今の貯蓄で住宅が購入できるかどうか不安

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅購入で悩む40代女性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
家を買うべきか迷う

家を買うべきか迷う


■相談者
みおさん(仮名)
女性/パート/43歳
関東/賃貸住宅

■家族構成
夫(会社員/40歳)

■相談内容
住宅を購入したいのですが(新築中古問わず)、貯金額が増やせないのが不安です。また、夫の祖母、夫の両親それぞれに持ち家があり、将来空家になった場合のことも心配です。夫はそこに住んだほうがいいのでは? との考えもあり、なかなか住宅取得に前向きになってくれない。また、老後に向けて運用を考えていますが、どうすればいいか迷っています。

■家計収支データ
相談者「みお」さんの家計収支データ

相談者「みお」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使いみちについて
旅行費用10万円、車の税金・保険・車検等30万円、貯蓄40万円

(2)加入保険について
[夫]
・終身保険(60歳払込終了、死亡保障1000万円、生前給付金特約)=毎月の保険料8800円
・医療保険(終身保障終身払い、入院3000円、入院見舞特約)=毎月の保険料1800円
・がん保険(終身保障終身払い)=毎月の保険料1700円
・個人年金保険(65歳から10年確定、年金額34万円)=毎月の保険料1万円
[妻]
・医療保険(定期タイプ、保険期間10年)=毎月の保険料1700円
・がん保険(終身保障65歳払込終了)=保険料2万9000円(年払い)

(3)住宅購入について
もし住宅を購入するなら、現実的な予算として土地込みで1000万円程度。頭金に200万円と考えている。

(4)ご実家について
相談者コメント「相続人は夫の兄弟一人(遠方で結婚して家を建てられた)。実家は夫の両親の家が車で10分、祖母の家も15分の距離です。両方共そこそこ古い平屋日本家屋で、駐車スペースも無く、大人2人が入っての同居は無理です。当初夫は、お祖母さんが亡くなったらリフォームして入ればいい、と思っていたようです。」

(5)運用について
妻のネット銀行100万円は20万円が定期、残り80万円が普通預金で、そこから毎月1万円ずつ積み立てで投資信託を購入していく予定。

(6)退職金等について
夫の退職金およそ1200万円。定年延長制度は予定ではあり

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 実家の扱いをできるだけ早く決めたい
アドバイス2 iDeCo利用で「賢く」運用
アドバイス3 貯蓄ペースを維持することがポイント
 

アドバイス1 実家の扱いをできるだけ早く決めたい

住宅については、順番としてまず、ご主人の両親と祖父母の家を将来どうするのか。住宅購入の前に、それを決めておく必要があります。相談文にあるように、まだ決められない部分はあるかと思いますが、少なくとも自分たちの中で、将来そこに住むのか住まないのかは明確にしておくべきです。しかも、できるだけ早く決めておきたいところ。長引けば長引くほど、住宅購入の際、ローンの返済期間を短く設定せざるを得なくなります。

また、住まない選択をして、結果的に実家を相続した場合、その処分についてもみおさんが心配されているとおり、不安要素はあります。周囲の環境は不明ですが、実際に売却できるかどうか。売却できても、更地にする必要があれば、150万~250万円の費用は考えておくべき。また、空き家として放置していても、所有している限り、固定資産税は発生します。誰も住まなくても、手間とコストはかかるのです。

購入した場合、「現実的な予算として土地込みで1000万円程度。頭金に200万円と考えている」とのこと。住宅ローンは、できればご主人60歳のときには完済したいので、現時点で返済期間は20年。800万円を借り入れすると、全期間固定の金利1.5%で、返済額はボーナス払いなしで毎月3万8600円ほど。それに固定資産税(月1万円前後)と、将来かかるであろう修繕費用の積み立て分(1万円ほど。ただしこれで安心ではなく、あくまで予備費)を加算すると、今の家賃とほぼ同額程度の住宅コストと考えていいでしょう。

ただし、購入時に諸経費(税金、ローン手数料、登記費用、引越し費用など)として100万~150万円は別途必要。もしそれも含めての頭金200万円であれば、借入額は900万~950万円となります。
 

アドバイス2 iDeCo利用で「賢く」運用

運用に関しては、毎月2万円、積立投信をしていきたいとのこと。その場合、目的が老後資金づくりなら、金融機関の特定口座で買っていくのではなく、iDeCo(個人型確定拠出年金)を利用するといいでしょう。掛け金が全額所得控除になりますから、所得税、住民税が還付されます。これは、確実に手にできる利益と言えます。また、運用益(売却益や配当金など)にかかる20.315%の税金が非課税となる点も大きなメリット。掛け金の上限は、企業年金のない企業の従業員であれば月2万3000円(企業年金があれば月1万2000円もしくは2万円)。また、iDeCoそのものは夫婦それぞれ利用できます。

ただし、注意点がいくつか。まず、拠出した掛け金は60歳以降でなくては原則引き出せません。また、利用する金融機関によって、扱う運用商品が異なり、また利用できる投資信託の種類も限られます(数十種類程度)。さらに、iDeCoを利用する際にコスト(年間3000円~5000円程度)が発生しますが、その額も金融機関で幅があります。事前に複数の銀行や信用金庫、証券会社をチェックしておくといいでしょう。
 

アドバイス3 貯蓄ペースを維持することがポイント

家計管理はほぼ問題ありません。収入から考えて貯蓄ペースも頑張っていると思います。ただし、気になるのが、ご主人の給与から天引きとなる10万円ほどがあること。自動車ローンや保険料、その他、仕事の経費とのことですが、これに税金や社会保険料の天引き分も含む(つまり、額面)ならまだわかりますが、それを含まず10万円の天引きはかなり大きな額です。

まず、自動車ローンの詳細は不明ですが、完済後はその支払い分をそのまま貯蓄に回しましょう。また、保険については上記データに書かれたもの以外に死亡保障、医療保障があるのであれば過大。見直す余地は十分にあります。

今後は現在の貯蓄ペースを維持することがポイントになってきます。現在、年間で64万円。20年間で1280万円。これに退職金を加算すると約2500万円。これに今保有する金融資産から住宅資金を差し引いた額を加えたものが老後資金となります。夫婦で厚生年金加入ですから、現在の生活コストからみても、おそらく老後で資金的に大きく困るということはなさそうですが、それも貯蓄ペースが維持されるという条件付きです。そのためにも、日頃から心身ともに健康に留意して、60歳以降も元気に働くことを目指してください。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
undefined

 

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など


取材・文/清水京武

【関連記事をチェック!】
40歳、住宅ローンの4500万円を40年返済は無謀ですか?
41歳契約社員、貯金700万。マンションを買い替えたい
44歳子持ち。3200万円の住宅ローン返済で赤字家計に
32歳、住宅購入で6700万円のローン。今後が不安
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。