目標のチームの中から、メンバー募集中のチームを検索します。年齢・性別制限、チャレンジ期間などを確認し、自分と合いそうなチームに参加して、チーム一丸となってチャレンジを続けていくことになります。チャレンジしたことが分かる写真を投稿し、仲間に「OK」をもらうとコインが入手できます。コインはスタンプなどに交換できます。

iPhoneでダウンロード
Androidでダウンロード

4. コソ勉(Android、iOS対応)



勉強科目に合わせて最大9色のペンを設定します。方眼紙の一マスは15分。勉強した分だけ学習した科目の色をぬっていく仕組みです。総勉強時間や科目ごとの勉強時間も確認できます。ノートに色を塗っていくことで達成感が味わえます。

SNS連携がなく、こっそり勉強したい人におすすめです。

iPhoneでダウンロード
Androidでダウンロード

5.勉強日記~毎日の勉強時間を簡単管理~(iOS対応)

勉強時間管理アプリundefinedおすすめundefined勉強日記~毎日の勉強時間を簡単管理~

画像は公式ダウンロードページより

学習時間総計、教科別の学習時間、一番学習している教科などが分かります。学習時間の長さはタイマーで記録されます。勉強時間が増えるに連れて、ユーザーレベルが上がっていくのでモチベーションにつながるでしょう。

この他、TwitterやInstagramなどで勉強用のアカウントを作り、同じ目標を持つ仲間を募って励まし合う使い方もされています。自分に合った好みのアプリを探して、楽しく勉強を続けてください。

iPhoneでダウンロード

【関連記事】
中学生向けの勉強アプリ!プロがおすすめする人気7選
子どもがスマホアプリで勉強するメリットと注意点
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。