都内から日帰り可! 山梨のいちご狩り事情とシーズン

いちご狩り

山梨でいちご狩りを楽しもう!(写真提供:やまなし観光推進機構)


ぶどう、桃、スモモの収穫量は全国1位というフルーツ王国山梨。春にはいちご狩りもバッチリ楽しめます。新宿から甲府まで電車で約90分なので、都内からも日帰りも可能です。いちご狩りができる農園は県内各地に点在しているのもポイント。宿泊施設や立ち寄る観光スポットによって便利な場所を選べます。

シーズンはいちご園によってちがうのであくまで目安ですが、12月中旬~5月下旬ごろです。品種は章姫(あきひめ)や紅ほっぺなどが多く栽培されています。

それでは、おすすめのいちご狩りスポットをご紹介していきましょう。

1.めずらしい白いいちごが食べられる!「グルメいちご館 前田」(中央市)

グルメいちご館前田

広々としたハウス内で紅白のいちごを楽しもう


中央自動車道甲府南ICから車で約10分の「グルメいちご館 前田」では、残留農薬ゼロの5種類のいちご狩りを、エリア内は、なんと時間無制限で楽しめます。5種類のいちごのなかには、めずらしい白いいちご「ホワイトレディー」(またはホワイトベリー)も! グループごとに場所を決めるプライベートエリア制で、いちごを傷めないようにはさみで摘み取るのが同園のこだわり。

グルメいちご館 前田
山梨県中央市成島1437
055-273-3519
時期:12月上旬から5月13日
料金:小学生以上1300円~2100円、小学生未満500~1000円(※価格は税込み、時季により変動)

2.2018年オープン!「ICHIGO ZANMAI」(南アルプス市) 

ICHIGO ZANMA (イチゴザンマイ)

県下最大級のいちご農園「ICHIGO ZANMA (イチゴザンマイ)」


2018年1月にオープンしたばかりの真新しいいちご農園「ICHIGO ZANMAI(イチゴザンマイ)」。広さは1000平方メートル、なんとテニスコート4面分に相当します。ここではバラエティ豊かな10種類のいちごが30分間食べ放題。まさに「イチゴザンマイ」を満喫できます。10種類のいちごのなかには、女性に人気の「おいCべりー」「もういっこ」などめずらしいいちごも。撮影用にインスタ風のフレームもあり、おいしい時間はバッチリ思い出にも残せます。

ICHIGO ZANMAI(イチゴザンマイ)
山梨県南アルプス市西南湖1240
0556-20-6033
時期:1月~5月末 ※完全予約制
料金:30分食べ放題 大人800~1800円、子ども(3~5歳)500~1200円(※価格は税別、時季により変動)


3.大きくて甘い!安心安全ないちご「おくやま果寿園」(甲州市)

おくやま果寿園

安心・安全にこだわった減農薬栽培を心がけており、ファミリーにも人気


山梨県甲州市に位置する「おくやま果寿園」。地下100mからの天然ミネラル水を使い、減農薬栽培で育てたいちごは、とにかく大きくて甘いと評判。40分食べ放題で、品種は章姫や紅ほっぺなど。エコファーマーの認定も受けており、いちごのほかに、桃、ぶどう、柿(枯露柿)も 栽培しています。車いすとベビーカー対応のバリアフリー型のいちご狩り園で、心ゆくまでいちごを楽しめます。

おくやま果寿園
山梨県甲州市塩山藤木465
TEL:090-8945-8968/0553-33-5287
時期:1月~5月下旬
料金:40分食べ放題 小学生以上1200~2100円、3歳以上600~1300円(※価格は税込み、時季により変動)

4.愛犬と一緒にいちご狩り「こまざわフルーツファーム」(笛吹市)

こまざわフルーツファーム

無料のドッグランを併設しているのでワンちゃんと一緒にぜひ


JR石和温泉駅から車で約15分。石和温泉駅やホテルから無料送迎(※要予約)もしてくれるので、電車でも行きやすいいちご園です。広々とした無料のドッグランが併設されており、ワンちゃんを遊ばせながらいちご狩りができるのが特長。犬用カート(スリングキャリー)を使えば、愛犬と一緒にいちご狩りも楽しめます(※詳細は要問合せ)。いちご棚の高さが地上1メートルのところにあるので、しゃがまずにいちご狩りを楽しめてラクラク。通路も広く、気持ちよくいちご狩りが楽しめます。

こまざわフルーツファーム
山梨県笛吹市石和町東油川290-1
090-1855-8585/055-261-7715
時期:1月中旬~5月上旬
料金:1時間食べ放題 小学生以上800~2000円、園児(3歳以上)500~1200円(※価格は税込み、時季により変動)

5.桃の花見といちご狩りを一度に楽しめる「見晴し園」(笛吹市)

見晴らし園

期間限定の「桃の花見+いちご狩り」のW狩りは山梨ならでは!


いちご、桃、ぶどう、リンゴと1年を通してフルーツ狩りができる大きな観光農園です。日本一の桃の里である一宮町の農園らしいのが、2018年4月1日~4月20日までの期間限定企画「桃の花見+いちご狩り」。桃畑を見ながら、いちご狩りのハウスまで案内してくれるというもので、花見+いちご狩りをダブルで楽しめてお得感いっぱい!

この時期は桃の花がかわいいピンクの花を咲かせ、晴れていれば青空とのコントラストも見事。いちごは3種類を30分食べ放題。お好きな方は練乳やチョコレートもつけ放題です。

見晴し園
山梨県笛吹市一宮町土塚240
時期:12月下旬~5月中旬 *W狩り[桃の花見+いちご狩り]は、2018/4/1/~4/20の期間限定
料金:30分食べ放題 大人(小学生以上)1000~2200円、幼児(小学生未満)600円~1700円(※価格は税込み、時季により変動)

6.県内最大級のいちごの里「小曲観光いちご組合」(甲府市)

いちご狩り

のどかな風景に心が和む甲府市小曲町


さきほど山梨のいちご園は点在している……といいましたが、1か所だけいちご園が集まっているエリアがあります。それが、甲府市の小曲町(おまがりちょう)。のどかな田園のなかにビニールハウスが並ぶ風景に心が癒されます。

このエリアは日照時間と地下水に恵まれているため、40年以上前からいちご栽培がされてきました。小曲町のいちご園がのうちいくつかの農家が小曲観光いちご組合に加入しており、入園料金や時間を統一しています。

小曲観光いちご組合
時期:1月~5月中旬
料金:30分食べ放題大人1000~1800円、未就学児(3~6歳)800~1200円(※価格は税込み、時季・月により変動)


ぜひ旬のいちごをフルーツ王国山梨で存分に味わってみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。