ナチュラル&オーガニックコスメの使用感、発色が進化!

ナチュラル&オーガニックコスメは肌に優しいので安心して使える

肌に優しいので安心して使える

ナチュラル&オーガニックの市場が広がる中で、最近特に進化著しいのがメイクプロダクトだ。これまでは、肌には優しいけれど、発色がもう一歩だったり、満足のいく使用感ではなかったり……。まだまだ「メイクを楽しむ」域には達していなかったように思うが、ここ数年で、その発色や質感、使用感が劇的に進化しそして容器などもグッとおしゃれになった。少しくすみがかった絶妙な発色も増え、植物由来の色素では、なかなか難しかった鮮やかな色も登場。

メイクは何と言っても、ワクワク、ドキドキしながら魔法をかけるような気持ちで使いたい、というのがオンナ心だ。このドキドキ感を持ち合わせていて、かつ肌に優しい、というものがあったら使わない手はない。

ナチュラル&オーガニックメイクって?

これは、スキンケアでも言えることだが、オーガニック化粧品の定義はまだ日本では統一されていない。そもそもオーガニックというのは環境循環の考え方から来ており、「サスティナビリティ」「トレーサビリティー」という製品の原料から製品化のプロセスまでクリアにして、地球に優しく、というのが世界基準。

かつ、有機栽培された植物原料を使っていること、それがどのくらいの割合で配合されているか、その効果など、スキンケアに増してオーガニックのメイクを日本において定義するのは難しいと思われる。

だが、「オーガニック」とまではいかなくても、「肌に優しい」「肌に負担が少ない」ということを軸に植物エキスをたっぷり配合し、肌に優しい素材を使うという商品設計は消費者にとってメリットが大きい。こういったメイクプロダクトのニーズはこれからどんどん高まっていくはず。今回、いくつか実際に使用しているオススメアイテムをご紹介したいと思う。

【ナチュラグラッセ】毎日使いたいUV 下地

ナチュラグラッセ┃UV プロテクションベース

ナチュラグラッセ┃UV プロテクションベース

まず、ナチュラグラッセのUV下地から。これは、肌になじませ、伸ばしていくと程よい艶のヴェールをかけてくれる秀逸品だ。この光沢感が絶妙で、肌状態が良好ならば、これひとつだけでも良いんじゃないかと思うくらいの仕上がり。ナチュラル&オーガニックの下地でこのクオリティはちょっと感動ものだ。SPF50+を実現しているのに、ビルベリーや大豆、オリーブなどたっぷりの植物成分を配合したみずみずしいテクスチャーにも拍手。

UV プロテクションベース SPF50+・PA+++ 30ml ¥3,200(税抜)(3月1日発売)/ネイチャーズウェイ(0120-060802)

【エトヴォス】描きやすく、発色も抜群のアイブロウペンシル

エトヴォス/ETOVOS┃ミネラルデザイニングアイブロウ

エトヴォス┃ミネラルデザイニングアイブロウ

植物由来のオイル・ワックスとミネラルでできたペンシルタイプのアイブロウ。暗めの髪色に合うアッシュブラウン、明るい髪色に合うナチュラルブラウンの2色展開で、すごくナチュラルだけど適度な発色なので使いやすい。アイブロウペンシルの硬さ、滑らかさはとても重要だが、これは本当にちょうどいい硬さで、色もフィットしやすい。これで石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、合成香料フリーで肌への負担も少ないのは嬉しい。

ミネラルデザイニングアイブロウ 全2色 ¥3,500(税抜き・セット価格)(1月25日発売)/エトヴォス(0120−0477-80)

【shiro】ゆずの香りがする新しいマスカラ

shiro┃ がごめ昆布マスカラべース(左)、 がごめ昆布マスカラ(中央)、ブラックのマスカラ(右上)、ダークネイビーのマスカラ(右下)

shiro┃ がごめ昆布マスカラべース(左)、 がごめ昆布マスカラ(中央)、ブラックのマスカラ(右上)、ダークネイビーのマスカラ(右下)

shiroを代表する素材の一つ、がごめ昆布を使ったマスカラベースとマスカラだ。何と言ってもゆずの香りがするところがポイント。リラックスしながら使える。マスカラベースはトリートメント効果が高く、しっかりボリュームアップ。滑らかにまつ毛と絡みついて、長く、美しく際立つ目元に仕立てる。3色展開で、まずはブラックを押さえておきたいところだが、ダークネイビーもニュアンスのある目元に仕上げてくれるのでオススメ。

