アマン東京にイタリアンレストランがオープン

アマン東京 アルヴァ

アマン東京 アルヴァ

2018年1月26日、アマン東京に「アルヴァ(Arva)」がオープンしました。アマンが全世界で展開を始めた新しいイタリアンレストランということで食通の注目を集めています。

「アルヴァ」は英語「Harvest(収穫)」の語源となるラテン語であり、季節の恵みを生かしたシンプルで誠実なイタリア料理が既に好評を博しているのです。

その土地の山や海での収穫と季節の恵みに感謝し、手を加えすぎず、食材そのもののおいしさを引き出しているので、同じく食材を大切にしてきた日本人には非常に馴染みがある料理になっていると言えるでしょう。

圧倒的な空間

アマン東京 内観

内観

「アルヴァ」はロビーフロアに位置しています。ロビーフロアは縦40メートル、横11メートル、高さが約30メートルもの吹き抜けという広さ誇っており、アルヴァも窓の高さが8メートルもあり、圧倒的な空間となっています。

テーブル間隔は広く、オープンキッチンを間近に捉えられるカウンター席も設けられています。窓からは東京タワー、新宿高層ビル群が望め、非常に素晴らしい雰囲気です。とても上質で居心地のよい空間になっており、恋人とはもちろん、友人や家族と貴重な時を過ごせるでしょう。

イタリアで17年も修行したエグゼクティブシェフ

アマン東京 エグゼクティブシェフ 平木正和氏

エグゼクティブシェフ 平木正和氏

エグゼクティブシェフは平木正和氏。イタリアで17年を過ごし、そのうち13年を山と森と海に囲まれたヴェネトの州都であるヴェネチアでヴェネト料理の経験を積んできました。「アルヴァ」では平木氏が学んで蓄えてきたレシピが新しく皿の上に姿を現し、東京の都心にいながら、本場のイタリア料理を楽しむことができるようになっています。

お勧めは「Raccolta(収穫)」

イタリア料理を知り尽くしている平木氏がお勧めするのはディナーコース「Raccolta(収穫)」です。

Raccolta(収穫) 14000円(税・サービス料は別途)
  • アンティパスト
  • 2種のパスタ
  • 魚料理 もしくは 肉料理
  • ドルチェ
  • 小菓子
  • コーヒー もしくは 紅茶
メインの魚、肉料理、デザートは、シェフやサービススタッフがテーブルまで運んできて、目の前で取り分けてくれるスタイルとなっています。かしこまって食べるのではなく、同席者やシェフ、サービススタッフと会話を楽しみながら食べられるのが特徴です。

「Raccolta(収穫)」コースの料理と「アルヴァ」で提供されているワインを詳しくご紹介しましょう。

アンリオ ブリュット・スーヴェラン(別料金)

アマン東京 アンリオ ブリュット・スーヴェラン

アンリオ ブリュット・スーヴェラン

シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%。"Souverain(スーヴェラん)"は「至高の」という意味です。白い花やブリオッシュの香りやミネラル感があり、クリーミーな風味となっています。

ドンナルーチェ ポッジョ レ ヴォルピ(別料金)

アマン東京 ドンナルーチェ ポッジョ レ ヴォルピ

ドンナルーチェ ポッジョ レ ヴォルピ

イタリア・ラツィオの白ワイン。マルヴァジア・デル・ラツィオ60%、グレコ30%、ソーヴィニヨン10%。しっかりとした果実味があって、力強くもエレガントです。クリームを使ったしっかりとした料理と相性がよいでしょう。

プラネタ シャルドネ(別料金)

アマン東京 プラネタ シャルドネ

プラネタ シャルドネ

イタリア・シチリアの白ワイン。シャルドネ100%。柔らかくて、力強い味わいながらも、ちょうどよい酸味があります。

ブルネッロ ディ モンタルチーノ コルドルチャ 2012(別料金)

アマン東京 ブルネッロ ディ モンタルチーノ コルドルチャ 2012

ブルネッロ ディ モンタルチーノ コルドルチャ 2012

イタリア・トスカーナ州の赤ワインで、ブルネッロ100%。バラ、ラズベリーの香りがあり、しっかりとした辛口でフルボディです。

ニョッコ フリット ナスのマリナートとコッパ ローズマリー

アマン東京 ニョッコ フリット ナスのマリナートとコッパ ローズマリー

ニョッコ フリット ナスのマリナートとコッパ ローズマリー

最初に提供される1品で、手を使って気軽に食べられます。クリスピーな生地に、マリネして酸味のあるナス、豚の首肉で作られたハムのコッパ。ローズマリーと黒胡椒によってアクセントがあります。シャンパーニュとよく合います。

