知っておきたい、卒入式での母親の服装の選び方やマナー

卒入式

失敗しない、卒入式にふさわしい格好とは?


一生に一度の大切なお子さんの卒園式・卒業式、入園式・入学式。今回は、参列する母親の服装の注意点と、卒入式に相応しくコスパも良いおすすめブランドのハレの日服を紹介します。

【INDEX】
・知っておきたい、卒入式での母親の服装の選び方やマナー
卒業式・入学式は同じでいい?
ストッキングはベージュが基本
ワンピースやスカート、パンツはどれがいい?
イタい母親にならない! 卒入式でやってはいけないNGマナー
PLST(プラステ)の卒業式・入学式におすすめの服装
CELFORD(セルフォード)」の卒業式・入学式におすすめの服装


卒業式・入学式は同じでいい?

卒園式・卒業式は「別れ」の意味を持つ式典なので、派手さや色っぽさは控えて、ブラックやネイビー、グレーといったダークカラーのスーツやセットアップを選んで、落ち着いた雰囲気にまとめるのが鉄則です。

一方で、入園式、入学式は、「新しい出会い」や「始まり」を意味しているので、明るい印象の白やベージュ、パステルカラーといったカラーが人気となっています。式典で浮かないようにブラックのスーツを着用しているママもいますが、入学式ではできる限り暗くなりすぎないように気を付けたいもの。ブラックスーツを選んだ場合、インナーは明るめのものをセレクトするか、コサージュやアクセサリーなどの小物を上手に活用して、明るい印象に仕上げてください。


ストッキングはベージュが基本

ストッキングの色は、ベージュが基本です。黒のストッキングはお葬式を連想させるので、ハレの舞台である入学式にはふさわしくありません。目立つ柄物はもちろん、カラータイツは派手な印象でNGです。ストッキングよりも厚いタイツ(30デニール以上)はカジュアルアイテムなのでマナーとしては本来NGですが、入学式当日が寒い場合は防寒対策を優先してもOKです。
デニールとは?黒タイツの厚さや透け感、機能性を比較≫≫


ワンピースやスカート、パンツはどれがいい?

卒入式向けのスーツは、ジャケット×スカートのセット、もしくはジャケット×ワンピースのセットが多くなっています。

ジャケット×スカートは、典型的なスーツスタイルの印象でフォーマル感が強いので、きちんと感を演出したいママにおすすめ。

一方、ジャケット×ワンピースは、ワンピースの上にジャケットを羽織ればすぐにコーディネートが完成して失敗しません。あまり堅苦しくしたくないママには、ジャケットとワンピースが異素材のものや、ブラウスとスカートをコーデしたようなドッキングワンピ×ジャケットスタイルもおすすめです。

普段スカートをはかないというママや、下の子も一緒に式に出席するママには、パンツスーツがぴったり。パンツスタイルは動きやすく、春先の気温が低い日にも防寒ができて◎。スカートやワンピースのスーツに比べてメンズライクな印象なので、ジャケットのインにラッフルがあしらわれたブラウスを選んだり、華やかなアクセサリーを合わせたりして、フェミニンに仕上げるのがいいでしょう。


イタい母親にならない! 卒入式でやってはいけないNGマナー

いずれにしても忘れてはいけないのは、卒入式の主役はあくまでも子供であること。子供より目立つ服装や、自己主張の激しい服装はNGです。

例えば、鮮やかなレッドカラー、ベルベッドやサテンなどのドレッシーな光沢がある素材は避けてください。フリルがふんだんにあしらわれた服や、スパンコールがたっぷりと使われている服といった、過度な装飾が施された洋服もNGです。

また、昼の式典であり、母親らしい落ち着きや気品を見せたい場面なので、短すぎるミニスカート、高すぎるハイヒールやピンヒールも式にはふさわしくありません。以上に気をつけて、卒入式に参列しましょう。

次に、卒入式におすすめのコスパの良い洋服を2ブランドから探してきました! 早速、見ていきましょう。

 

コスパ抜群! 人気ブランドPLST(プラステ)のオケージョン服

「VERY」や「STORY」、「with」、「InRed」など、数多くのファッション誌に掲載されている「PLST(プラステ)」は、オリジナルアイテムとインポートブランドを扱うセレクトショップです。都会的でスタイリッシュなテイストで抑えめのプライスなので、オフィスファッションとしても人気を博しています。