がごめ昆布マスカラ 3色 ¥4,200(税抜)
がごめ昆布マスカラベース ¥4,000(税抜)/共にローレル(0120-275−606)

【セルヴォーク】複雑にきらめくグリーンブラウンアイシャドウ

セルヴォーク/Celvoke┃ ヴォランタリー アイパレット 08(左)、カムフィー クリームブラッシュ 03(右)

セルヴォーク┃ ヴォランタリー アイパレット 08(左)、カムフィー クリームブラッシュ 03(右)

センセーショナルにデビューしたセルヴォークは、モードかつ大胆なカラー展開で、新色ごとに新しい表情を見せてくれる注目のブランド。春の新色で特に気になったのがこちらのグリーンブラウン系のアイパレットとチーク。アイシャドウは、植物由来のオイルを高配合しており、粉感ゼロの滑らかな使い心地。角度によって色味や光り方が変わるような、まさに移ろうオーラ満載の1品。また、オレンジがかったブラウンは、40代の肌にもしっくりきつつ、ちょうどいい血色感を与えてくれる。このアイシャドウの色味とも合う。

ヴォランタリー アイパレット 08 ¥6,200(税抜)
カムフィー クリームブラッシュ 03 ¥3,200(税抜)(1月26日発売※一部12日より先行発売あり)/共にセルヴォーク(03−3261-2892)

【Dr.ハウシュカ】国際認証NATRUEを取得している本格派

Dr.ハウシュカ┃シアーリップスティック(左)、ブロウ&ラッシュ マスカラ(右)

Dr.ハウシュカ┃シアーリップスティック 02(左)、ブロウ&ラッシュ マスカラ(右)

Dr.ハウシュカといえば、スキンケアのイメージが強いかもしれない。バイオダイナミック農法による原料を使っているが、メイク品にもできるだけ使用。全ての製品がドイツ国内の皮膚科医のテスト済みで、国際認証NATRUEを取得している。ちなみに、NATRUEとは、オーガニック&ナチュラル化粧品に関する厳格な基準の維持を目的として2007年に設立されたベルギーにある国際認証機関で、現在約130ブランド、3000の製品が認証を取得している。
その中で、ならではのアイテムをご紹介。ハウシュカのリップスティックは、植物エキスやオイルが配合されており、保湿力抜群。こちらのリップは色同士を混ぜ合わせたり、チークにも使うこともできるところが魅力。ブロウ&ラッシュマスカラは、まつ毛の下地にも使えるし、アイブロウの仕上げやケアも、とマルチに使えて便利!

Dr.ハウシュカ シアーリップスティック 全6色 ¥3,200(税抜)
ブロウ&ラッシュ マスカラ ¥3,000(税抜)/共にインターナショナルコスメティックス(03−5833−7022)

【MiMC】美容液設計のシンプル処方が光る

MiMC┃ミネラルリキッドリーシャドー 04

MiMC┃ミネラルリキッドリーシャドー 04

パーリィな質感や色味など、最近展開するカラーにココロ踊るのがMiMCだ。今年の新色として発売予定のリキッドシャドーは、潤いを届ける目元専用美容液設計。確かに肌の乾きも気になってくるお年頃に、こういったニュアンス溢れるカラーものは他にはない。北海道で採取できる白樺水やクインスシードエキスなど、デリケートな目元に合わせた成分を配合。04のスカイラインは、透明感と光沢感を放つアイスブルー。これ1つで目元を明るくフレッシュに。この上に同系のカラーを重ねても美しく仕上がる。

ミネラルリキッドリーシャドー 04 ¥3,300(税抜)/MiMC(03−6421−4211)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。