アンティパスト ミッレ グースティ

アマン東京 ラディッキオ

ラディッキオ

アマン東京 アンティパスト ミッレ グースティ 1品目

アンティパスト ミッレ グースティ 1品目

前菜は、冷前菜と温前菜を組み合わせた平木氏の意欲的なスタイルです。

冷前菜は、チコリに似たイタリアの野菜「ラディッキオ」を使ったサラダ。「ラディッキオ」は栽培に手間がかかるため、高級食材となっています。静岡県の契約農家のカブを合わせ、ブドウから作られる甘いシロップ「ヴィンコット」で作ったソースをかけています。

アマン東京 アンティパスト ミッレ グースティ 2品目

アンティパスト ミッレ グースティ 2品目

温菜はポレンタのコロッケで、裏ごしした干しダラとアスパラ菜を添えています。ラディッキオのサラダの後に、サクサクとしたコロッケを食べると、心地よいコントラストが感じられるでしょう。
アマン東京 プンタレッラ

プンタレッラ

アマン東京 アンティパスト ミッレ グースティ 3品目

アンティパスト ミッレ グースティ 3品目

イタリア野菜「プンタレッラ」はローマの冬野菜として、イタリアではよく食されています。日本では食べられるところが少ないので、非常に貴重な体験となるでしょう。シャキシャキとした食感と適度な苦味があり、バーニャカウダソースに付けていただきます。

ラビオリ カチョ エ ペペ 黒胡椒とペコリーノロマーノ

アマン東京 ラビオリ カチョ エ ペペ 黒胡椒とペコリーノロマーノ

ラビオリ カチョ エ ペペ 黒胡椒とペコリーノロマーノ

パスタは2種類も提供されます。1つ目が平木氏がイタリアへ行って最初に感動したイタリアの家庭で食べたマンマのラビオリ。ラビオリは歯応えがしっかりと感じられ、黒胡椒が香り立ち、ペコリーノロマーノの風味が口中に広がります。

パッパルデレ 猪のラグーとトリュフ

アマン東京 パッパルデレ 猪のラグーとトリュフ

パッパルデレ 猪のラグーとトリュフ

2つ目のパスタです。幅広パスタ「パッパルデレ」は自家製。猪のラグーはとても力強いので、赤ワインと合わせてもよいでしょう。香りが豊かなポルチーニ茸、味の奥行きを加えるパルメザンチーズが合わせられています。目の前でトリュフを削ってもらえるのも、嬉しいです。

カマスのグリルカリフラワーのアッローストとアッチューガ

アマン東京 カマスのグリルカリフラワーのアッローストとアッチューガ

カマスのグリルカリフラワーのアッローストとアッチューガ

魚料理もしくは肉料理を選べます。こちらは魚料理です。目の前まで持って来てくれた後で取り分けてもらえます。

2時間もローストしたカリフラワーはしっとりしており、カリッとグリルしたカマスは自然な旨味を携えています。アンチョビバター、ガーリックトースト、イタリアンパセリが加えられ、ローリエ、タイム、ローズマリーで香り付けをしています。

スプリングラムラックのアッロースト 茸と香草

アマン東京 スプリングラムラックのアッロースト 茸と香草

スプリングラムラックのアッロースト 茸と香草

こちらは肉料理で、魚料理と同様に、目の前まで持って来てくれた後で取り分けてもらえます。

春から初夏の栄養価が最も高い時期の牧草で育った仔羊「スプリングラム」のロースト。臭みはなく、羊の複雑な味わいを携えています。ローリエの香りによって上品に仕上がっています。

トルタ ディ カスターニャ

アマン東京 トルタ ディ カスターニャ

トルタ ディ カスターニャ

目の前で切り分けてもらえ、バニラアイスクリームを載せて作ってもらえます。

ヘーゼルナッツのタルトは下層から順番にヘーゼルナッツの生地、栗、ヘーゼルナッツのダッコワーズ。香りと食感を楽しめる伝統菓子で、コーヒーやエスプレッソとの相性は抜群です。

小菓子

アマン東京 小菓子

小菓子

グラスに入れられたティラミスです。上にはアマレッティが載せられています。コーヒーとチョコレートのソースを目の前でかけてもらえ、とてもよい香りが立ちます。

小菓子はもう1品あります。伝統的な木箱を使ったハンドメイドのジェラートで、目の前で仕上げてミニコーンでサーブしてくれます。氷と塩で作られたバジルとライムのジェラートなので、口中がさっぱりとするでしょう。

■アルヴァ(Arva)
住所:東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー アマン東京 33F
TEL:03-5224-3339(お問い合わせ 9:00~21:00)
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00(L.O. 22:00)
定休日:なし
アクセス:「大手町」駅から地下通路で直結
地図:Yahoo!地図情報
URL:https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo

※データは記事公開時点での内容です


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。