確かな品質で評判のいいアイテムが1万円以下でも豊富に揃っているのが特徴です。ジャケットはアラウンド2万円、ワンピースやスカート、パンツはアラウンド1万円で購入できるので、オケージョン服としてもぜひチェックしたい。

■卒園式・卒業式
PLST

レーヨングログランカラーレスジャケット 1万6200円(税込) レーヨングログラン半袖ワンピース 1万2960円(税込) エステルツイルライナー付きトレンチコート 2万1492円(税込)/以上すべてPLST(プラステ) ※小物は参考商品


卒業式におすすめなのは、ネックラインの切り替えを省き、すっきりとデザインされたカラーレスジャケット。毛玉ができにくいレーヨン糸を用いたグログランジャージー素材で仕立てられています。布帛のような風合いながら、ジャージー本来のストレッチ性で快適な着心地を味わえます。

そんなジャケットには、ウエストを絞ったフィット&フレアシルエットのクラシックな半袖ワンピースを合わせて、きちんと感を演出。特殊な加工で毛羽を抑え、クリーンな表面感に仕上げているのもポイントです。袖がしっかりとある安心仕様で、同素材のジャケット合わせはもちろん、カーディガンを羽織った軽やかなスタイルから一枚着まで楽しめ、普段使いも可能です。

肌寒さを感じたら、コットンのような上質な風合いを持つ、ポリエステル生地で仕立てたトレンチコートをプラス。ストレッチ性抜群で動きやすく、回復性にも優れているため、シワにならずに綺麗な形をキープしてくれます。セットインスリーブでシルエットがすっきりしていて、ドレスアップスタイルにもマッチするデザインです。

PLST

(右上から)ツイードジャージーノーカラージャケット 1万6200円(税込)、ツイードジャージーブラウジングワンピース 1万4040円(税込)、エステルジョーゼットパーツ付きブラウス 7549円(税込)、ツイードジャージータックストレートスカート 9709円(税込)/以上すべてPLST(プラステ) ※小物は参考商品


続いて紹介するのは、画像右上にある、布帛のような風合いのツイードジャージーで仕立てられたノーカラージャケット。コンピュータージャガードで織られた特殊な素材で、ほどよい薄さと清涼感が梅春シーズンにぴったり。コンパクトなフォルムながら、ストレッチ性があるため着心地も抜群です。

そんなジャケットには、サテンジョーゼットとツイードジャージーを組み合わせたドッキングワンピースを合わせて、かしこまり過ぎないスタイルに。トップはフロントタック入りで、ブラウジングしたような仕上がりになっています。

ワンピースではなくブラウスとスカートでコーディネートしたいなら、左下の組み合わせがおすすめです。

トップスは、フロントネックと袖口にタックが入った、綺麗なボリューム感の7分袖ブラウス。鎖骨ラインが映えるラウンドネックで、タックの内側にはメタルパーツがあしらわれており、リュクスなアクセントになっています。二重織りのサテンジョーゼット素材は、マットな風合いとほどよいストレッチ性が魅力。裏地付きで透けが出にくいのも魅力です。存在感をしっかりと発揮するため、ジャケットのインナーにも活躍します。

そんなブラウスには、フロントタックが施こされた、ストレートシルエットの膝丈スカートを合わせて。コンピュータージャガードで編まれた、布帛のような風合いのジャージー生地を使用しています。ストレッチ性にも優れているため、はき心地も抜群です。同素材のジャケットと合わせれば、セレモニーにはもちろん、オフィスでも活躍します。


■入園式・入学式
PLST

スラブストレッチカラーレスジャケット 1万6200円(税込) ソフトサテン8分袖レイヤードブラウス 6469円(税込) スラブストレッチスティックパンツ 1万1880円(税込)/以上すべてPLST(プラステ)

マニッシュなスタイルがお好みの方におすすめなのがパンツスタイル。こちらは、スタイリッシュな1つボタンデザインのカラーレスジャケットに、後ろウエストをゴム仕様にして、はき心地の良さを叶えたスティックパンツを合わせたコーデ。

ジャケットは、スラブ糸を交えたジャガード織り素材で、凹凸のあるナチュラルな表面感が、シャープな印象のジャケットを女性らしく見せてくれます。膨らみと柔らかさがあり、適度なストレッチ性で動きやすさも抜群。本開きの袖口は、ボタンを開いて折り返すことも可能です。

