有坂翔太さんがプロデュース!赤坂のカジュアルイタリアン

2017年5月に赤坂にオープンした「料理家バルAri's(アリーズ)」。料理研究家・有坂翔太さんがプロデュースするカジュアルイタリアンです。
料理研究家 有坂翔太(ありさかしょうた)さん

料理研究家 有坂翔太さんプロデュースのお店

有坂翔太さんは、王様のブランチ(TBS)、お願い!ランキング(テレビ朝日)、ヒルナンデス!(日本テレビ)などのTVや雑誌、イベントなどで多数活躍している料理研究家です。
 
有坂翔太さんは岡山県農産物PR大使もつとめる

有坂さんは岡山県農産物PR大使『フルーツ桃太郎』としての活動も

食育にも高い関心があり、農林水産省での講演や岡山県真庭市の「美味しい給食プロジェクト」にも関わり、出身地の岡山県農産物PR大使『フルーツ桃太郎』でもあります。
 
プロデュースといっても、メニューだけでなく、客席やキッチンのライトのセレクトや取り付けといった内装も全てにおいて、有坂さんの手作りです。
料理家バル アリーズのキッチン

キッチンの様子が垣間見える

 

ランチメニューはリーズナブルなのにボリューム大!

そんな空間の中で頂けるランチは¥750のチキンサラダと¥850の日替わりパスタという、リーズナブルな2種類!
料理家バル アリーズの日替わりパスタ

ボリューム満点!日替わりパスタ

どちらもかなりの大盛りですが、どのお客様も、アッと言う間に完食。生麺を使ったパスタも、ボリューミーですが、女性でも難なく平らげられるのは、具沢山で野菜が種類豊富に入っているから。野菜そのものの味わいが分かるように大きめにカットしてあるので、食べた場所によって味わいが変わり、全く飽きません。
料理家バル アリーズのチキンサラダ

岡山産の野菜がたっぷりなチキンサラダ

サラダは種類豊富の野菜だけでなく、とっても柔らかなチキンがたっぷり入っているので、食べ応えも十分。さらに、極めてシンプルな材料で作られた手作りのドレッシングは、野菜や鶏肉の旨味を引き出すだけでなく、ほどよく酸味が効いていてとても美味。もちろん、この野菜も有坂さんの地元の岡山産です。

 

ディナータイムには、こだわりの一品料理がオーダーできる

ディナーでは、牛すじオムレツなどの一品料理が頂けます。見た目はいたってシンプルですが、どれも一口食べると、その味わいの奥深さに驚かされます。
料理家バル アリーズの牛すじオムレツ

とろける食感の牛すじオムレツ

オムレツは一見しっかりめな焼き具合なのに、中は半熟状態なので、ふんわりと口のなかでとろける食感。ソースのバリエーションがいくつかあり、牛すじのソースを絡めたものや、香りの良いトリュフソースを絡めたものにフォアグラのコンフィをのせたロッシーニ風のものも人気です。
料理家バル アリーズのイノシシのロースト

冬の期間のオススメはジビエ!これはイノシシのロースト

11月~2月はジビエがオススメ。有坂さんご自身も那須高原や岩手の狩猟に加わることがあるそうですが、仕留めた獲物は素早く血抜きや解体を行うので、嫌な匂いやクセが出ないのが自慢。イノシシのローストは、しっかりした歯ごたえはあるのに絶妙な火入れで柔らかに仕上げられています。
料理家バル アリーズのパスタ肉団子と岡山野菜のパスタ

こちらもボリューム大!肉団子と岡山野菜のパスタ

そしてこのディナーメニューも、ランチと同じくコスパが抜群。イノシシのローストも1000円台後半から提供されています。

有坂さんは、以前から飲食店のコスパに敏感で、価格設定にはとてもこだわりは人一倍です。ご本人いわく、「うまっ!安!」がコンセプトということです。都心の一等地ながら、雰囲気、料理&ワイン、コスパの三拍子が揃った貴重なお店です。
料理家バル アリーズの店内

温かみが感じられる店内

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。