パンツは、ヨコ糸にスラブ糸を使ったジャガード織り素材を使用しており、膨らみと柔らかさがあり、適度なストレッチ性ではき心地も快適です。ほどよい厚みの素材ながら、センタープレスをしっかりと施すことで、着膨れの出ないすっきりとしたシルエットに仕上がっています。軽快なクロップド丈は、パンプスとのバランスが取りやすいのも魅力です。

ジャケットのインナーには裾からシフォン素材がのぞく、二重仕立ての8分袖ブラウスを合わせて。ストレッチ性のあるサテン素材で、上品な光沢感とドレープ感を堪能できます。透けが出にくく、一枚着としても取り入れやすいアイテム。軽快な袖はジャケットにも合わせやすく、フォーマルシーンはもちろん、オフィススタイルまで幅広く活躍します。


上質なのにリーズナブルな「CELFORD(セルフォード)」のハレの日服

「snidel(スナイデル)」や「Mila Owen(ミラ オーウェン)」などを展開するマッシュスタイルラボから新しいブランド「CELFORD(セルフォード)」が2018年春にデビュー! ブランドコンセプトは「THE FIRST LADY」。ファーストレディーファッションらしく、気品と華やかさのあるコレクションとなっています。

1万円台から3万円台でエレガントなハレの日服が揃うとあって、これはチェックせずにいられません。

■卒園式・卒業式
CELFORD

ツイードジャケット 3万5640円(税込)/CELFORD(セルフォード)

ブラックのツイードジャケットは、ウエスト周りにペプラムデザインが施されており、よりクラシックな印象を誘います。
CELFORD

ツイードワンピース 2万8080円(税込)/CELFORD(セルフォード)

ジャケットと同素材のタイトなシルエットのワンピースは、フリンジが印象的。カラーはホワイト、サックス、ブラックの3色展開となっており、ブラックは卒園式・卒業式に、ホワイトは入園式、入学式におすすめ。


CELFORD

ブラックワンピース 1万8360円(税込)/CELFORD(セルフォード)


あらゆるシーンに対応できるブラックのドレスもひとつは持っておきたいアイテム。こちらは、タイトなシルエットですがタックが入っていることで、より体のラインをキレイに見せてくれる一枚です。小物やアクセサリーにフォーマルなものを合わせるだけでセレモニー仕様に。もちろんデイリーにも使えるので、活用頻度の高いアイテムになること間違いなし。


■入園式・入学式
CELFORD

ツイードジャケット 3万6720円(税込)/CELFORD(セルフォード)

CELFORD

ツイードスカート 2万1060円(税込)/CELFORD(セルフォード)

CELFORD

ツイードワンピース 2万9160円(税込)/CELFORD(セルフォード)


白のツイードのシリーズは入園式、入学式にぴったり。ジャケット×スカート、ジャケット×ワンピースのどちらの組み合わせも可能なセットアップになっています。尾州産地で織られたファンシーツイードは、ファッショナブルなホワイト×ブラックの他、華やかなピンク、落ち着いた印象のネイビーの三色展開。 ジャケットはセレモニーにはもちろん、単品でカジュアルなパンツなどとのコーディネートでデイリーにも使える汎用性の高さがポイント。


以上、知っておきたい、卒入式での母親のスーツの選び方・マナーと、コスパの良いおすすめブランドのハレの日服を紹介しました。これを参考に、一生に一度の大切なお子さんの卒入式に臨んでくださいね!

===========================
【取材協力】
PLST(プラステ) 
お問い合わせ先:
リンク・セオリー・ジャパン Tel. 03-6865-0206

CELFORD(セルフォード)
お問い合わせ先:
MASH STYLE LAB PRESSROOM Tel. 03-3261-2857
===========================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
ヒールを替えられる「アレゴリー」の靴で快適おしゃれ
おじさんにならないグレンチェックの選び方とコーデ術
スヌードの巻き方、GUエコファーで簡単5アレンジ!
アラサー、アラフォーに贈る! 冬のモテファッション
アラフォーが買ってはいけないニット3つの法則
40代が着るとイタい?2017年冬のNGコーデの法則5
着てはいけない!アラフォーが老ける秋冬アイテム

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
2017年秋冬のトレンドバッグ10選!色・素材・形・デザインは?
パンプスは黒かベージュ!履きやすく疲れない走れるオフィス靴10選
出産祝いやギフトに!センスいいねと言われるベビーアイテム10選
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。